2016
04.12

笑顔の理由

Category: 浅田真央
BSフジで世選の再放送があっていたので男女シングルフリーをまた通しで見ていた。

どの選手も素晴らしい演技だったが、

音楽を、ではなく、「ヒロイン」を演じていたのは、やはり浅田選手だった。

自らの身体で奏でる「蝶々夫人」。

その浅田選手の復帰を追った番組が、
かの悪名高い「クローズアップ現代」・・・に、+がついた番組。
一応書いておくと、「クローズアップ現代」とは、
スポーツ選手のドーピング問題を扱った回で、番組内容とは全く関係のない浅田選手の顔を
冒頭に大写しし、「刷り込み」を行った忘れがたい番組である。
ググると、番組名とセットで「やらせ」と出てまいります。

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3789/1.html

せっかく書き起こしをしたけれど、番組HPの方がとてもよくできていたのでおススメです。


kurogenn.png


「浅田真央 笑顔の理由 復帰の舞台裏」
〇HK総合 4/11(月)22:00~22:25

番組は、浅田選手が1年の休養中に被災地を巡った様子から始まった。

復帰後すぐの素晴らしい演技はまずスルーして、いきなり不調のシーズンのように話が飛んでしまうのはお約束か。
ジャンプで転んだ写真を連続して出し、「復帰後の不調」をまずは「クローズアップ」。


津波で祖母を亡くした少女に対して浅田選手が語った優しい言葉。
以前とは違って、好きなだけ滑ることのないよう、「考えながら滑っています。」と言って練習し、
その後、念入りにストレッチをする姿。

kurogenn3.png




どちらにも浅田選手の母、匡子さんが残したものが垣間見え、
私は彼女の強さに感服しながらも涙が止まらなかった。

子どもの頃から練習の後は、母の匡子さんが念入りに浅田選手のマッサージを欠かさなかったという。
彼女の柔らかくしなやかな筋肉は、そうして出来上がったのだと本で読んだ記憶がある。

大人になった今、その身体を保つために、自分で自分の身体をメンテナンスする。
練習後のストレッチと筋肉をほぐすマッサージをしながらも、撮影スタッフに「寒くなかったですか?」と気遣う言葉をかける浅田。

kurogenn2.png


そして引退覚悟の全日本選手権後の気持ちを語る。

「自分の滑りは最後までできたと思ったんですけど、
ちょっと待てよ、これが最後のスケートの演技だったら
自分が納得しないだろうな、と思って
最後は、終わるんだったら、やっぱり最高の演技をして
終わりたいというのがあるので・・・。」




1月。
来日したローリーと練習を重ねる浅田選手。
ローリーは彼女が自分を追い込みすぎている、と感じたそうだ。
ローリーは言った。

「楽しむことを忘れないで
とても大切なことよ。」



更に

「私の経験では、選手はハッピーな状態であればジャンプを成功させます。
これは魔法ではありません。
でも、真央は考え過ぎてしまうことがよくあるのです。」




kurogenn4.png


世選のSPで、9位となった翌日の練習を、浅田は休養にあてた。

「10代の頃は100%練習に参加してたと思うんですけど(笑)、今は逆に休みます、みたいな。」
「考える時間も、練習する時間も、ちょっと忘れたり、考えたりという時間を持てたので・・・。」



kurogenn5.png


「練習の仕方や、気持ちの持って行き方、切り替え方、
試合に入ってからの練習の仕方というのが、格段に変わってきているので
一つ一つ自分のペースで、選手生活を歩んでいけたらいいなと思っています。」



ここでゲストのミッツ・マングローブが言うんですわ。

「世界選手権の蝶々夫人なんて、すごくこう、男らしいというか
力強くないですか。」

「言葉は汚いかもしれないけど、“なにくそ、根性”みたいな、やっぱりすごい真央ちゃんて、
私強いと思うんですよね。
そういうのが出ると、圧倒的な強さが、醸し出されますよね。」

「割と可憐で、もしくは子どもの頃から見てきた、可愛い真央ちゃんみたいなものを、
割と(周りが)押し付けがちではあるんですけど、
実はそうじゃないところで彼女のたくましさっていうのは熟成をされていって、
それがこう、バーンっと出た時の、あの力強さがやっぱり見ていてゾクゾクするんですよ、私なんかは。」

「客観的に見ると、今の時代とか、なかなか安心材料とか、
それみたいなものが、持ちづらい、世の中で。

やっぱり個々が変に不安だったり、迷いだったりなんかを抱えている中で
世の中グッと一個に束ねて、こうグッと“ここに行けばもう絶対安心”みたいな、
“大丈夫!”みたいな、こう大きい、ね、拠り所みたいなものがやっぱり、
少ないんだと思うんですよ。

特にこう、個人個人の感情みたいなものも、放出できるし、
あと隣近所と常に比較とかも細かいところまでできちゃうから、
抽象的な拠り所みたいなものが、対人間に対してできなくて、
それを集約できる存在にちょうどこう、フィットして、なったんだろうな真央ちゃんは、という。

それは真央ちゃんはどういう風に思っているのかはわからないんですけれども、
私は全く未知の領域ですけれども、大変だろうなと思うし、でもそれに、
すごく律儀に対応しているなあっていう、そういう姿を見ると、
若干もう、いいじゃないの、自分のためだけにスケートを、滑っちゃいなよ、なんて
テレビの前で思っちゃう時はあるんですけど、
やっぱりそこでちゃんと結果を出して、ドラマを見せて
とってもこう、わかりやすく何かを提示してくれる、というところに対して
世の中というのは、クーッと感情を、感情移入できるという、
そういう存在なんだろうなと。

またこれ時代が違ったら多分違う捉え方をされた選手だったかもしれないし、
そこはもう、たらればの話ですけどね。」

アナ:「アスリートを超えた存在ですよね。」




番組は海外からの評価も紹介。

「USAトゥデイのスポーツコラムニスト クリスティン・ブレナン」さんの話

「今はジャンプの数も多いし、難易度も上がっています。
選手に限界以上のことを求めているのです。
25歳の真央が、選手として活躍していることが、重要なメッセージなのです。」

「真央は自分のやり方で長く活躍する方法を見つけ、カムバックした、素晴らしいロールモデルです。」




次のオリンピックに向けての話を振られたミッツさん、こう言っています。

「すごい、立派だし、強い人だなあとは思うんですけど、
もういいんじゃない?そんなもう、世の中をこう、色んなことを真央ちゃんにこう、
期待をしたり、こうね、望んだりして。
私は逆にもう、真央ちゃんが、なんかもう
“えーい”って、世の中を突き放して、でもう、自分のやりたいスケートだけやるって言った時に
その先に、もしかしたら“日の丸”みたいなものが見えてる、のかもなと、なんていう妄想はしたりしますけど。」


意外に男の人の方が真央ちゃんの演技に泣くことが多いという話について

「ああ、この程度じゃ泣くことじゃない、このくらいじゃ自分は頑張ってないとか、
やっぱり思いがちなんじゃないんですか、今の時代って。
常にこう、いや、お前はまだそこまでじゃないよとかねえ、比較対象があって。
そういうものが色々、閲覧できるわけじゃないですか。」

「そういう自分の中の絶対的価値観みたいなものを、捉えにくい、というかね。」

アナ:「それを浅田選手に期待してしまうという」

時代の代弁者なんでしょうね。」

アナ:「見守ることが大事なんでしょうかね。」

「でも期待はしてしまうんですけどね。」




浅田真央は、確かにミッツさんの言うように、人々にとって「生きる指針、拠り所」のような存在かもしれない。
その多くの人々の思いが、彼女へのプレッシャーになることを危惧した言葉とも取れますが。


でも、多分浅田真央という人は、
ファンの期待に応えようとして潰れるような選手ではないと思う。

「まだ選手としてできる」と、思ったから戻ってきた。

そして

「まだ納得していない」から、続けることを選んだ。

その主語になっているのは紛れもなく「真央」だと思う。

それほど現役選手であるあの緊張感と演技を終えた充実感は、彼女を魅了してやまないのかもしれない。
選手生活の一瞬一瞬が、残り少ないものであるとわかっているからこそ愛しいのでは。



それにしても浅田真央が、こんな風にテレビで語られるようになったことに驚く。

彼女がアスリートを超えた存在だなんてこと、ファンはとっくにわかってましたが、何か?

「時代の代弁者」

ミッツさんがこう言った意味は、

私なりの解釈では

「今この時代に必要な“生きざま”を見せてくれる選手」


こちらに、この番組を見て書かれた記事が載っていました。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/suzukiyuji/20160412-00056528/

とても頷ける内容。

「浅田真央 笑顔で挑む3つの闘い」
鈴木祐司 | 次世代メディア研究所代表/メディア・アナリスト
2016年4月12日 15時56分配信

昨日放送されたNHK『クローズアップ現代プラス 浅田真央 笑顔の理由』。
23年にわたりキャスターを務めた国谷裕子氏が降板し、この春から女性アナウンサー7人が日替わりで並ぶことになった同枠。この改編に対しては視聴率狙いなどの批判も喧しいようだが、どうして、どうして、昨日の浅田真央ドキュメントは見応えがあった。やはり現場の取材者・制作者の中には、志のある人が残っているようだ。何が面白かったのか、以下にまとめてみる。

浅田真央1年のドキュメント

浅田真央選手は2014年、期待を一身に背負ったソチ五輪で6位に終わり、演技後に涙を見せた。その後、1年の休養を経て去年復帰。しかし以前の滑りには遠く及ばず、「復帰の選択は正しかったのか」と自分を信じられなくなった時もあったようだ。また去年末の全日本選手権では、途中で引退も覚悟し、これが最後と急遽家族を呼び寄せていたという。
それでも「ちょっと待ってよ、これが最後の演技だったら自分が納得しないだろうなあ」「最後は終わるんだったら最高の演技をして終わりたいので」と思い直し、シーズン最後の世界選手権に臨むこととなった。そしてこの大会、シーズンベストを出しながらも順位は7位に終わった。それでも演技後に見せたのは“笑顔”だった。あらためて現役続行を決意していたのである。
紆余曲折を経た末の笑顔までの心の軌跡を追った興味深いドキュメントだった。

元海外バレエ団で長くダンサーを務めていた“butterfly”さんは、この番組を見て浅田選手の戦いぶりを次のように分析する。

25歳となった浅田選手は、3つの挑戦をしている。1つは競技での挑戦。2つ目は年齢との戦い。そして3つ目は自分自身との闘いである。

2010年バンクーバー五輪で金メダルリストとなったキムヨナは、確かにオリンピックという最高の舞台で栄光を勝ち取ったが、トリプルアクセルに挑戦したわけではない。

いっぽう浅田選手は、ISU(国際スケート連盟)が認定する6種類のジャンプの中で最も難しいとされるトリプルアクセルをプログラムの中に入れ続けている。全ての技術・表現で総合的に納得できるような、ギリギリの限界を極めようとしている。

浅田選手が一年間の休養後に練習を再開した際、以前の水準に戻すのに最も苦労したのは回転の感覚と考えられる。バレエのピルエットでもそうだが、小さい頃ならゲームのような感覚でひたすら回転を楽しめる。ところが経験を積む中で調子の悪い日などを経験すると、自分のどこが悪いのか研究するようになる。失敗の怖さや恐怖の方が先に立ち、体が強張ってしまうこともある。研究し考えすぎて、その前後の演技に影響が出ることすらある。
彼女のフリープログラムを振り付けたローリー・ニコルが言っていたように、一年間のブランクを埋めるため、身体も頭も一生懸命になり過ぎ、今までの経験を生かして楽しむと言う余裕を見つけられなくなっていたようだ。

フィギュアススケートはオリンピックにある競技なので、基本的にはスポーツである。同時にバレエの芸術的要素も兼ね備えている。バレエではステップの中で床や空中で回転することが多いが、フィギュアも回転が得点の評価で大きなウエイトを占めている。
バレエのコンクールでは、沢山回れるから高得点が出るとも限らず、綺麗な形や腕の使い方などで評価される。ところがフィギュアスケートでは、回転数の多さが得点の前提となっている。その上で美しさを求められる難しい競技である。このため近年、多くの選手がバレエの上半身の使い方などを習いにバレエ教室に通ってくる。浅田選手も同様で、上半身の使い方を研究しているようだ。振付師のローリーさんの指摘の通り、目線の使い方やバレエ的な上半身の使い方、そして彼女の素晴らしい身体能力とテクニックで、納得行くまで彼女の演技をエンジョイして欲しいと思う。

確かに25歳となった浅田選手には、年齢との闘いが伴う。番組内でも、「10代は100%練習に参加しますが、今は逆に休みます」と述べている。もはやかつてのようにガムシャラに練習することは出来ない。休養をしっかりとり、試合に向けコンディションを最高にもって行かなければならないようだ。しかし練習を以前ほどできないため、不安も伴う。浅田選手の場合、1年の休養を経ての復帰だったため、「選択が本当に正しかったのか」という思いも募ると心の内を吐露していた。

これらの葛藤と戦いながら、最後は諸々の不安を克服し、シーズンベストまで自らを高めていき、そして何より笑顔で前を向き直した姿は感動的だった。そして、そのプロセスでの浅田選手の心情に迫った番組は見応えがあった。

スポーツドキュメンタリーの白眉として、筆者は1983年に放送されたNHK特集『江夏の21球』を挙げたい。79年に行われたプロ野球日本シリーズ第7戦。近鉄バッファローズ対広島東洋カープの9回裏の攻防を描いたものである。残っていた中継映像から、江夏が投じた21球の背景、監督や各選手がその瞬間瞬間に何を考え、どう感じていたのかをインタビューし、恐らく時間にして10分ほどの試合模様を、50分の番組に再構成したものである。
テレビは“映像が最も大切”と思っている方が大半だ。しかし実際には、映っているものの背景、つまり映っていない部分を炙り出すことで、映像にとてつもない価値が出ることがある。
『江夏の21球』は生中継中心だったスポーツ番組に、ドキュメンタリーとしての新しい可能性を切り拓いた嚆矢だった。そして今回の『浅田真央 笑顔の理由』も、他局の中継映像を使いながらも、その中継番組では見えていなかった浅田選手の心の葛藤を可視化した点で優れていた。

しかも単にインタビューしただけではない。見落とし勝ちだが、編集に細心の注意が払われている。番組内で数回出て来る浅田選手のインタビューは、基本的に断定で終わっていない。彼女の口癖なのか、「~したり」「~だけど」「~なので」など、文章がなかなか切れないのである。筆者には心の揺れがひしひしと伝わってきた。
ところが復帰1年の闘いを終えた末に、ようやく自己ベストを出した瞬間、彼女のインタビューは初めてキッパリ断定で終わった。「一つ一つ自分のペースで選手生活を歩んでいけたらいいと思っている」。
実際には、1年の途中で幾度と聞いたインタビューには、句読点がきちんと付いたセンテンスもあっただろう。しかし敢えて揺れる言葉が並ぶ部分を使い続け、最後にスパッと終わらせる編集にしている。細かい部分であるが、“笑顔の理由”が気持ちよく伝わったと感ずる。

元海外バレエ団ダンサーの“butterfly”さんも、番組の読後感をこうまとめている。

体力のピークを過ぎた後、その事実と折り合いながら、さらに次の次元をめざして努力する。これはバレエでも、私達の人生でも求められる大切な姿勢です。その難しい挑戦に、笑顔で臨む浅田真央選手。結果はどうあれ、その姿勢に拍手を送りたい。

スタートして23年を経過し、テレビ番組の制作環境はもろもろ厳しくなっている。筆者がドキュメンタリーに挑んでいた80年代から90年代前半とは状況は大きく違う。そんな中『クローズアップ現代』も、テレビのピークを過ぎた後の難しい事実と折り合いながら、ぜひ次の次元をめざして奮闘してもらいたいものである。

関連記事

トラックバックURL
http://mikaidou789.blog.fc2.com/tb.php/955-02809640
トラックバック
コメント
mikaidou様、ご無沙汰しております。

真央さんのストレッチ姿がかわいらしいですね (*´∀`*)キュン!

バレエ用フットローラーやセルフボディケア用品でフォームローラーやトリガーポイントローラーが日本でも取り扱われるようになりました。

それにしても、ローリーが一瞬タラソワ先生かと思ってしまいました。どうしたんでしょう?

以前からぽっちゃり系だったけど、今ほどではなかったので、ストレスで過食かホルモンバランスを崩しているのでしょうかねえ。

結構、体力を使う仕事なのに、こうなるのは何か体の具合が悪いのかもしれませんね。

では、お邪魔致しました ~~~ヾ(*'▽'*)o マタネー♪
だらごろこぱんだdot 2016.04.13 02:24 | 編集
だらごろこぱんだ様

おはようございます(^^)/

こぱんだ様~、お久しぶりです!

コメント頂いて爆笑しました!


ローリー、確かにタラママに負けない貫禄つけて登場しましたね。

私も人の事言えないのでなんですが、ローリーもそういったお年頃なんでしょうか、それとも体質なんでしょうか?


真央ちゃんがストレッチしながらカメラさんを気遣う姿、
これ、絶対スタッフの胸キュンポイントだったから
出したかった映像だろうなあと思いました。

あんな無邪気な顔して「大丈夫ですか?」なんて言われたら、
いかに「クロ現」でも、ね?

コメント嬉しかったです(*‘∀‘)またのお越しを。
mikaidoudot 2016.04.13 08:08 | 編集
mikaidou様、レスありがとうございます!! ☆⌒(*^▽゜)vありが㌧

私はテレビが家にないのでリアルタイムで見ていないのですが、ネット上にアップしていただいた動画にはミッツのコメントを省いたものでした。

mikaidou様がミッツのコメントを書いて下さったので、番組の全容が分かりました。

ものすごく助かります!本当にありがとうございます!!ヽ(*´□`*)ッ ありがとう!!  
だらごろこぱんだdot 2016.04.13 19:38 | 編集
だらごろこぱんだ様


> 私はテレビが家にないのでリアルタイムで見ていないのですが、ネット上にアップしていただいた動画にはミッツのコメントを省いたものでした。

おお、動画は真央ちゃん中心だったのですね。
ミッツコメントって難解だったですよね、今回。

私も海外ドラマだけ見られればいいので、
早くこぱんだ様のように、テレビを卒業したいです。

> mikaidou様がミッツのコメントを書いて下さったので、番組の全容が分かりました。

いえいえ、後で番組サイトの方に写真付きで書き起こしもしてあったのを発見して、
がっくり来たんです。
そう言って頂いて嬉しいです(≧◇≦)

mikaidoudot 2016.04.13 20:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top