FC2ブログ
Welcome to my blog

搾取のゆくえ

http://news.nifty.com/cs/sports/athleticdetail/postseven-20141024-283263/1.htm

引退の高橋大輔 「集金係は嫌」とスケート連盟の登録抹消か
2014年10月24日(金)7時0分配信 NEWSポストセブン

「引退に関しては、誰にも相談していない。自分で決めて、あとはすべて事後報告です」

 10月14日、生まれ育った地元・岡山で引退を発表した高橋大輔(28才)。しかしもう、“現役復帰”を望む声が上がっている。

「フィギュアの世界では、一度引退した選手が現役復帰するのは珍しいことではありません。復帰するには、ドーピング検査をする国際機関への再登録のほかに、出場する大会期間中に、その大会のスポンサーとは別の企業の商業活動ができないといった制約がある程度です。ロシアのプルシェンコ(31才)のようにアマとプロを行き来する人もいますし、1992年のアルベールビル五輪で引退したあと、1998年の長野五輪にむけて復帰した伊藤みどり(45才)の例もあります」(スポーツ紙記者)

 ところが高橋の中では、今のところ復帰は完全白紙だという。

どうやら彼は、スケート連盟の登録を抹消するつもりのようです。登録があれば、連盟が窓口となって開催しているアイスショーへの出場オファーなどを受けやすいというメリットがあります。昨年末に引退した安藤美姫(26才)は、スケート連盟にフィギュア選手としての選手登録が残ったままなんです。

 でもそうすると、選手の窓口はスケート連盟になりますから、例えばスポンサー離れを食い止めるために使われることもあります。“○○選手はまだうちに所属してますよ”って。連盟は、高橋選手にもこの手法をとろうとしたんですが、彼は引退したのに、連盟の“集金係”のままではいたくないのでしょう。本当の意味でまっさらの状態になりたいんだと思います」
前出・スポーツ紙記者)

※女性セブン2014年11月6日号



こうして、唯一無二のスケーターが、引退するという。
自ら退路を断つようにして。
スケ連のやってることが「疑念」だろうか?
「集金係」だなんて、本人が言った言葉ではないだろうに、これは逆にイメージダウンでも狙ったつもりかしら。

スケ連は、日本のスケーターをこうして潰していくつもりね。

テロ朝はGPSで盛り上げるつもりだろうけれど、「運よく出場かなった」という数組の某国スケーターの参加するGPSで、早速不可解爆上げが始まるのは見ものだわね。

ぴよぴよ党さまのブログにこの辺りは詳しく載せてくださってるわ。

1号2号を手始めに、若手を次々に送り込む、その某国のお手伝いで忙しい日本のスケ連、羽生選手以外を育てる気もなさそうだし。


http://www.news-postseven.com/archives/20140417_252069.html

日本スケート連盟「選手のスポンサー料、出演料は10%受領」
2014.04.17 16:00

4月10日、中国のスポーツサイト・騰訊体育がこんな記事を報じた。《浅田の4000万元近い年収が搾取されている》──記事によると、浅田真央は試合の賞金、アイスショーの報酬、広告出演料、日本スケート連盟の補助金やスポンサー契約料などを合わせ4000万元(=約6億5000万円)もの収入があるが、そのうちの約95%が日本スケート連盟やマネジメント会社などから「搾取」されているというのだ。

「このサイトは中国で1位、2位を争う大規模なウェブサイトです。誇張されていることがないことはありませんが、信憑性のある記事として中国では受け入れられています。今回の記事で“年収6億5000万円”や“95%搾取”はいいすぎかもしれませんが、浅田選手をはじめ、アマチュアスケーターの収入の多くが連盟やマネジメント会社に入っているのは有名な話です」(スポーツジャーナリスト)

 事実関係について日本スケート連盟に話を聞くと、「規程に基づき、スポンサー料、出演料は10%しか受領しておりません」と答えた。となると、町田樹(24才)や村上佳菜子(19才)のケースのように、連盟が直接マネジメントしている場合、この規程では90%が選手個人に、10%が連盟に入ることになる。

 しかし浅田や羽生結弦のように、連盟ではなくマネジメント会社に所属している場合は話が変わってくる。

「スポンサー契約を結んだり、講演会やテレビ出演を決めたりするのはマネジメント会社になります。その場合、その契約ごとに、取り分をマネジメント会社と連盟で決めることになっているんです。その割合は明確化されていないのでわかりませんが、20%から50%を連盟に納付することになると報じられたこともありました。

 しかし人気選手になるほど、取材やテレビ出演、スポンサー契約、CM出演など、いろいろな話が出てきます。そういった不慣れなことに振り回されずに競技に集中するには、マネジメント会社に頼る必要が出てくるんです。その場合、マネジメント会社側の取り分がどれぐらいなのかは明かされていません」(スケート関係者)

 さらに、別のスケート関係者がこんな話をする。

「そもそもアマチュアにもかかわらずCM出演料など、大きな収入があるのが他のアマチュア競技とは違うのかもしれませんが、その収入を連盟に納めたものの、それがどのように使われているかが不明瞭ゆえ疑念の対象となっている面もあります」

※女性セブン2014年5月1日号



スケ連について、ちゃんと書けばいいのに。
遠回しなんだもん。
「疑念」じゃないってば。
関連記事

Comments 0

Leave a reply