FC2ブログ
Welcome to my blog

あれこれあれこれ

W優勝でした!おめでとうございます。

高橋選手、2本目の4-3が決まって、本当にやったやったやったやった~~~
・・・でもさ、今シーズンのフリー、高橋選手、しっくり納得、いってる?
衣装は素敵だったけど、4回転2本をとにかく跳んだこともうれしいけど、曲と振り付けから、高橋選手がはみだしてるのが垣間見えた。
その「はみだし」こそが高橋選手の真骨頂。
彼独特の個性的な、ため・・・ですな。
それはそれでとてもかっこよかったのだけど。
高橋選手は、枠にはまりきれないところまで来てるから、あえていったん枠に入ってみたかったのか?
モロゾフ枠すらもものにしかけた、高橋テイスト。
どうせやるなら、ためしに入ってみた枠をぶっ壊す勢いで、きらっきらにもっと思いっきりやって

真央ちゃん、あの不安げな顔は、腰の痛みがかなり辛かったんだね。
佐藤コーチがトン、と真央ちゃんをリンクに送り出した時、こんな感じでリンクに出る真央ちゃんを初めて見た気がした。
真央ちゃんには、背中を押してくれる人が必要だったんだなあ。


私たちがtvで見ることができる彼らの演技は、彼らが氷上で過ごす時間のほんの一瞬。
一瞬でも、観られてしあわせ。

羽生くん、負けず嫌いが顔をのぞかせる時が、いちばん魅力的ですな。

小塚選手、衣装も曲も、今シーズンは私は好きだぞ!

パトリックくん、ショートもフリーも、胸出し衣装・・・。やめようよ。

ところでナンデス君、4回転3本決めという偉業。
それでも優勝できないのは、やっぱり総合力というしかないと思うんだけど。

でもそれはジャンプの難度を落として総合力を高めたとか言われる真央ちゃんのケースとは全然違うと思うんだよね、やっぱり。
彼女の演技は、媚びないからあっさり見えていたんだろうけど、全日本での「鐘」なんて総毛立った。
ぞっとするほど美しかった。
昨日の「白鳥」の後半、何かを掴んだいい顔でした。
ドヤ顔でも切な顔でもない。
確かな技術を超えた先の何か。
羽生くんと同じ、負けず嫌いが顔を出す、その時をもっともっと見たい。

あれこれあれこれ思い出すときりがないのだが。

プロトコルは、見るまいと決めてたのに、天野の仕事っぷりを見ようかと、やっぱり覗いてしまった。

真央ちゃんっていうより、ワグナーのを見るとわかる。
しっかり、やってんじゃん。

そして時をほぼ同じくして行われたNRWとかいう試合・・・。
りあるガラスの仮面。
まだまだ続くのね・・・。
関連記事

Comments 0

Leave a reply