FC2ブログ
Welcome to my blog

探し物はなんですか

武田砂鉄さんの良記事。

この羽生選手の一件で、ようやく胸がスカッとするような記事に出会えた気がいたします。
探している時には見つからず、探すのをやめた途端に見つかるのは、陽水の歌の通りでありました。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141112-00000545-cakes-peo

羽生結弦強行出場問題、女子力高い織田信成だけが男らしかった
cakes 11月12日(水)18時49分配信

先日行われたフィギュアスケート、グランプリシリーズ中国大会の練習中、リンク上で別選手と衝突し流血したにも関わらず、強行出場した羽生結弦。この羽生の姿に、多方面から多くの賛否両論の声が上がりました。しかし、「生々しい現場」に居合わせたにも関わらず、冷静な対応を魅せたのが元フィギュアスケーターの織田信成。普段見せないきりっとした男らしい一面が垣間見えた瞬間を、武田砂鉄さんが解説していきます!


■「彼の目を見て大丈夫だと思った」

本番直前の練習中に中国人選手と正面衝突、頭を強打し流血するも、フリーの演技を強行した羽生結弦。始まる前、顔をしかめながら、止血した頭を押さえていた彼。そんな状態の選手の背中を、運営側と放送局が一致団結するかのようにリンクへと押し出したあの空気は、常軌を逸していた。彼のコーチであるオーサーは「今はヒーローになる時ではない」と説得しつつも最終的に「彼の目を見て大丈夫だと思った」(朝日新聞・11月9日朝刊)と、ジャパニーズスタンダードの体育会系が泣いて喜びそうな根性論で送り出してしまったが(案の定、泣いて喜んでいた)、「目を見れば大丈夫」が脳震盪のリスクを平然と上回っていく様子は異様だった。



 ■「これが男だ!」と興奮した男たち

激突した当初は「演技するべきではない」と繰り返し指摘していた松岡修造だが、いざ演技を終えると「これが男だ!」と興奮してしまった。解説者の佐野稔は「生々しい現場に私は居合わせたこと、とても幸せに思います。そしてその強さを男たちが見せてくれた。いやー、いい中国大会だった」とご機嫌に話した。録画しておいた放送を振り返って確認すると、佐野は演技の前に「(激突による影響は)脳のほうまでいってると思う」と発言している。つまり、脳への影響に気付きながら彼を送り出し、それを「生々しい現場」だったと鼻息荒げているのである。こういう男にスポーツを語る資格があるのだろうか。


 ■ただ一人冷静だった織田信成

感極まる松岡や佐野とは打って変わって、このところ、箸が転がっても泣き散らしている印象すらある織田信成は涙を流さず、至って冷静だった。実況アナが、羽生1人に絞った感動コメントを欲するパスを出しても、織田は「(羽生と激突したエン・カンの)両者に拍手を送りたい」と答え、この騒動の中で演技を披露した「全ての選手にエールを送りたい」とした。今年のソチ五輪で健闘した日本選手勢に対して「おっつー、おっつー、みんなおつかれさーん、焼肉行こうねー」とはしゃいでみせた彼。そんな彼が今回これだけ自分の感情を抑え込んだのは、放送局が直情的に作り上げた「スポ根ドラマ」に頷けなかったからではないか。演技終了後、彼は何を聞かれても羽生とエン・カン両者の名前を挙げて語っていた。いつにも増して、言葉の選び方が慎重だった。


 ■肌が荒れてきたらフェイスパックをする織田信成

この1年、バラエティ番組やトーク番組に数多く出演し、女子力MAXの切り返しで場の空気をほぐす立ち回りとして重宝されてきた織田信成。パンケーキ屋巡りをし、IKKOからもらった洗顔石けんを使い、最新ダイエット情報にも精通し、肌が荒れてきたらフェイスパックをする彼は、『ViVi』の最新号「噂のビューティ70」企画にまで登場、「美容に時間もお金もかけてる女子ってほんとにスゴイ~!」とキャピキャピ弾けている。より具体的な予測をしておけば、そろそろ、こじらせ女子系のコミックエッセイの推薦文でも書くのではないか。


 ■(富士山×長渕)÷織田信成=女子

移動中の新幹線で富士山を見ながら長渕剛の「乾杯」を聞いて泣くのがストレス解消法だと語る織田信成。富士山と長渕の掛け合わせは女子力からは最も遠いはず。しかし、「(富士山×長渕)÷織田信成=」という数式の答えは不思議と「女子」だ。どんなに雄々しいものを掛け合わせてみても、織田信成で割ると女子になる。どんな細胞でも酸に浸すとSTAP細胞になるのと同じ仕組みだが、織田には何度も成功例がある。

今、織田信成を数式に持ち込むと全てが女子化する。織田は、羽生がケガをした後に放送されるバラエティ番組で彼の物真似を披露していたことを、先んじて「大変な時期に不謹慎な事をしてしまい大変申し訳ありません。中国杯以前の収録であった事をご理解して頂けると幸いです」とツイッターに書き込んだ。このきめ細やかなケアもまた、彼の女子度を裏付けるかのようだった。


 ■織田の女子力で性差をバグらせるしかない

羽生の件を、『スッキリ!』で勝谷誠彦が「血を流した羽生くんは美しい」と語り、女性や選手へ暴行騒動を重ねてきた楽天新監督・デーブ大久保は「闘志が凄い。あれが勝負できる男の姿。見習わないといけない」と漏らしてしまう。先述の通り、松岡や佐野はやたらと「男」と繰り返していた。昨年、「安藤美姫選手の出産を支持しますか?」とアンケートをとった週刊誌を思い出したが、とりわけスポーツの世界は、この手のひからびた性差にまだまだ男の物語を込めてしまう。

こうなったら常識的に問うて性差を正すより、織田信成の女子力で性差をバグらせてもらうほうが、ひとまず事は改善に向かうのではという気にもなってくる。これまで織田の女子力をネタとしか受け止めてこなかったが、今回、彼の女子力は、スポ根ドラマを避ける真っ当さを含んでいると教えてくれた。
少なくとも今回、出ていくべきではなかったリンクに出ていく判断をした羽生(とエン・カン)に冷静なメッセージを送ったのは彼だけだった。
女子力を鍛え上げてきた織田が、誰よりも男らしかったのだ。


武田砂鉄



ロシア杯、時間的に大変ですが、小塚選手の復調を待ちたい、待ってます、いやむしろもう絶好調であってほしいと願いつつ・・・。
関連記事

Comments 0

Leave a reply