FC2ブログ
2015
12.16

KENJIの部屋、さっとん編3

Category: ヤマト先生
スポーツテレビ局J SPORTSの人気番組

フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋←リンクしています

宮原知子編エピソード3がアップされておりました。

さっとんの口数の少なさにも慣れてきたのでしょうか、
いろんな工夫をしながら、KENJI先生、お話を進めておられます。

全部面白いのですが、ツボった部分だけ。

KENJI:じゃあ有名人じゃなくて、憧れというか生まれ変わってみたいスケート選手はいる?

宮原:いっぱいいます。

KENJI:例えば?海外の人?

宮原:海外の。

KENJI:誰?例えば

宮原:伊藤みどりさんとか。

KENJI:(笑)めっちゃ海外ちゃうやん!

宮原:そっか(笑)

KENJI:国内やん!

宮原:タラ・リピンスキー。

KENJI:雰囲気というかなんか似てるよね。タラともね。あの子もすごかったやん、ちっちゃくて。14歳やったっけ?

宮原:それぐらいです。

KENJI:そうやんね。さっとんポテンシャルが高いなぁ。海外の伊藤みどりさんって、怒られるで(笑)



さっとん、おとなしいだけでなく、適度にボケつつ、人柄の滲むやわらかトークがいいですね。
「海外の」みどり神は勿論ですが、タラさん、何気に日本人選手(真央ちゃんとか真央ちゃんとかさっとんとかしか知りませんが)の憧れのスケーターなんですね。


さて、KENJIの部屋への入室は、シーズンに入ってからは
勿論、ヤマト先生のブログ経由でございます。

ヤマト先生のブログには、さっとんはじめ、本田真凜選手と白岩優奈選手のJrGPFでの活躍ぶりなどが
「少しでもその役に立てるように僕も成長しなければいけません。」
との言葉と共に綴られています。

写真が、やはりチームになってましたね。
ヤマト先生、しつこいようですが、写真の無断借用申し訳ありません。
問題がありましたら、ぜひご連絡を。

yamato1.png



ハマコー先生は捻挫、お大事に。
ヤマト先生、ホームシック?
あと、裏からすごく支えた人は、トレーナーさんでしょうか。

今朝、テロ朝の朝の番組「おはようさん」で、さっとんとハマコー先生、
しょーま君と樋口先生の、リンクに出る前の「儀式」の話が出ていましたね。

そして、録画し損ねてキャプが取れずに残念だったのですが、
あのパトリックが、GPFの試合直前に、あのおばちゃんコーチ、キャシーさんと「30秒以上?」しっかりと長いハグをしている映像が流れたのです!

番組でも、「あの元世界王者でさえ緊張する舞台で、力づけてくれるコーチの存在は大きい」といったことを言っておりました。
パトリックの違う一面がまた垣間見えて、彼のインタビューの言葉を思い出さずにはいられませんでした。

以前コンニャクしたこの記事の、パトリックの言葉が忘れられません。
彼には彼の理想のスケートがあり、それに向かって邁進しているように見えます。
けれど、実際に競技に戻ってみると、たった1年で男子のリンクはクワドだらけ、天井知らずの点数・・・になっていたという・・・。


International Figure Skating
http://www.ifsmagazine.com/sections/articles/articles/32797-patrick-chan-competitive-fire-burns-bright
Patrick Chan: Competitive Fire Burns Brightより

“It’s more important for kids to actu- ally take the time to learn how to skate and learn the proper skating skills and become good skaters — like how Mr. Colson taught me when I was younger. We are leaning a little too much toward the technical side, and we’re not seeing enough really great skating, great stories and great programs that people remember. People are just remembering the big jumps, the big quads and all that stuff.”

「いかにスケートを滑るかを学び、相応しいスケーティング技術を身に着け、良いスケーターになるかに時間をかけることは、子供たちにとってとても大事なことなんだ。Mr.コールソンが僕に教えてくれたようにね。今のスケーターは少しテクニックの方に進みすぎているし、素晴らしいスケーティング、ストーリー性、そして人々の記憶に残るプログラムを僕達は見ていないんだ。人々は只、すごいジャンプ、すごい4回転、それを覚えているだけなんだよ。」



151213_fig_ex_PatrickChan1.jpg
ジョニ子、この指先、見てる?
関連記事

トラックバックURL
http://mikaidou789.blog.fc2.com/tb.php/883-3b3edb0b
トラックバック
コメント
さと子ちゃん、天然ぶりがいいですね。真央選手もそうですが、こんなにほっこりした子が、リンクで一人闘っているなんて嘘みたいですね。

パトリックのコメントに同感。先日凱旋帰国したゆづに、マスコミは大挙して押し寄せ、連日絶対王者。世界最高点の肩書で報道されています。が、世間のどれ程の人が、彼のスケートを見ているのでしょうか?確かに彼のジャンプ技術はすごい。でも彼のスケートは?

すごいジャンプももちろん見たいけれど、一番見たいのはすごいスケートなのです。ソチのシーズンのGPS スケートアメリカで、高橋君はフリーで何度もジャンプミスをしました。しかしスケーティングが驚くほど美しく。先シーズンまでと違う人のようでした。忘れられない場面です。

すごいジャンプよりも、そんなスケートが見たいのです。

sonadot 2015.12.17 00:16 | 編集
こんにちは。

知子ちゃん、声は小さいけど受答えがハキハキとしてきましたよね~。自信がついてきたんでしょうか。それでも相変わらず謙虚で真面目なのが良いです。

さて、今回パトリックのフリーにはウルウルしてしまいました。実はSPの結果から、もうやる気無くしてるんじゃないか、最悪棄権もあるのか?とか思ってたので。パトちゃん甘く見ててゴメンナサイ、と平謝りです。王者のショパンよりも心に滲みましたよ~
yuccalinadot 2015.12.17 10:21 | 編集
sonaさま


> さと子ちゃん、天然ぶりがいいですね。真央選手もそうですが、こんなにほっこりした子が、リンクで一人闘っているなんて嘘みたいですね。

さっとんは彼女の努力と周りのサポートがうまくかみ合っているところなんじゃないかと思います。
リンクでは一人でも、リンクの外ではしっかり支えられている感じが伝わってきますよね。

> すごいジャンプももちろん見たいけれど、一番見たいのはすごいスケートなのです。ソチのシーズンのGPS スケートアメリカで、高橋君はフリーで何度もジャンプミスをしました。しかしスケーティングが驚くほど美しく。先シーズンまでと違う人のようでした。忘れられない場面です。


そうですよね。
ソチでの大輔さんのステップは敢えてこれまでとは違った、エッジを使った伸びやかなものになっていましたよね。
パトリックは大輔さんの踊れる部分に触発されたと思うのですが、大輔さんは逆にヨーロッパでスケーティングを磨いてOPに備えていました。
こういった切磋琢磨であの素晴らしい演技を残してくれたこと、忘れられません。
mikaidoudot 2015.12.17 22:09 | 編集
yuccalinaさま


> さて、今回パトリックのフリーにはウルウルしてしまいました。実はSPの結果から、もうやる気無くしてるんじゃないか、最悪棄権もあるのか?とか思ってたので。パトちゃん甘く見ててゴメンナサイ、と平謝りです。王者のショパンよりも心に滲みましたよ~



パトリックの人間味が、演技に出てきましたよね(ウルっ)
今季はうまくいかないかもしれないって、覚悟はしていたと思いますが、
まさかここまでとは思っていなかったでしょうね。
こづこづとパトリックのおかげで、スケートって、滑ることって気が付いて、よかったー(ToT)
てか、遅いよ、私~~~!
mikaidoudot 2015.12.17 22:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top