FC2ブログ
Welcome to my blog

ヤマト先生の読書

田村岳斗先生のブログによれば http://www.jsports.co.jp/skate/yamato/fs1415/post-154/

「まだまだ勉強中」とのことで、読書に励んでおられるご様子。

田村岳斗ブログ
「華麗なる舞」より

ところで、最近、他のスポーツの方がどんな考えを持っているのか知るために
フィギュアスケート以外のスポーツの監督や指導者が書かれた本を読むようになりました。
本を読むこと自体、意外と思われる方も多いかもしれませんが(笑)、
少しでもスケートの役に立つヒントがあればと思って読んでいます。
その中でも、野村克也さんの本には、なるほどと思うことがいくつもありました。
指導者になってから10年。まだまだいろいろ勉強していくことがあるんだなと、
改めて思っています。




私は読書する男子に弱い。
読書する自分に酔う奴は別。

必要に迫られ、片っ端から手に取る書物に軽い衝撃を受けつつ、どんどん謙虚になっていく。

読んだからって、自分はいきなり変わらない。
本来読書は人を横柄にはしないと思う。

一つの答えだけが欲しいのに、本は他の情報も「関連して」教えてくれる。
そのどうでもいいような関連情報が一番役に立つと思う。

そうして積もった点と点がいつかどこかで繋がった時の喜びは大きい。


四大陸の間は、木原選手を連れドイツに遠征とか。

例え月見草の本でもいい、チームB嬢の本なんか参考になさらなくって、本当にようございました。

ヤマト先生、応援してます。

蛇足ですが、今朝のyahooのトップにも(スポーツ欄にさえ)載りやしなかった四大陸の結果でしたが。

宮原選手に期待してる素振りなど全くなかったメディアが、いきなり

「女王の重圧…宮原、“守り”裏目に「悔しい」2位/フィギュア」(サンケイスポーツ)
このタイトルはどうよ?

本人は悔しがっていようが、メダリストのうち2名は日本人選手だったのよ。

おめでとうも、快挙の言葉もない報道は相変わらず。


ところで、全日本で女子選手のメンタルを思い切りつぶしにかかったスケ連ですが、ちゃんと結果を出してます。
当のスケ連のHPにはそれとわかるような「お知らせ」はありませんでしたけどね。

http://www.sanspo.com/sports/news/20150213/oth15021321180008-n1.html

真央休養…五輪支援ランク、フィギュア女子が最低のCに降格
SANSPO.COM 2015.2.13 21:18

 文部科学省は13日、五輪でメダル獲得が有望な競技を重点支援するマルチサポート事業で2018年平昌冬季五輪に向けてターゲット競技を見直し、昨年のソチ五輪後に浅田真央(中京大)が休養したフィギュアスケート女子を、金メダルが期待され、最も力を入れて支援する「A」ランクから新設した最低の「C」ランクに格下げしたと発表した。



勿論、選手に責任はありません。
浅田とも何の関係もないでしょう。
ただ一つ言えるのは、スケ連が浅田にしたこと、しなかったこと、それを後進にもしようとしていること。
その結果の一つが、この有様。

浅田はスケートが好き。
それでも尚、現役選手を続けることに躊躇するのは、上部組織がこれだもの、当たり前の話じゃありませんか。

今は男子に良い選手がわんさかいるから、それでもいいんでしょう。
でもこのまま続くのかしら。

全日本の女子の採点が、他のどの国際試合とも同じ傾向の採点だったならいい。
エッジエラー、回転不足、スピンのレベルでも。
どの試合でも、どの選手でも、同じように採点されるならどんなに厳しいジャッジでも、誰も不思議に思わない。

女子は実入りが少なくなった分、王者羽生選手への縛りはきつくなる一方でございましょう。
選手生命は長いほうがいい。

選手の使い捨てが自分たちの足場も揺るがすと、気が付かないで現在を貪る。

貧しい組織。


関連記事

Comments 0

Leave a reply