FC2ブログ
Welcome to my blog

猫の矜持

猫を飼っていらっしゃる方のブログを読ませていただくと、
その写真にほっこり癒される。

先日JOの時にお世話になったSちゃん宅にも、それは美しい猫が2匹いて、
私のパソコンの「ピクチャ」には彼らの写真がちゃんと保管してあるのだ。

で、
川村元気さんの「世界から猫が消えたなら」を読んでみたりする。
これは私の年齢になると読むのが悲しく、ちょっとばかりツラかった。


今日は目を手術されたばかりの猫さんの、実に良い面構え(こんな表現でごめんなさい💦)の写真を拝見して、
ふと
「ルドルフとイッパイアッテナ」を思い出した。



「ルドルフとイッパイアッテナ」
斉藤 洋 (著), 杉浦 範茂 (イラスト)  講談社

本はもう手元にないのでwikiをのぞくと、なんと来年映画化されるというではないか。
3DCGアニメで。
挿絵のままで映画化してくれよ、と願ってやまないのだが、どうなることやら。

wikiからあらすじをお借りいたします。

あらすじ

ひょんな事から岐阜から東京へ行ってしまった猫のルドルフは、そこで教養のある猫イッパイアッテナに出会う。ルドルフはイッパイアッテナと気が合い、イッパイアッテナはルドルフを岐阜に帰らせる方法を模索する。ルドルフはその間にイッパイアッテナから字の読み書きを習う。その後、友達となる飼い猫ブッチーとも出会い、岐阜へ帰る方法を発見した。しかし岐阜へ出発する前日にイッパイアッテナがブルドッグのデビルとの喧嘩で重傷を負ってしまう。

キャラクター


ルドルフ
主人公の黒猫。リエちゃんという女の子に飼われていたが、トラックに間違って乗ってしまい、東京にまで来てしまった。イッパイアッテナと出会い、彼に世話になりながら、りえちゃんの元に帰る方法を模索する。自分の町の名前を知らなかったため、帰る方法も分からずにいたが、甲子園に出場した「岐阜商業」の地元紹介でその町が映った事で、自分がいた所が岐阜であると知った。イッパイアッテナに習ったり、小学校に忍び込んだりして文字の読み書きができるようになった。この作品は、ルドルフがゴミ捨て場のインクを使って自分で書いたもので、それを斉藤が肩代わりして出版したという設定になっている。

イッパイアッテナ
ルドルフが東京で出会った虎猫。以前は人間に飼われていたが、飼い主が引っ越してしまったため、野良猫になった。現在は神社に住みながら、様々な人間から餌をもらって生きているノラ猫。日本語の読み書きができる。これは、元の飼い主が面白がって教えたためである。餌をくれる人間からは、それぞれ自由に名前をつけられている。そのため、初対面のルドルフに「俺の名前はいっぱいあってな…」と言った事から「イッパイアッテナ」という名前だと勘違いされ、ルドルフからはそう呼ばれるようになった。なお、元の飼い主からは「タイガー」と呼ばれていた。具体的な名前としては、近所の猫の間では「ステトラ」近所の警察官は「ドロ」近所の魚屋は「デカ」学校の先生(給食室のおばさんと通称クマ先生 本名 内田先生)が「ボス」近所のやさしいおばあちゃんが「トラ」である。

ブッチー
ルドルフやイッパイアッテナの友達で、近所の金物屋の飼い猫。ルドルフより少し年上。

デビル
近所の猫たちの間で凶暴な犬として知られているブルドッグ。イッパイアッテナのことを憎んでおり、イッパイアッテナの肩にかみつき、殺しかけた。



これは先日から読んでいる本ともつながるのだが、
誰しも読み書きに始まる「知る」を起点として、
そこから広がる世界、目に見える出来事がすっかり変わってしまうという経験が少なからずあるのではないだろうか。

これを、この本では野良猫の世界でやってしまうわけだ。

猫が読み書きを勉強して、飼い主の元に戻ろうとする。
猫が自分たちに起きた出来事を書き留めておこうとする。

猫には猫の矜持があるのだ。
きっちり筋を通す。
その生きざまが、カッコイイ。
そして、優しい。


何にも言わないけど、実は何でも知ってるんでしょ、あんたら。

猫にそう思ったことのある方には、この本は楽しいかもしれない。

シリーズが進むごとに主人公が成長していくのだが、
それが私には切ない。

大人が読んでもいい本はいい。
関連記事

Comments 4

にゃんこさんさん  
10

やっと思い出しました(^^
イッパイアッテナ・・・時々出てくるんですけど、なんの猫だったかとモヤモヤしてて。
こうして見せてもらうブログで発見があると嬉しいですね(^^ ありがとうございます。

2015/11/03 (Tue) 14:44 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: 10

にゃんこさんさん様

多分以前、NHKでも「てれび絵本」になってましたよね。
毒蝮三太夫さんのナレーション、また聞きたいなあ。

2015/11/03 (Tue) 15:59 | EDIT | REPLY |   
chocoacco  
mikaidou さま

ありがとうございます!
良い面構えの猫の飼い主です(笑)

また読まなければいけない本が増えました。
また絵が良いですね〜
私好みの面構えです(笑)

おっしゃる通り
「絶対わかってるな」
と毎日思う瞬間があります(=^x^=)

2015/11/03 (Tue) 20:22 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: mikaidou さま

chocoaccoさま

えへへ(*^▽^*)
あのブーさん写真を見たら、
書かずにはいられませんでした。

私の好きな本に、「ハリスおばさんパリへ行く」というのがありまして、
その作者が数冊、猫の本を書いてるんですね。

その一つが「猫語の教科書」と言って、
「猫の手になる、全国の猫のためのマニュアル」という設定なんです。

猫の本には良い本がたくさんありますね。
私もこれからもっと読んでいきたいなあ、と思っています。

2015/11/03 (Tue) 22:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply