FC2ブログ
Welcome to my blog

パトちゃん記事

Number Web「氷上の華」のパトリック・チャン復帰記事です。
面白かったのでお借りいたします。

http://number.bunshun.jp/articles/-/823276
パトリック・チャンが正式復帰発表!
元世界王者が競技に戻った理由とは。

田村明子/文

こちらは2ページ目。

高橋大輔とランビエールが持っていた類まれな能力。

 技術においてギリギリの限界まで挑戦していくトップ選手にとって、毎シーズンはっとするほど違うスタイルのプログラムを完成させるというのは、至難の業である。

 過去を見渡しても、そこまでの表現力の幅があったのはステファン・ランビエルや高橋大輔などごく少数の選手だけだった。

 だがチャンが目指していくのは、技術的なチャレンジよりはそちらの方向なのだと言い切る。

「これぞフィギュアだ!」というプログラムを目指して。

 ソチ五輪でたとえ金メダルだったとしても、競技に戻ろうという気になっていただろうかと記者の一人が質問し、チャンはこう答えた。

「そう思います。五輪で金メダルを取っていたら、自分は別人になっていたとは考えたくない。ぼくはあくまで、ぼくですから」

 そして、こう説明した。

「復帰と聞いたら、ぼくが平昌五輪で金メダルを取るために戻ってきたのだと思う人は大勢いるでしょうね。もちろん頭のどこかにそれが全くない、とは言い切れません。でもそれが最終目的とは考えていない。今考えているのは、この先何年も『これぞフィギュアスケートだ』と人々の心に残るようなプログラムを残したい、という思いです。だからメダルの色は、重要ではないんです」

 自分はまだ若くて体も動く。40歳になってから、もう少し続けておけばよかったと後悔はしたくないのだと、チャンは言葉を続けた。





パトちゃんの言葉には、頷ける部分がとても多かった。
もし真央ちゃんが記者会見で同じようなことを言ったとしても驚かないかもしれない。

ただ、スケ連がまともな組織でさえあれば。

そう思うと、悔しくてならない。
関連記事

Comments 2

yuccalina  
No title

こんばんは。
パトちゃんの復帰嬉しいです。世界フィギュア三連覇の蔭で、自身のプログラムに満足してなかったのかな?勝負には勝っても、これぞフィギュアと思える大輔さんのプロを、羨望の眼差しで見ていたのかしら?と思うと何故か胸がキューンとしました。素敵なプログラム期待してます。
一方の真央さんは、、、。本人が語る前に外野が騒ぎ過ぎてゲンナリしておりますが、18日までソワソワしてしまいそう。

2015/05/13 (Wed) 20:49 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: No title

yuccalinaさま

そうなんです!パトちゃんはあのスケーティングスキルとジャンプでも満足していなかったからこそ、コーチを変え、総合芸術のようなスケートを目指してソチに臨んでいたんじゃないのかなと思うのです。
この記事からも大輔さんへのリスペクトが伺えて、超~~~嬉しいですよね。
パトちゃんの復帰に対する思いは、まだ身体が行ける、と思える選手なら誰しも共感できるものかと思いました。

その気持ちは、真央ちゃんにも共通しているのかもしれません。でも、彼女の復帰に関しては、パトちゃんと一緒にはできないのが辛いです~~~!

2015/05/13 (Wed) 23:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply