FC2ブログ
Welcome to my blog

11段階ってどんだけよ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160611-00000041-jij-spo

出来栄え点拡大へ=18年平昌五輪後から―フィギュア
時事通信 6月11日(土)10時21分配信

 国際スケート連盟(ISU)は10日までクロアチアのドブロブニクで開いた総会で、フィギュアスケートでジャンプなどの技をジャッジが評価する出来栄え点(GOE)を、現行の7段階から11段階まで拡大することを決めた。適用は2018年平昌五輪後のシーズンから。

 技術委員会は10段階への変更を総会に提案したが、ISU幹部は「最大で11段階まで拡大することになる」と話した。11段階なら、5点からマイナス5点の得点幅になる見込みという。

 男子では4回転ジャンプの種類と数が増え、羽生結弦(ANA)が歴代世界最高得点を更新しており、高度化する技術水準に採点法を適応させるのが狙い。昨季、羽生をはじめトップ選手はGOEで3点満点を得ることが多くなっていた。 




他にもちんぱんの匿名制廃止とか、平松再選とか、新会長には前副会長とか、何かと動きがあるようですが、ルールに関してはぽんちゃん後のことのようで、ますますわかりづらい「興行」になるような・・・。

それにしても、マイナス5点のGOEって、どんだけ?
こんなのつけられるくらいだったら、
私なら最初からそんな技やりたくないわな。

まんまの点数差っ引かれないにしろ、
綺麗にミスなく「加点がもらえる演技」さえすりゃ良いのでしょうか。
特に女子ですが。

それにしても、これまでもそうだったように、
ルールの問題ではなく、運用の問題になるんでございましょうね。

高難度構成に偏ると選手の身体が守れない。
GOEでちんぱんの裁量幅が広がるとそれはそれで「あちらの都合」がつけやすくなるでしょうし。

なんとも落としどころの難しい競技です。


こちらの動画、素晴らしいのですが、この全てのジャンプにつけられた、
なんと少なすぎるGOE!
なんだかなーと思うのです。




でも最近思います。

不謹慎かもしれませんが、それでも諸々のイラッとする部分も含めて、
フィギュアスケートって面白いのかも、と。

関連記事

Comments 3

kei  
1

フィギュアということ以外、この項と全然関係ないですけど、「殿、利息でござる」における羽生結弦の演技(仙台藩のお殿様)、いいですよぉ! 自然な台詞回しは、何も知らなければ、誰、この俳優さん? ってなります。
スポーツ選手が話題作りでゲスト出演していかにもな素人ぶりを見せるパターンが多い中、これは本当にびっくりしました。
以上、報告おわり。

2016/06/13 (Mon) 17:51 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: 1

keiさま

あの映画、ご覧になられたのですね。
共演者の話でも好評のようでしたし、彼を選んだ監督(でしょうか?)の慧眼でしょうか?

私が羽生選手を初めて見た時は、初代タイムトラベラーのケンソゴルを思い出しました。
未来人も殿様も両方イケる、不思議な個性ですよね。

2016/06/14 (Tue) 17:10 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: 03

鍵コメさま


ご丁寧なお返事を頂き、こちらこそありがとうございました。

ブログさまの方にもよくわからないコメントを残してしまいましたが、
元々物事を深く考えもしないのに大変お恥ずかしい限りです。

>文系の学問そのものも理系的な方法論で成り立っている部分もあるということになると思います。

これは常々私も感じていることで、部分どころか、それ無しには成り立たないと思っています。

自分が文系の学問を本当に学んだのかどうかすらわかりませんが、何がしかの真理を見出そうとすること、知ろうとすることが目的だった気がしています。

2016/06/17 (Fri) 00:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply