FC2ブログ
Welcome to my blog

スケカナ、男子フリー

このスケカナでの小塚選手、SPの後キスクラまで歩く時に、少しだけ足を庇って歩いている様子が見えて、痛めているのかと思っていたら、やはりそうだったらしい。

今季の小塚選手、SP、FS共に、プログラムは素晴らしいわ。
本当に素敵なスケーターだと思う。
ジャンプは今回仕方なかったにしても、数年前の小塚選手からは考えられないような上半身の柔らかさと情感。
色々な意味で、大人になったんだなあとため息が出るほど、いい。

殿こと織田信成さんが小塚選手の演技中「美しいです」と思わず声に出すのも頷けるわ。

スポーツナビのコラムかブログに、解説者のランキングを付けていた人がいて、殿の解説は「良いことしか言わないから、選手のどこが良くて、どこが悪かったかをきちんと言わなければ視聴者にはわからない」って書いてたんだけど、そうかなあ。

殿の解説には、必ず選手への尊敬の念があると思うのよ。
声の震えにも言葉にも、心の底から選手への思いが満ち溢れていた。
特に小塚選手の時には。

殿は選手の良いところばかりを言っているわけではないわよね。
普段はできていても、この試合で失敗した部分は、どこがどうだったからこうなった、って、ちゃんと言ってるわ。
選手のその日できなかった点ばかりを偉そうにつつくことだけが解説じゃないと思うんだけど。

男子実況は清水アナ。
解説と実況が逆転してんのか?ってな感じもあったけれど、殿の解説、ほんとにいいわ。

私たちが試合で見るのは選手の氷上にいるほんの一瞬。
生活のほとんどすべてをスケートに捧げている彼らの膨大な時間を知っていなければ、決してわからないことが、殿には実感としてわかるからこその、あの解説なんだと思うわ。

それにしても、テレ朝のアナウンサーも、少し黙れや、殿に喋らせろや、ってところが多いのはみな一緒ね。

アーロンくんの解説なんて、今後の課題を演技後に話してくれてたけど、すごく的確だったと思うわよ。

「フリーレッグ、腕の使い方などが更に繊細になっていくと、より曲を表現できると思うので、そういったところが加わってくると、より強い選手になるのではないかと思います」

これが私の心の中では、「なんでこの人いつまでもジャンプの後の足、定まらないのよお、腕、下がりっぱなしじゃんよ、これは振付のせいじゃないでしょーよ、何とかしろよ、せっかくいい演技なのにい」なのである。
おんなじこと思ってても、殿の優しい言葉遣いなら、なんら選手を貶めることなく、傷つけることなく、解説になる。

そう言った上で、ステップ、スピン、ジャンプのここが良かったってところもきちっと言う。
私みたいにアーロンくんの眉毛とヘアスタイルばっかり毎年チェックしてるようなおばさんなんか、殿の品の良さに脱帽よ。

しっかし、男子を見てて思うのは、男子でさえ3Aに苦心してる選手が多いってことよ。

この3Aを女子で入れ、しかも演技の全てを美しく高い技術で滑って、8回ものトリプルジャンプをフリーに跳んだ選手って、どんだけ凄いのよ?

さて、無良選手、素晴らしかったわね。冒頭3つのジャンプのあの高さ、美しさ。
白黒の手袋をしたその手で、顔を覆う最初と最後のあの振付も、ゾクゾクしたわ。

点数が出た時の無良選手の涙には、もらい泣き。
昨シーズンは、辛かったって、何かの記事に出てたけど、その分、嬉しかったんだろうな。

ハビは、疲れていたのかしら?
ステップがSPに比べて重くてスピードも出なかったわね。

来週は中国杯。
羽生君、ですね。
3試合連続で日本男子が金メダルだったら、すごいわね。

ああ、やっぱり、見ちゃうのね。きっと。




関連記事

Comments 0

Leave a reply