FC2ブログ
Welcome to my blog

アンタッチャブル

世界選手権、バタバタと忙しく、今録画で見たわ。

マダムトゥクタミ、3A、飛んだわね。
興奮して鼻血が出そうでしたわ。
すごいボレロでございました。

ラジ子もだけれど、あのポゴでさえ、ロシア勢は情熱的な滑りが目立った。
国内が熾烈なだけに、メンタルが超合金でマジンガーでなければやっていけないのね。

インタビューにもそれがよく表れてたわ。
内心はどうでも、強気な発言はしておかなくては、女子の国は生き抜けない。

蛆放送は塩抜き、ジャニ抜き、煩わしさは減っても相変わらず。

すっかり本郷さん要員になった明子先輩。
ルンバくらい役に立つロボットでいてくれりゃいいのに、好き嫌いが隠せない副会長。

天野投入で、トゥクタミちゃんの3Aをどうするつもりかと思ったら、スコアはまだ見ていないけど、
あの点数なら加点までついてるんでしょうよ、認めたのね。
良かったわ。
マダム、おめでとう!

佳菜子さんの復調といい、本郷さんのまさかのポーリーナ越えといい、
日本勢、なんと3人とも最終グループに。

精密なオルゴールのように繊細で軽やかに舞うくせに、
私を泣かせる知子ちゃん。
今日は特に良かったわ。
低いけどね、5コンポーネンツ。

本郷さんの時と比べて、解説席は静かでしたけれど、そんなこと、当たり前ですわね。
狭い世界、身びいき、とか、コーチとか派閥、とかなんとか、色々あるんでしょうね。


ああ、隣でヤマト先生が飲み物を渡してくれるだなんて、羨ましすぎる。

・・・。

楽しく、嬉しい世選の女子SP。

トゥクタミちゃんの6分間練習で3Aの話題になった時も、マダムが堂々とそれを成功させた時も、
蛆ではまるでこれまで誰も飛ばなかったすごいジャンプのようなおっしゃり様でしたわね。

伊藤みどりと浅田真央のこれまでを、消し去るかのように。
当然解説席のお二人も、一言も触れなかったと思うわ。
浅田の名は、アンタッチャブル。
彼女がこれまでそのジャンプを飛び続けた偉業にも、決して触れてはならない。

回転不足かどうかなんて、まるっきり関係ないかのような口ぶり。
飛んで降りれば認められるとでも決まってるんでしょうか。

去年までとはずいぶん違うのね。

副会長は何度も「3Aより、後半に3-3を持ってくる高難度構成」を繰り返す。

マダムトゥクタミが3Aを飛ぶ事で女子フィギュアのレベルが上がったんだって言ったわね。
そう、中村アナは言ったのよ。

「これが新世紀の、世界のレベルです!3Aを成功させて、女子フィギュアの世界を、更に進化させました!」

ま、蛆だし、日本のテレビ局ではないそうだから、当然ですわね。

誰よりも高難度な構成を組み、
只々美しく、
何年もの間3Aを飛び続けた。
女子のレベルを頭一つ越え続けた選手が自国にいるのに一言も触れない。

日本で流されるテレビの向こうは、これからも日本ではないらしい。






関連記事

Comments 0

Leave a reply