FC2ブログ
Welcome to my blog

徹夜明け

この年になって完徹はツライ。

しかも、やった仕事を見直すと、ちょっと変。

気を取り直してブログめぐりをして、笑ったり、唸ったりしてみれば、はたと符号する記事が。

BBの覚醒記録さまのこちらの記事→http://edokkoisho.blog.fc2.com/blog-entry-297.html

タイトル見て、なーるほど、と思いました。

なぜかというと、新聞のみならず、色々出してる出版ブツもかなりキテル感じが最近怖いほどなので。

なりふりかまわず、牙むきましたか。

・・・・・

さ、あまりに美しいアルソワ浅田さんで目の保養。

画像、お借りいたします
arusowamao.png

この人はなんて、うつくしいのだろう。

美人と「美しい人」とは違う。

『バベットの晩餐会』で、一夜のために宝くじで当てたお金は全部使ってしまったと言ったバベット。

「また貧乏暮らしをするつもりなの?」との問いに、彼女は澄んだ目で答えた。

『芸術家は貧しくありません』


誇らしげにそう言いつつ、国に戻っても待つ人はいないと語る彼女のバックグラウンドに思いを馳せずにはいられない。

自らをシェフではなく、芸術家と理解しているバベットの強さ。

浅田のスケートは、メダルが授けられなくてもバベットの料理と同じ。

金メダルは欲しかっただろうけれど、いつか彼女も、自分の成したことを、豊かに享受できますように。



関連記事

Comments 6

yuccalina  
No title

こんにちは。
バベットの晩餐会、BSでやってましたね。昔映画館で見たんですが、久し振りに見直して、やっぱり素敵な映画でした。抱擁やキスのシーンはなくても、あんなに愛を感じさせる映画って、あまりありません。
パリで人気歌手だったパパンさんが、これほど神々しい歌声があったのかと驚愕するのは、フィリッパが神と繋がっている存在だったから。それは見かけの美しさとは別次元だったのですね。

ファンの多くは、浅田真央ちゃんの何かを超越した、神々しい部分に美しさを見出だしてると思います。見た目の形しか見ずに、安易にメンテナンスして誤魔化す国民性の方々には、理解できないのかもしれません。

2015/02/13 (Fri) 09:58 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: No title

yuccalinaさま

ありがとうございます!

私は最後にゲストのお年寄りたちが輪になって踊りだすシーンが大好きで。

本当の美しさ、胸打つものって、形だけ真似してもやっぱり違いますよね。



2015/02/13 (Fri) 12:22 | EDIT | REPLY |   
yuccalina  
No title

度々失礼いたします。

> 私は最後にゲストのお年寄りたちが輪になって踊りだすシーンが大好きで。

そうですね!バベットの素晴らしい料理とおもてなしのお蔭で、いがみ合っていたお年寄りたちがまた仲良しになっていく光景は素敵でした。

芸術的な料理は人の心を豊かにしてくれるもの、真央ちゃんのスケートも同じです。見た後に心が満たされていくのが分かります。

2015/02/13 (Fri) 16:05 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: No title

yuccalinaさま

コメントありがとうございます。

記事とは関係のない話で恐縮なのですが、今日、東北地方について書かれたふるーい文献を読んでいたら、フジタの話が出てきたので、yuccalina様を思い出し、コメントも頂いておりましたので、何となくシンパシーを感じてしまいました。

フジタ不遇の時代、日本での評価も低く、クスリに溺れ、フランス人の女性を伴った日本でのハチャメチャな生活だった頃。
彼の才能を真に認めた日本人は東北の人間(お名前は失念してしまいましたが)であったと。
その方を東北の名士として紹介してあったのです。

誰も見向きもしなかった時代のフジタを支えたとして称えられ、書物に残される人がいた。
フジタの一旦を垣間見た気がして、ホコリを被ったその本が愛しく思えてしまいました。
yuccalina様の記事も、いつも楽しみにしています!



2015/02/13 (Fri) 20:49 | EDIT | REPLY |   
yuccalina  
平野政吉

mikaidou様
フジタのお話ありがとうございます。
東北のパトロンは、秋田の平野政吉ではないかと思います。かつて平野政吉美術館に所蔵されていたフジタのコレクションは、現在の秋田県立美術館が所蔵しています。秋田の年中行事の壁画を依頼し、多くのフジタ作品を収集し、その全てを戦時中は倉の中で大切に保管していたそうです。

当時は彼の道楽に眉をひそめる人も多かったのでしょうが、平野政吉のお陰で、日本にも多くのフジタ作品を残すことが出来ました。

私は父親が秋田出身ということもあり、余計に誇らしく、嬉しく思っています。

2015/02/14 (Sat) 18:30 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: 平野政吉

yuccalinaさま

そうだったのですね!

斜め読みでしたが、文献ではその平野氏についてはともかく、フジタに対しては辛辣な書き方をしている印象を持ったので、色々ないきさつもあったのでしょうね。
本の数ページを写真入りでその項に割いてあり、功績の大きさを物語っていました。

秋田美人のDNAをお持ちとは、羨ましい限りです!

2015/02/14 (Sat) 20:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply