FC2ブログ
Welcome to my blog

“伝説の4分”

いつの記事かと思ったら、昨日と今日の2回に分けた記事だった。

スポニチアネックス
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/12/16/kiji/K20141216009467050.html


浅田真央“伝説の4分”(1)絶望を救った初めての「頑張れ」

 日本中が泣いた。2月20日(日本時間同21日)、ソチ五輪フィギュアスケート女子フリーで浅田真央(24=中京大)が圧巻の演技を披露した。ショートプログラム(SP)で55・51点の16位という最悪スタートから一転、フリーで自己ベスト142・71点の逆襲劇。表彰台にも届かない6位だったが、集大成の五輪は見る者の心に深く刻み込まれた。あの“伝説の4分”に秘められた物語が今、明かされる。

 携帯電話が鳴った時、浅田は一人、選手村の食堂にいた。2月20日、ロシア・ソチの午前11時ごろだった。前日(19日)のSPの失意を引きずりながら、少し早めのランチタイム。電話に手を伸ばし、通話ボタンを押す。日本で見守っていた姉・舞さん(26)の声が、耳に届いた。

 「今まで頑張ってきたんだから、今の気持ちのまま臨むの、もったいないよ!絶対できるから、やらないと駄目!最後だから、頑張りなよ!」

 SPは冒頭のトリプルアクセルの転倒など、全てのジャンプを失敗。団体(8日)の64・07点を下回る55・51点は、11~12年シーズン以降のワーストだった。まさかの16位。「自分でも、終わってみて何も分からない…」。現実を受け入れることも、原因を分析することも容易ではなかった。

 フリーは翌20日。これまでSP上位6人が滑る最終組が定位置だった浅田だが、SP16位のため4組中2組目での滑走になった。SPを滑り終えた9時間後の午前8時35分に、20日の公式練習がスタート。前夜、なかなか寝付けず、浅田は予定の時間に起きられなかった。バスには間に合ったが、ウオーミングアップなど準備が遅れ、練習に少し遅刻した。

 公式練習の浅田は、ミスを連発した。覇気もなく、顔色も悪かった。日本にいた舞さんは、テレビで練習の様子を見た。いつもの妹でないことは明白だった。「これは、話をしないといけない」。SP後、舞さんは無料通信アプリ「LINE」でメッセージを送っている。「既読」にはなったが、返信はない。だから、電話をかけた。ソチとの時差は5時間。日本の午後4時ごろだった。

 10年バンクーバー五輪。舞さんは現地で浅田を応援した。だが、これ以降、会場で応援する回数は激減し、大会期間中も連絡を取らないように努めてきた。家族と触れることで、どこか甘えてしまう妹を知っていたから。だが、ソチでは自ら定めた“ルール”を破った。「何でですかね。今まで“頑張れ”なんて言ったことなかったのに、自然と出ちゃった」と舞さんは振り返った。

 姉との電話を終えた浅田は関係者に漏らした。「ホッとした」。厳しく、優しい舞さんの激励が、絶望から救ってくれた。ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」で臨んだフリー。浅田の心は、軽くなっていた。



浅田真央“伝説の4分”(2)聞いてないようで“効いていた”言葉

 2月20日(日本時間同21日)、ソチ五輪フィギュアスケート女子フリー。集大成のリンクに向かう浅田真央(24=中京大)に掛けた言葉は、いつもと同じだった。フリー演技直前、フェンスを挟み、佐藤信夫コーチ(72)は語り掛けた。「あなたは考えられるだけの練習をキチッと全部やってきた。できない理由はない。僕にはできない理由が見つからない。できて当たり前なんだよ」。浅田はしっかりとうなずき、スタートポジションへ滑走した。

 浅田が姉・舞さんから電話を受ける前、佐藤コーチもまた、浅田に魔法をかけていた。フリー当日、絶不調の公式練習を終え、2人は選手村へのバスを会場内のラウンジで待っていた。「何でそんな話をしようと思ったのか。不思議なもんですね。ふと、ですよ」。世界殿堂にも入っている佐藤コーチは、自身の教え子の話を聞かせた。

 80年レークプラシッド五輪。松村充はへんとうが腫れるなどの体調不良に陥りながら、8位に食い込んだ。当時、「ぶっ倒れたら助けてやる。ぶっ倒れるまでやれ!」と鼓舞した“鬼”は34年後、浅田に「何かあったら絶対に行ってあげるから、心配いらないよ」と声を掛けた。「何十億人がテレビで見ていて、土足でリンクに入ったら主催者は怒るでしょうけどね、私は行く。そういう気持ちで伝えた」と同コーチは明かした。

 この時、浅田は相づちを打つこともなく、ずっと黙り込んでいた。視線も合わなかった。佐藤コーチは思った。「知ら~ん顔してるし、絶対に何も聞いとらんわ…」。ソチは同コーチにとって、選手時代を含めて11度目の五輪だったが、実は他の選手の演技を見られる初めてのチャンスだった。SP16位のため、浅田が4組中2組目で滑走することになったから。同コーチは最終組の演技まで堪能し、報道陣に対応するため取材エリアへ。そこで初めて知った。フリーを終えた浅田が、自らこのエピソードを明かしていたことを。

 これまでも浅田は佐藤コーチの話を聞いていないようで、実は聞いていたということが何度もあった。「技術的な話をしても、知らん顔してる。でも、次の日にはちゃんと言った通りに滑っている」と同コーチは笑う。10~11年シーズンから師弟関係を結び、スケーティングの基礎から見直してきた。フリーで見せたノーミスの演技。引き揚げてきた愛弟子に、72歳は言った。「ほら、やっぱりできたじゃない」。浅田は泣きながら、ニッコリと笑った。



続きがあるようなので、また明日、というところなのだろうか。

記名がないので新聞社内部の記者の書いたものだろうと思う。

スポニチのスポーツニュースランキングの1位と3位はこの記事。
4位から7位にはずらっと羽生選手記事。

ところで、私が大好きだったフィギュアスケート選手の一人、澤田亜紀さんの記事が上がっていた。
選手時代の経験から、この切実さも、フィギュアスケートの現実なのだと複雑だった。

スポーツナビ
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/figureskate/all/1415/columndtl/201412160001-spnavi?page=2

教える立場になった澤田亜紀の願い
フィギュアスケート育成の現場から(4)


松原孝臣
2014年12月16日 13:04

「フィギュアへの注目が落ちないでほしい」

 日本のフィギュアスケート界は、長年にわたり牽引(けんいん)してきた選手たちの姿がなくなり、新しい選手たちがグランプリシリーズに出場している。

「バンクーバーの翌シーズン、東京で世界選手権が予定されていましたよね? たぶん、そこで競技生活を終えようと考えていた選手は多かったと思います。でも、震災(東日本大震災)があって世界選手権の場所も時期もかわり、そこでソチまで続けようと切り替えた選手もいたんじゃないでしょうか。それで今が、世代交代が進んでいく時期になったように思います」

 そう言いつつ、昨年12月の全日本選手権について触れた。

「さいたまスーパーアリーナにいたのですが、高橋大ちゃん(大輔)が滑っているとき、会場の空気がすごいなと思いました。あれはほんとうに、すごかった。あの空気というのは、これからはもうないのかもしれないと考えることがあるんです」

 どこか寂しさも感じさせる言葉のあと、澤田は、こう続けた。

「でも、フィギュアスケートへの注目が落ちないでほしいんです。注目されることって、実はとても大きいと思うんですね。例えば、テレビで放送されているのを見ることも、スケーターにとって、きっとモチベーションになっていると思うんです。ぜひこれからも、大会をゴールデンタイムに流し続けてほしいんですよね」

選手時代の葛藤、経験を越えて

 その注目は、選手たちの活躍あってこそ。選手が頑張って、選手を支えるコーチやスタッフの力があって、日本のフィギュアスケートを押し上げてきた。そしてファンになった人々の存在もまた後押しとなってきた。循環が生まれていた。

 澤田も、同意する。

「はい。日本の選手がみんな頑張って、大活躍してきたからこその注目だと思います。だから、これからもフィギュアスケートがそうであるように、私たちもがんばって選手を育てていかなければならないと思っています。今は教えることに必死ですが、選手に近い年齢でもあるので、何でも相談にのってあげられる存在でいるようにと思っています。技術もそうですが、やっぱりメンタルも大きく影響してくるんですね。メンタル的な不安などを聞ける立場でいられれば、と思います」

 教える立場として、もう一つの思いを抱いている。

「スケートを、いろいろな事情で辞めざるを得ない選手もいると思います。スケートが嫌いになったから辞めるのではなく、どうにもならない理由で、泣く泣く離れていかざるを得ない選手たちがいます。でも、もしそうであったとしても、最後はスケートが好きだと思ってもらえる、辞めたあともずっと好きでいてくれる選手をたくさん育てていきたい。それが一番の願いです」
 
葛藤を抱えながら取り組んでいた時期があり、さまざまな経験をしながら競技生活を送ってきたからこその言葉でもあるように思えた。



スケ連こそ、こういった選手たちの夢を諦めさせないですむ経済力も権力も持っているはずなのだけれど。

去年の黒字、これからの補助金、一体誰の懐に入ってるのかしらね。

関連記事

Comments 2

yuccalina  
No title

こんばんは。

> スケ連こそ、こういった選手たちの夢を諦めさせないですむ経済力も権力も持っているはずなのだけれど。
> 去年の黒字、これからの補助金、一体誰の懐に入ってるのかしらね。

本当におっしゃる通りだと思います。自分が得するよりもフィギュアスケート全体のこと、スポーツとしての未来を考えれば、澤田さんのような方達を支える為に、もっとお金を使うべきですよね。

2014/12/18 (Thu) 18:46 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: No title

yuccalinaさま

この記事、別記事にすれば良かったと思いながら、載せちゃいました。
「フィギュアスケートへの注目が落ちないでほしいんです。」という言葉は素直な選手側に立つ人の気持ちなんだなとフクザツです。
例え報道的にどうなの?と思う点はあっても、競技者にとってはまた違う側面もあるのですね。

ところで、コメ欄が違うよ、とは思いますが、yuccalinaさまのバトルさん振付の記事、素晴らしかったです!
ここで220拍手くらい押します!

こんな方に私の底のあさーいブログを読んで頂けるなんて、ありがたや。
皆さま、リンクがありますので、おススメです。
拙ブログなどすっ飛ばして、「ユッカリーナのヨガ的雑記帳」へGO!
動画も素敵。コンテンポラリー、人体のなせる技の極地!とまで感動してしまいました。

2014/12/18 (Thu) 21:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply