FC2ブログ
Welcome to my blog

GPF女子SP

女子のショート、録画でやっと見終わりました。

女子の解説が殿でしたので、「ふ、ふくおんせいを~~~っ!」と
小芝居に走る必要もありませんでしたわ。

今日の織田氏の解説と、出た点数、気になるエッジや回転は、そう遠いものではありませんでした。

とはいえ、今回も採点に関しては?てな部分もありますわ。
プロトコルにバラつきが見えるところもありましたし。

先日柔道の世界大会でも審判のミス(故意か否かは知りませんが)に全日本の監督が抗議しました。
ビデオで確認後、審判は謝罪しましたが、結果は覆りませんでしたね。
抗議の仕方が生ぬるかったとか言われていましたが、選手自身は「これが五輪でなくてよかった」と言ったそうです。
そんな問題じゃないだろっ!と、こっちが怒りが収まりませんが、それでもまだ、抗議ができる。
ビデオで判定できる。
その審判の資質も、問うことができるかも、しれません。

フィギュアスケートも、やりゃあいいのです。
360度、ビデオカメラでリンクを囲んだっていいじゃないですか。
で、機械で判定する。
ちんぱんも自分の出した点数を、責任持って誰が付けたか明らかにする。

それでもGOE加点とPCS(演技力!)で何とでもするのでしょうか。

というわけで、難しいエッジや回転の話は一切わかりませんので、
見た目だけの感想です。



浅田選手、衣装がピンクから濃い紫になって、シックになりましたね。←どうやらカメラの色映りのせいらしいですね。
(@_@)!!!

151212_fig_asada06.jpg

GPFの番組冒頭、浅田選手のインタビューがありました。

「ソチのシーズンよりも自分の技術的にもアップしていると思いますし、
(スケーティングの)質もすごく良いものになっていることはよくわかっているんですけど。
自分の、やっぱり目指す、やりたい演技を
やらなきゃいけないんだろうなっていう風に思っています。」



これを聞いた時、カチッと何かがハマる気がしました。
シェヘラのシーズンは彼女にとっても辛い時期で、一番体重も落ちていたと聞きましたが、
あの頃と今の浅田選手を比べても、何が違うかって、身体つきの中でも、特に足だと私は思うのです。

復帰を決めてから実際の試合まではそれほど十分な時間はありませんでした。
けれど彼女が初戦から「ソチ後の世界選手権のレベルまで持っていく」と語っていた通り、
それ以上の滑りで、彼女は試合に戻ってきました。
その上で、このインタビューの内容を語っているのです。

下手に筋肉を鍛えると、どうしてもモリモリになりがちですが、
そこを彼女がどうクリアして、今の体型でいられるのかはわかりません。
相当な鍛錬と節制を積んだのではないでしょうか。
下半身は、間違いなく以前より強化されているように思います。

うちにいる不肖ゴリオ(仮名)は毎日筋トレと実戦練習に明け暮れておりますが、
彼の筋トレはチームにトレーナーがいないため、効果が適切な部分に現れておりません。
彼の場合は競技とポジションの関係もあるので一概には言えないのですが、
間違った鍛え方が怪我につながる結果にならないかと、見ているこちらはひやひやもんです。
結果として、要らない箇所の筋肉ばかりが発達しはじめているのが素人目にもわかります。
強化すべきところに適度な筋肉をつけるということは並大抵ではないと思います。
専門的な指導がなくては、とても無理です。
自分に必要なことに特化した強化トレーニングには、選手の強靭な精神力と
専門のトレーナーのチェックが必要なはずなのです。

それでいて、浅田選手は「Number890号」で美輪さんが語っていらした、
「彼女の体は少女ではなく、大人の女の体なのです」という通り、大人の女性の体です。

例えばメドべちゃんの華奢な少女体型。
メドべちゃんのショートは、本当に素晴らしかった。
彼女の魅力は勿論ジャンプ(ちょとタノ過ぎますが)もですが、
私は彼女に女優のような、ダンサーのような、芸術的才能も感じています。

でも彼女が10年後、華奢な体型を上手く大人の体に鍛え上げ、
競技を続けられているかはわかりません。

浅田選手は、カロコスのような大人の女性スケーターの域に入りつつ、
それでも難度に一切妥協しない、フロンティアになろうとしているのではと
私は思うのです。

大人の魅力は増したけれど、10代の頃のようにポンポンジャンプを跳べるわけではない、
そんなスケーターはいたと思いますが、浅田真央はそこを超えようとしているのではないかと、
あの足を見て思ったのです。

「ソチのシーズンよりも自分の技術的にもアップしていると思いますし、
(スケーティングの)質もすごく良いものになっていることはよくわかっているんですけど。」


技術も表現力も良くなっているのが自分でわかっている。
でもなかなか試合で全て出し切れないもどかしさが、今の浅田選手なのかもしれないな、と
思いながら、ショートの演技を見ていました。

3Aのあの力強さ。
フワリ、エアリー、だった彼女に、強靭なパワーが備わりつつあるのではないでしょうか。
でもまだそのパワーを制御しきれていない。
だからこそ、今の演技に満足できない。


織田氏解説では
3ルッツが抜けたのは、
「アウト(エッジ)をかなり意識してましたね。もしかしたら、逆に意識し過ぎてたかな、という印象です。」
と言ってましたね。

今日はどこか考えながら滑っている印象もありました。
自分の演技をコントロールしながら、確かめながら。

見ているこちらは、なんて自分に厳しく、高い志で滑る人なんだろうと。
これがショーで滑ることと、試合の違いなんでしょうか。

これまで浅田選手の試合のたびに、彼女の演技が只美しくて涙なくしては見られなかった私が、
「すっげえー」と泣くのも忘れておりました。

まだ進化して、強くなるんだ。
どこまで行くんだ、真央ちゃん。

天下一舞踏会にでも、出るのか?


さて、宮原選手の時は、アナも「もっと点数出てもいいんじゃないでしょうかというブーイングでしょうか・・・」と言っていましたね。

私も「そうだ、ヤマト!怒れ!ヤマト!」と、心が叫びたがってるんだ状態でした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151212-00000072-spnannex-spo

宮原低得点にブーイング 踏み切り減点で点数伸びず
スポニチアネックス 12月12日(土)7時11分配信

 ◇フィギュアスケートGPファイナル(2015年12月11日 スペイン・バルセロナ)

2015gpf3.png
【写真】得点がアナウンスされると宮原は凍りついたような表情に。左は田村岳斗コーチ

 宮原知子(17=関大高)は初のグランプリファイナルで危なげない演技を見せたが、点数は伸びず68・76点止まりの4位。思わぬ点数に観客からはブーイングが飛んだ。

 冒頭の3回転―3回転を始め全てのジャンプを成功させたかに見えたが、3回転フリップがエッジエラーと判定され減点。その他の要素も出来栄え評価(GOE)での加点が小さかった。

 満足のいく滑りに笑顔を浮かべていた宮原だが、点数が出ると一転硬い表情に。予想外の点数を受け止めかねているようだった。



順位をつけなければならないのはわかりますが。
宮原さっとんのショート演技は、メドべちゃんと1位を争ってもいいくらいの出来だったのではと、ヤマト先生を抜きにしても、思っておりますわ。
スポニチさん、GJ!


関連記事

Comments 2

ツイード  
1

いつも拝読しています。
ビデオ判定、様々な競技に取り入れられていますよね。昨日、ラグビーを見に行ったら、トライ場面を場内巨大スクリーンに何度もいろんな角度から映した映像を流して、トライ認定をしていました。選手が本当にインゴール内で、ボールを手に持って地面に付けたか、を確認し誤認を防ぐことで、観客も納得し、選手も気持ちよくプレーができているように思いました。
フィギュアスケートのジャンプの場所は固定することはできませんが、ジャンプ姿勢に反応するセンサーで自動的にフォーカスするカメラなんて今の技術ならできそうに思うのですが。
何はともあれ、真央ちゃんが健やかなる時も、辛い時も共にあるファンでいたいと思います。
>天下一舞踏会にでも、出るのか?←面白くて、大笑いしてしまいました。ナイスつっこみです♪

2015/12/13 (Sun) 11:34 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: 1

ツイードさま

はじめまして♪
コメントありがとうございます。

頂いたコメント全文、嬉しかったです。

> ビデオ判定、様々な競技に取り入れられていますよね。昨日、ラグビーを見に行ったら、トライ場面を場内巨大スクリーンに何度もいろんな角度から映した映像を流して、トライ認定をしていました。


ですよね。
柔道は一瞬だし、ラグビーなんてスピードだけじゃなく、あの体躯の選手たちが山盛りになったりしても、映像で取れてますよね。あれ、やってる当人たちにもわからないことが多いから、余計に必要だと思うんです。

> フィギュアスケートのジャンプの場所は固定することはできませんが、ジャンプ姿勢に反応するセンサーで自動的にフォーカスするカメラなんて今の技術ならできそうに思うのですが。



できることを敢えてやらないアキレス腱をお持ちなので、腐敗したスポーツとか、言われてしまうんでしょうね。

でも、ここまで芸術すれすれのスポーツは他にはないように思います。
その少し壊れた芸術的な部分に、ファンは良くも悪くも、熱狂するのかもしれませんね。

2015/12/13 (Sun) 15:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply