FC2ブログ
2012
11.14

小塚家3代の挑戦~NHKファミリーヒストリー

NHK ファミリーヒストリー

総合 月曜 午後10時~10時50分
再放送 総合 金曜 午前0時25分~1時15分(木曜深夜)
著名人の家族の歴史を本人に代わって徹底取材し、「アイデンティティ」や「家族の絆」を見つめる番組。驚きあり、感動ありのドキュメント。

11月16日(金)【15日深夜】再放送
午前0時25分~1時15分
「小塚崇彦~五輪の夢・小塚家3代の挑戦~」 (再)


尾てい骨を折った日に、痛くて眠れず偶然テレビをつけたらこの番組が放送されていた。

旧満州で、カメラマンをしていた小塚光彦さん(小塚崇彦選手のおじい様)が、
どのようにフィギュアスケートと出会い、戦死した親友と誓ったオリンピックの夢を追い、
その夢が今のフィギュアスケート大国名古屋を育んだかが番組になっていた。

「フィギュアスケート界のサラブレッド」と呼ばれることに、
「馬じゃねーし」って思ってたという小塚選手。

馬じゃないにしても、小塚選手がバンクーバーで4回転を降りたこと、
そこに至るまでのご家族の思いの深さには、ほかのどの選手とも違う歴史がある。

昔一人の青年がスケートと出会ったことで
今、世界でも有数の素晴らしい選手達を産む土壌ができた。

愛知県スケート連盟を創立、山田満知子や門奈裕子ら、指導者となる人材を育てた方としても知られている。

小塚光彦さんにスケートを教えてくれた親友は、戦地に赴く前に語ったそうだ。
「オリンピックを諦めるな。自分たちの夢は、子供や孫が叶えてくれる。」

実際その言葉とおりになったのは、小塚さんが本当に夢を諦めなかったからなのだが、現在の日本選手の層の厚さを思う時、その功績には計り知れないものがある。


諦めず、続けるということはできそうでできない。ましてや、次代に引き継いでいくとなるともっとだ。

でも、その夢や目的が本物ならば、自分の子孫でなくても、直接教えていなくても引き継いでくれる人がでてくるものなのかもしれない。
関連記事

トラックバックURL
http://mikaidou789.blog.fc2.com/tb.php/88-4bb5783b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top