FC2ブログ
Welcome to my blog

ニコルさんの記事

こちらから飛びます。

浅田、名振付師と再タッグ スケートに「新しい喜び」

fc2blog_201510011835158da.jpg


ニコル 「『マダムバタフライ』はビビッときたの。真央は他にも興味のある曲があったみたいだけれど、私があまりピンとこなかった。プッチーニのこの曲はなんといっても美しい。真央は悲しい経験を乗り越え、深い感情を理解するようになった。人生の違うステージに立っているから、ぴったりだと思う」
 「真央とは女性の権利についての歴史を話した。私たちは現代に生まれてラッキーだと思うけれど、100年以上前の『蝶々(ちょうちょう)さん』たちのような女性がいて、今がある。そうした女性の立場の変遷を知った上で、真央には女性が権利に向かって立ち上がることを表現してほしいと話した」



ニコル 「第一に、私はクラシック音楽と同じくらいジャズが好き。どっちもエレガントで洗練されて知的な芸術形式よね。真央らしいジャンルだと思う。真央のためにはアップビートで陽気、または上品なジャズを選ぶようにしている。ただ、ジャズは複雑で、滑りこなすのに時間がかかる。演技の幅を広げるためにも、若いときからショーナンバーで少しずつ冒険することは大切。今の真央はどんどん演技の幅を広げられるんじゃないかしら」



ニコル 「まるで氷上を羽のようにポンポンポンと駆け抜けていく軽やかさ。あれは真央にしかない。ショパンの洗練された旋律そのものよ。今は成熟したので、ショパンだけの枠には収まらないけれど、この軽やかさは不変だわ」
 「真央はいつも“いい人”であり、まじめで、道を踏み外すことはない。それは14歳のときに会ってすぐ分かった。でも、従順なだけでなく、もうちょっと自己主張してほしいなとも思った。言ったことは何でもするけれど、将来、どんな女性になるかをイメージしにくかった。私はスケーター本人を知って、持ち味を生かしてプログラムを作りたい。振付師が選手に色をつけるのでなく、選手たちの色を出したいタイプなの」



ニコル 「何とか表現に興味を持てるようなプログラムを作ったものよ。チャンには深いエッジを持ったスケーターになってほしかったから、それが自然と身につくようなプログラムも用意した。クワンもそうね。『官能的で強い女性』になれるよう、計画的にプログラムを作った。カロリナ・コストナー(イタリア、12年世界女王、ソチ五輪銅メダル)も同じ。イタリアの小さな村から出てきた女の子が、どうやったら自信に満ちあふれた女性になれるか。アップダウンがあって10年近くかかったわね」
 「真央とは距離的に離れていたこともあって、理解を深めるのに時間がかかった。常にまったく体重を感じさせない軽やかさが真央の特長だから、それをどうやったら生かせるかは考えてきた」



ニコル 「プログラムは作らなかったけれど、バンクーバーの年もずっと真央のことは応援していた。離れても真央が戻ってきてくれるのは、信頼関係だと思う。10年近く一緒に仕事をすれば、私のことを真央が分かってくれたろうし、信頼関係が醸成されていたとも思う。そういう関係があると、よりエネルギーがあって美しいプログラムが作れるものよ」
 「選手が毎年、様々な振付師のところに行くのは今は普通のこと。振付師はエモーショナルな人が多いから、最初はショックだったけれど、それも仕事の一部と思えるようになった」



ニコル 「真央がすごく特別な人間になっていくのを見ている気がしたわ。興奮したり、大笑いしたり……。2人で一緒に作品をこしらえていると、真央の素顔がどんどん出てきて。真央は10年間でいろんなプログラムを滑り、芸術的なベースが強固なものになってきたので、振り付けのプロセスにも興味を持つようになった。だから、洗練を表現するにしても様々なニュアンスを出せる。真央の表情や好きな動きをする姿にインスピレーションが湧いたし、いま思い出しても楽しい時間だった」
 「特に、トリオは真央の意見が強く反映されている。2人で嫌になるほど音楽を聞いたのよ。『これはいい曲だけどプログラムにはいまいち』『なんか違う』……。2人同時に『これだ』って叫んだ曲(ミサ曲『ベネディクトゥス』)を使った。真央はカロリナとジョアニーとの距離感をよく理解して、リンク全体から見えるイメージもつかんで作っていたわ。この作品は真央にとって転機になったと思う」p>



 ニコル 「どんなに一生懸命練習しても落とし穴がある。トリッキーなスポーツだわ。だからこそ『常に完璧に滑れるわけじゃない』という事実を受け入れると、パフォーマンスって良くなるもの。真央も様々なアップダウンがあってそれは理解していると思うの。なのでパフォーマンスも良くなると思うわ」


 浅田を指導する佐藤信夫コーチは、「(芸術面の担当は妻の久美子コーチで)みんなが言うとおかしくなるから、極力タッチしないけれど」と前置きしつつ、「とってもいいプログラムで、それをきちんと表現できるように彼女が成長できていることは間違いない。ガンガン盛り上げてほしい」。

 「マダムバタフライ」の初披露は10月3日のジャパンオープン(さいたまスーパーアリーナ)になる。



日経さん、良記事が続いています。

ホッとします。

落とし記事に慣れすぎて、最後の1行まで読まなければ意図が測りかねることも多かったので。


さて、夕べ、友人から写メが送られてきた。

スケオタでもなんでもない、普通の人だ。
それがなんと男子版まで手作り。
「まお」は勿論、「知子」の文字に、嬉しくて泣いてしまったのは内緒。



satokouchiwa_20151001185711999.png


maouchiwa_20151001185709e3b.jpg


「行く」というだけで精一杯な私と違って、
友人は防寒具をはじめとする至極もっともな準備を万端にしてくれていたのだった。

関連記事

Comments 8

yuccalina  
1

mikaidou様
おはようございます。
いよいよ明日ですね。超豪華キャストが生で見られるなんてうらやましいです。
楽しんできてくださいね~!

2015/10/02 (Fri) 08:24 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: 1

yuccalinaさま

おはようございます!
ありがとうございます!(^^)!

いつものことですが、ギリギリまでどうなるかわからないヘタレです。
でも飛行機は「JAL」!
機内であのCMが流れないかなあと、楽しみにしています。

2015/10/02 (Fri) 09:02 | EDIT | REPLY |   
にゃんこさんさん  
10

明日きっと晴れますように。
無事たどり着けますように。
選手たちも怪我なく素晴らしい演技が続きますように。
素晴らしい一日が訪れるように祈ってます(^^

2015/10/02 (Fri) 14:59 | EDIT | REPLY |   
きょうこ  
1

こんにちは。

とてもいい記事ですね。
真央ちゃんの表現力にますます磨きがかかっていそうで、明日が楽しみです。

応援グッズ、いいですね!
わたしも頑張って応援します!

防寒具、大事ですよ。
たまアリはそんなには寒くないと思いますが、やはり足元から冷えてきますからね~

2015/10/02 (Fri) 15:14 | EDIT | REPLY |   
chocoacco  
mikaidouさま

すてきなご友人ですね!

mikaidouさまもプライベートと割り切って
仕事はズバーン!と切り捨てて
楽しんできてください~ヾ(〃^∇^)o

ウチワ探しますね~☆

2015/10/02 (Fri) 17:05 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: 10

にゃんこさんさん様

ありがとうございます!(^^)!
ありがとうございます!(^^)!
ありがとうございます!(^^)!

JALです!
真央ちゃんのCMが見られるといいな!

にゃんこさんさん様も素敵な週末を!

2015/10/02 (Fri) 21:08 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: 1

きょうこ様

本当ですね。
さっきテレ東の「MY BEST SHOW~スゴい人自ら選ぶNo1~」を見ていたら、
真央選手、「今日の練習の方がベストジャンプ」って言ってましたね。
あの笑顔を見ていたら、絶対いい試合になるって、思いました。

きょうこ様も明日はたまアリですね!

そうなんです。普通、防寒具から考えますよね。
もう、ダダ漏れの涙をどうするか?
それしか頭にありませんでした(;^ω^)

きっと友人が何とかしてくれるでしょう。
何しろ、今は頭が真っ白です。

2015/10/02 (Fri) 21:20 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: mikaidouさま

chocoacco様

ほんと、友人が「行こう」言ってくれなければ
まず無理でした。
感謝感謝です。

はい、仕事はズバーン!と宇宙の果てまでぶっ飛ばしましょう。

ウチワはあの後、更にグレードアップされて写メが送られてきました。
更にJOだけじゃ勿体ないからという理由で、
COIのチケットも取ろうという話に。

私、まともな友人に、何かしてしまったような、
まさか、スケートにハマらないよね?とか、
ちょっと心配になっております。

2015/10/02 (Fri) 21:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply