FC2ブログ
Welcome to my blog

すっかり乗り遅れてますが

ガードマンで真央&美姫を守れ!
警護つきで中国杯出場へ…フィギュア

スポーツ報知 9月24日(月)8時3分配信

 尖閣問題の飛び火が懸念され、選手の派遣中止も検討されたフィギュアスケートのグランプリシリーズ第3戦・中国杯(11月2~4日、上海)について、日本スケート連盟は23日、都内で理事会を開き、選手の安全確保を条件に女子の浅田真央(21)=中京大=らを予定通り出場させる方針を確認した。派遣が最終決定した場合は自己防衛策として、民間の警備会社に委託し現地警護(ガードマン)を付ける方針も固めた。

 理事会では国際スケート連盟(ISU)と中国協会に対し、安全の徹底を求める文書を送付することを決めた。橋本聖子会長は「選手は日本の大事な宝物。何よりも身の安全が第一。大会の1週間、10日前まで現状が続くようでは(派遣中止を)判断せざるを得ない」と話した。送付文書には10月上旬に開催されるISUの理事会で、中国杯での日本選手の安全確保を議題として取り上げる要望を盛り込んだことも明かした。

 警護について橋本会長は「安全が確保され、派遣に踏み切ったとしても万が一に備えて自己防衛策も取らなければいけない」と説明。テロの脅威があったロンドン五輪で、警備会社に警護された経験のある文科省のマルチサポート関係者に、具体案を聞く考えを示した。

 中国杯には男子の10年世界王者・高橋大輔(26)=関大大学院=、休養明けから2季ぶり復帰の初戦に臨む安藤美姫(24)=トヨタ自動車=らもエントリー。派遣中止となると、14年ソチ五輪のテスト大会となるGPファイナル(12月6~9日、ロシア・ソチ)進出も厳しくなるだけに「行くことを前提に調整しておいてもらいたい」と橋本会長は語気を強めた。


忙しくて、うっかり見落としていた中国杯の行方。
あらら。

うーん・・・・・。

選手にとっては中国杯も大切な試合。

だけど、こんな時に、日本のスケ連っちゅー組織の方たちは、
ほかの方法(他の試合に選手を振り分けてもらえるように働きかける、とか)
できなかったの?

ボディーガードがベストな方策だと本気で思ってるとか?
ただ単に政治力も発言力も、やっぱり、ないだけとか?

うーん・・・。
もう、ご無事をお祈りして、八百万の神様に選手の皆さんを守ってもらえるように
神頼みするしかない?

橋本会長は、「選手達は宝」って言ったそうだけど、
ご自分がいつまでも現役気分だから、「気合があれば、だいじょぶ」とか思ってない?

政治にスポーツ競技が左右されるのは昔からでしょうよ。
フィギュアスケートは試合数が限られてる上、
GPFってのがある以上、出すしかない、そりゃ、そうでしょうとも。

極論だけど、ファイナルにこだわんなくっても、いいんじゃないんでしょか?
日本選手権だけでも、十分シビアな戦いだし。

中国杯、出てほしいけど、行ってほしくない



関連記事

Comments 0

Leave a reply