FC2ブログ
Welcome to my blog

今年もありがとうございました

今年は楽しい一年でございました。

真央ちゃんの涙も笑顔も全部、大切に心にしまって、一年が終われそうです。

フィギュアスケートは波乱のうちに年を越しそうですが、羽生選手も無事に手術を終えられたようで良かったです。
これでも世選にスケ連が出すとしたら、本当に一回解体してね。
本人の意思のせいにしちゃ、「連盟」の意味ないからね。

さて、今年の最後に、ヤマト先生の素敵な言葉に泣き納めをいたしました。
一言一言が選手への思いに溢れていて、どうしよう、ますます好きになってしまった。

http://www.jsports.co.jp/skate/yamato/fs1415/post-148/


December 30, 2014 3:30 AM / フィギュアスケート 14/15シーズン

全日本 応援ありがとうございました。


今年の全日本で宮原知子が初優勝しました。
2日間通して、本当に素晴らしい滑りを見せてくれました。
フリーの得点が出るまでの時間が本当に長く感じ、祈るような気持ちで待っていました。
優勝が決まった時は、僕の今までの人生の中で1番うれしい瞬間でした。
宮原は、あの雰囲気とプレッシャーの中で、彼女の情熱を、冷静さを持って表現してくれました。
もちろん、練習ではもっといい部分もありますし、逆に練習以上にいい部分もありましたが、
何よりも、あの舞台でやり切れる強い精神力を発揮してくれました。
これまでプログラムもなかなか評価してもらえなかったのですが、
彼女の持つ表現力も評価してもらえました。
宮原は、何をやるにも、本当にちょっとずつちょっとずつですが前に進んでいきます。
初めて会ったのは、彼女が小学2年生の頃だったと思います。
当時はまだ1回転半も出来なくて、このままやっていけるのかなと思いました。
それが「できるまでやっておけ」と僕が言って、
そのままうどんを食べに行ったことがありました。
その時、僕は自分が言ったことを忘れてしまって、
40~50分くらいたって戻ったのですが、リンクで彼女は泣きながら必死に続けていました。
今、その話をすると、宮原は覚えていないと言うのです。
言われたことをできるまでやるのは、彼女にとって当たり前のことなんです。
進化のスピードは決して速くないのかもしれませんが、必ず前に進んでいける選手です。
どんなに時間がかかっても、あきらめずにできるまででやり続けることができる。
トップ選手に比べたら、身体能力が高くなくても、努力をし続けられる事が宮原の才能です。
今回、宮原は、世界選手権の代表に初めて選ばれました。
初の大舞台とはいえ、日本チャンピオンとして出る以上、周囲の目も違うでしょうし、
プレッシャーもかかってくるはずです。
いい時も悪い時も、声援も批判も両方を受け入れてそれを力にして、
周囲がどんなに変化しても、絶対にブレない強いスケーターになってほしいと思います。

木原万莉子は、2年連続で8位になりました。さらに上の順位を狙っていましたが、
フリーの前半でミスもあり、その目標は達成できませんでした。
しかし去年がまぐれではなく、十分に実力があるということは証明できたと思います。
もう1つ上に行くには、試合で力を出しきれるように、練習を積み重ねていくしかありません。
試合で起こるあらゆる状況を想定しながら、どういう風に対応すればいいか。
それを1つ1つ考えてやっていくことで、また次の目標に到達できるはずです。

最後に、宮原、木原を応援していただいたみなさん、本当にありがとうございました。




辺境の地の果てブログに今年もお付き合いくださった皆様、ありがとうございました。
よいお年を!



関連記事

Comments 2

yuccalina  
No title

mikaidou様
もうすぐ新年ですね。
今年はmikaidou様のブログに出会えて、色々と学ぶこと考えさせられることが多かったです。ありがとうございました。良いお年をお迎えください。
PS キクスラのヤマト先生素敵でしたね。

2014/12/31 (Wed) 20:48 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: No title

yuccalinaさま

こちらこそ、いつも素敵な記事を読ませて頂いて、幸せです!
yuccalinaさまや、沢山の皆さまにブログで出会えてうれしいです。
ありがとうございました。

来年の目標は、「簡潔に書く」です。

・・・できるでしょうか・・・???

2014/12/31 (Wed) 21:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply