FC2ブログ
Welcome to my blog

「パトリック・チャンが明かす復帰への思い」

http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201510270001-spnavi?p=1

ところどころ、お借りします。

「ユヅルを意識しないわけではない」
パトリック・チャンが明かす復帰への思い

pato1.png



今季は“積み上げる年”

――1年間休養して今季の試合を迎えるにあたり、今どんな気持ちですか?


 すごくナーバスになっていたんです。昨季は今までと違った日々を過ごしてきましたが、競技会にしてもショーにしても、今季は違ったレベルで専念することが求められてきます。肉体的・精神的に競技者に戻るために、食べることもトレーニングになり、練習も明らかに違うものになりました。


――まだ競技に復帰したばかりですが、技術はソチ五輪時のレベルに戻ってきていますか?


 明らかに昨年より良くなっています。ショーにたくさん出たことで円熟味が増したし、観客やジャッジの前でも気持ち良く演技できるようになりました。技術的な面だと、ジャンプが良くなってきました。本格的な練習を再開した当初は、最初からやり直しといった感じで、4回転やトリプルアクセルなどはなかなか難しかったですけどね。今季は“積み上げる年”になると思います。パーフェクトとはいかないでしょう。どちらかと言えば、次の平昌五輪に向けて作り上げていく年ですね。


長期的な目標は平昌五輪に出ること

――今季、技術的に新たにチャレンジしてみようと思うことはありますか?


 いや、何もないですね(笑)。これまでと同じく、ジャンプはトリプルアクセルや4回転トウループを跳んでいます。今季も序盤だし、ものすごく変わったことをやろうとは思っていないです。ただ、感情表現やプログラムを通じて伝わるものに進化が見られるのではと思います。それが僕が今、力を入れていることで、観客にも見てもらいたいポイントです。ジャンプはジャンプとして変わることはありませんし、プログラムの複雑さや込められた思いに目を向けてもらいたいですね。


――今は表現や感情といった部分に重点を置いているのですね。


 その通りです。加えて音楽の解釈にもフォーカスしています。そういった要素が昨年、僕が学び、成長してきた部分だと思うんです。ショーに参加したことで、結果ではなくパフォーマンスに集中できたからこそ得られたことです。


――今季の目標、そして長期的な目標をそれぞれ教えてください。


 今季はまず、カナダ王者のタイトルを取り戻したいと思っています。もし世界選手権に出場できたら素晴らしい経験になるでしょうね。そこで成功を収めることができたら、素敵なおまけになりそうです。長期的には平昌五輪に出ることが目標です。3度目の五輪に出られれば、キャリアの終わり方としては最高でしょうね。


――残り2年弱で五輪出場までたどり着く自信は?


 もちろん、常に自信を持っているし、2回経験しているわけだから、もう1度五輪に出場できる自信があって当然ですよ。ただ唯一、言っておきたいのは、けがをすることもあるということ。これだけは予測できないことですからね。でも先を見越してリンクでも陸上でも、正しいトレーニングをすればけがは防げると思います。適切なウォームアップや治療、リハビリをやり 自分の体の声を聞いてやれば、あと3年、五輪へしっかり準備できる良い状態を保てると思います。


(取材・文:大橋護良/スポーツナビ)



パトリック、インタビューも大人になったなあ、と思う。
突っ込みどころがなくて、さびしいくらい(^^)


彼が目指すスケートを、今週末、楽しみにしております。

テロ朝は、変にあおらず普通に放送してくれればそれでよし、ですわ。

私も明日はある種の訓練のため(と自分に言い聞かせ)、小さな集まりでバトルをしてまいります。
勝ち負けには何の意味もないお楽しみ会のようなものですが、
この1年に少しでも進歩があったのかどうか、測るのはきっと、周りではなく自分でしょう。
自分でわかってしまうのも、ちょっと、ツライものですが・・・。


関連記事

Comments 2

yuccalina  
1

こんにちは。

明日のスケカナ楽しみですね。大人になったパトリックの新境地を早く見たいです。仕上がりはどうなんでしょうか。

カナダはナム・グエン君という若手も育ってきて、カナダチャンプの座を奪還するのも、そう甘くはないのでしょう。カナダのスケ連が誰オシかにも左右されるでしょうし。

って、スポーツとして、本来こんなのおかしな話なんですけどね。フィギュア見てると、どーも感覚がおかしくなってる気がしますです。

2015/10/30 (Fri) 09:34 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: 1

yuccalinaさま

パトリックもソチ構成と変わらないレベルには持っていくつもりでいるようですね。
でも、目指すものは違う、という。
彼は自分の持ち味、唯一無二のツルスケの価値に気が付いたのでしょうか。
どんなプログラムになるのか、本当に楽しみですね。
そして、今の彼の上半身と指先の表現を、
ジョニ子がなんと解説するのかも(^^♪

> カナダのスケ連が誰オシかにも左右されるでしょうし。
> って、スポーツとして、本来こんなのおかしな話なんですけどね。フィギュア見てると、どーも感覚がおかしくなってる気がしますです


まったくです~~~"(-""-)"
芸能事務所じゃあるまいし、「オシ」選手がはっきりわかってしまうって、どうなのよ?って思ってしまいます。

そんな中で戦っている選手たち、本当にすごいです。
「オシ」てもらえない選手とコーチ陣には、応援にも力が入るってもんです。

2015/10/30 (Fri) 23:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply