FC2ブログ
Welcome to my blog

忌まわしき花嫁と黒い十人の女

ゴリオ(仮名)の部活が無い休日はめったにないので、昨日は貴重な一日だった。

朝から仕事の勉強会。
面白くてあっという間に時間が過ぎた。

昼食を摂る間もなく映画館に急いで、ギリギリに上映時間に間に合った。



「SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁」


poster2_2016022100231479a.jpg

ベネディクト・カンバーバッチ主演で世界的人気を誇る英BBCドラマ「SHERLOCK シャーロック」の特別編。舞台を現代から1895年ビクトリア朝のロンドンに移し描かれるスペシャルエピソードで、本国イギリスとアメリカでは2016年元日に放送される作品を、日本で劇場公開。映画館では「忌まわしき花嫁」本編(90分)に加え、特典映像として「脚本家スティーブン・モファットと巡るベーカー街221Bの旅」(5分)、「シャーロック製作の裏側 主要キャスト・スタッフとともに」(15分)が上映される。
本編後に約15分のメイキング映像が上映されます。



なるほど、BBCお正月の特別篇「SHERLOCK」だったものを映画館で見たということですね。
これで納得。

sherlock-special-main-2_large.jpg
2人とも本当に素敵だった。

sherlock-sub2_large.jpg
ワトソン博士。
ベイジル・ラスボーン版のナイジェル・ブルースを意識したというが、うーん、可愛い!

00_43_61mb-embargoed-until-24-november-2015---00-01-gmt_large.jpg
レストレードは驚きのハマり方。
昔のホームズ本の挿絵のもみあげがそっくりだし、これは懐かしい!
衣装も!本当に子どもの頃読んだホームズの挿絵!

sherlock-sub1_large.jpg
クリスマスシーズンの番組だったということで、まるでクリスマスキャロル。

sherlock-special-main-1_large.jpg
素敵だけど、コスプレに見えなくもない・・・。

00_25_59mb-embargoed-until-24-november-2015---00-01-gmt_large.jpg
このまま本の挿絵になりそう。

00_32_63mb-embargoed-until-24-november-2015---00-01-gmt_large.jpg
ハドソン婦人のセリフは伏線になっているのだが、うーん、結末はお粗末。


00_38_57mb-embargoed-until-24-november-2015---00-01-gmt_large.jpg
この立ち姿には鳥肌が立った。
ホームズ!まさに本の中のホームズ!


00_40_51mb-embargoed-until-24-november-2015---00-01-gmt_large.jpg
最高。

00_45_53mb-embargoed-until-24-november-2015---00-01-gmt_large.jpg
ホームズを普通に演じていたら、稀代のホームズ俳優と言われたかもしれない。




ここから先はネタバレですので、これからご覧になられる方はご遠慮くださいませね。


本編前の約5分の撮影美術特典映像。
これがモファットさんが語る、ファンのための小ネタでもうニヤニヤが止まらない。

シカのヘッドフォンと補聴器。
スリッパの中のタバコ。
ナイフの刺さった手紙の束。
遠くから見るとスカル、近くで見ると鏡を見る女性に見える絵画。
原作に忠実な部分とスタッフの遊び心。
ホームズの時代、男性は料理をしてはならなかったという。
だから221Bの二人の部屋にはキッチン部屋はあってもキッチンは無い。
蘊蓄がたまらなく愛しい。

本編は約90分。
前半はヴィクトリア朝時代の誰もが知るホームズとワトソン。
お話は最初ゴシックホラーかと思わせるつくり。
ワクワクしていたが、やはりこれは劇場用ではない。
後半にきてドラマの続きが出てきた時は正直がっかりした。

なぜドラマ版とのミックスにしたのだろう。

普通にヴィクトリア朝時代のホームズにしておけば、後々まで残るTV映画の一つにもなったかもしれないのに。

それでも、大画面で見るベネディクト・カンバーバッチはまさにホームズ。

後半、虐げられてきた女性たちの秘密結社の会合に乗り込むホームズとワトソン。

冒険も危険もないまま話は進み、動機が上手く描かれない。
しかも何で黒いヴェールの女で始まってオレンジの種5つなの~~~?
元からファンって人にしか楽しめないのはちょっとどーなの~~~?

女性達が自分等を苦しめた男達に復讐するというのに、それを示唆する映像もなく、結局ホームズがモリアーティというゴーストに苦しめられ、過去と現在が交差する中で自分を取り戻していくクリスマスキャロルで話が終わってしまう。

先日同じように、自分たちをもて遊んできた男への復讐劇を描いた市川崑監督の「黒い十人の女」をテレビで見たばかりだった。
こんなにクールで洒落た日本映画があったとは、と参った。

ネタは男が殺される場面からすぐにわかるような話だったが、映像もセリフも、すれっからしな感じも雰囲気も衣装も何とも言えずモダン。
女たちとあの船越英二が対照的で、「卍」の時同様、平凡でも品のある船越が際立たせる女優陣の魅力が満載の映画だ。

イトイ対談のバレエの話ですっかり〇〇な女だと露呈したが、それまで私は岸恵子が好きだった。
彼女のドラマも映画も見ている方だと思ったが、これは初めてだった。
岸恵子最高の作品だったのではないだろうか。
それでも最後の最後にもうひとひねり欲しいと思った。
「郵便配達は2度ベルを鳴らす」みたいな。

この「忌まわしき花嫁」も女性が一団になり力を合わせて男に復讐しようとする話のはずだったが、
メンバーはいつものレギュラー陣以外は誰だかわからず。
最後の一捻りが欲しいどころか、「花嫁」なんか結局どうでもよかったのねで終わってしまったのが残念だった。動機としては斬新だったのに。
「ホームズを心身ともに最も疲弊させた事件」だなんて、ワトソン博士よ、大げさすぎ。

とはいえ、十二分に休日を楽しいものにしてくれた「SHERLOCK」。
正統派ホームズを堪能できただけでも、ファンには嬉しいのだった。

関連記事

Comments 6

chocoacco  
黒い十人の女

こんばんは(≧∇≦)

四大陸、男子は見応えたっぷりでしたね〜
私もPチャンのエキシで
気づけば涙しておりました。

…と、四大陸の記事にコメントしようと思ったんですが

「黒い十人の女」のタイトルを見て思わずこちらに書き込んでしまいました

私、この映画の大ファンで
97年のリバイバルを3回も観に行きました(笑)

そう、当時は若かりし岸恵子のファンだったんです…アレなことを知ってからは冷めましたが(笑)、この映画は本当にかっこいいんですよね

中でも山本富士子がカッコよすぎる!

ちょっと嬉しくて長々書いてしまいました

ちなみにお正月にBSでやってた「東京物語」私も録画しまして、こちらでmikaidouさまの解説読ませていただいて感服いたしました。
遅ればせながら(o^^o)

2016/02/22 (Mon) 23:57 | EDIT | REPLY |   
きょうこ  
1

『忌まわしき花嫁』、わたしも一昨日観てきました~

書いてらっしゃるように、いろいろと突っ込みどころは多かったけど、楽しめました。

作り手が一番楽しんでる風でしたよね(^^ゞ

2016/02/23 (Tue) 11:48 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: 黒い十人の女

chocoaccoさま


> 私、この映画の大ファンで
> 97年のリバイバルを3回も観に行きました(笑)


おおぉう。
テレビでちょっと見ただけの私がシャーロックの引き合いに出してしまうとは、お恥ずかしい限りです(;^ω^)



> 中でも山本富士子がカッコよすぎる!


ですわっ!
山本富士子が大輪の花だから、
岸恵子のバタ臭さがまた映えるみたいな、今考えると贅沢な映画ですよね。


「東京物語」や池辺亮の「坊ちゃん」もでしたが、今頃やっと
日本映画もいいなあと思うようになりました。
おそーい!

2016/02/23 (Tue) 20:19 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: 1

きょうこ様

『忌まわしき花嫁』、見ていらしたのですね!


> 作り手が一番楽しんでる風でしたよね(^^ゞ


そうそう、メイキング映像、出演者もみんな楽しそうでずーっとニヤニヤしていました。

でも、私の隣のご夫婦は、「わからなかったねえ」と言いながら、
本編が終わると同時に帰ってしまったのでした。

大きなポスターが欲しかったのですが、選べないまま、帰ってきてしまいました(^^)

2016/02/23 (Tue) 20:28 | EDIT | REPLY |   
kei  
1

1997年に小西康陽(この方小林信彦のファンでもあります)が仕掛けた再上映で若い人たちの間で人気を呼びましたね。

渋谷の映画館に観に行きました。同時上映はTV映画「木枯し紋次郎」の崑監督作品1本、崑監督が演出した加賀まり子出演の歯磨き粉のTVCM。

この上映で一気に市川崑ブームになって、我も我も崑監督ファンをカミングアウト(?)し始めました。
実は「黒い十人の女」よりDVDで観た「穴」の方が個人的には好みです。京マチ子がキュートなんです。

それから勝新太郎主演の「ど根性物語 銭の踊り」。泥臭いタイトルとは裏腹のスタイリッシュな映画ですから。音楽はジャズ。音楽クレジットの一人はハナ肇です。

2016/03/07 (Mon) 01:22 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: 1

keiさま

ネット回線、無事に開通されておめでとうございます!

「穴」という映画、知りませんでした。
早速ググってまいりました。

これは面白そうですね。
「久里子亭」脚本とは、夫婦合作だったのですね。

私、羅生門の京マチ子の眉毛が強烈で、

「穴」の写真にも濃いめのあの眉が映っていて
ぜひどこかで探して観たいと思いました。

ハナ肇さんは、私、崑監督映画で
この人、すごく素敵なんじゃないかと遅まきながら気が付いた方です。

2016/03/07 (Mon) 08:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply