FC2ブログ
Welcome to my blog

frienemy

こちら https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%8D%E3%83%9F%E3%83%BC-191545





知恵蔵miniの解説によれば

 フレネミー

友人を装った敵(害を与える人)のこと。「friend」(友)と「enemy」(敵)を組み合わせた混成語。フレネミーには大きく「利用するタイプ」と「従属させるタイプ」の2種があるとされる。「利用するタイプ」は有益な相手を利用しつつ裏で相手を低める。
「従属させるタイプ」は相手を奴隷化しようとする。相手への敵意をあからさまにしないのが特徴で、影で相手に悪影響を及ぼす。
自己愛・プライド・嫉妬心の強さがフレネミーとなる大きな原因とされ、女性、特に中年期の女性に多い



この解説の続きにもあるのだけれど、SATCのエイダンとキャリーが別れた後の話にも、この「フレネミー」を描いた回があったわね。
でも、あの「フレネミー」は「友人のふり」すらしておらず、非常にわかりやすい只の噂垂れ流し女だった。
フレネミー攻撃っていっても、あのくらい、なんぼのもんでもなかろう。

夕べ、荒川副会長のことで、何かあったのかしらと彼女のTwitterを読んでいたのだけれど。

BSの「フレンズトーク」で十分見せて頂いていたにも関わらず、改めて、うんざりしましたわ。

やはりこの人は、安藤さんとは表現は違っても、メンタルは同じ「私が女王様」。

そして、浮かんだ言葉は正に「フレネミー」。

フレネミーには大きく「利用するタイプ」と「従属させるタイプ」の2種があるとされる。



高橋大輔と安藤美姫を従えた写真

shizuka.png

まさにこの両方を常々やってみせているのがこの人。
日付をご覧あれ。
このタイミング。

ショーやトーク番組では高橋大輔を子分に従え、そのくせ高橋に降りかかる火の粉はするりと無関係な顔でスルー。

この写真も、自分が真ん中で綺麗にウツッテルと判断したのか?
そして大輔さんがどんな風に見えるかも考えず、UP。

安藤さんは計算をしないのかできないのか知らないけど、仲良しパフォーマンスをしたところで、下げ対象になるのはあくまでもご自分である。

ところがこの副会長、

有益な相手を利用しつつ裏で相手を低める。
相手への敵意をあからさまにしないのが特徴で、影で相手に悪影響を及ぼす。



各所であの高橋の演技を見たことがあるのかと思えるようなひどい書き込みを見かけるたびに、悲しくなる。
それはこの荒川副会長の演技が好きだった方々とて同じ思いであろう。

不肖、スケートにはとんと疎い私でさえ、トリノ前、漏れ聞くこの人の根性というか、「新採点に対応するために」「少しでも点数を稼ぐため」を連発していた彼女を応援し、オリンピックのこの人の演技の美しさには涙したものよ。

橋本会長より、下手すりゃ性質がよろしくない、この人。

フィギュアスケートを「自分目線」で語るこの人の「フレンズトーク」は本当に胸糞悪い番組なのだけど、あの番組で垂れ流した彼女の本音を私は忘れはしないわ。

スケ連がうましかなのは、昨今の「フィギュアスケート人気」が、「競技」に対する人気だと勘違いしているところである。
元々がお金がかかるマイナー競技。

スター選手、それも、アートと言って良いほどまでその競技の質を高めた選手達に、人々は熱狂したのではないのか。

本当にその競技に人気があるのなら、なぜ日本各地にスケート場が増えない?
逆に減る一方ではないか。

あの某国企業、「お口の恋人」が流す私のケン・ソゴルのCMの酷さを見ればわかるだろう。

どんな勘違いしてんだよ、と。

スケ連のやってきたことを見事に踏襲するのか、副会長。
今も、やってるんだから、やるでしょう。

「先輩」の顔をして。
いかにも、「選手のことは、私がよくわかってます」って顔して。

アルメニアのリンクのことも、あれが引き起こした結果について何とも思ってないのなら、フィギュアスケートの選手にとって、今最も注意すべき「フレネミー」こそ、この人じゃないかしら。


僭越ながら、荒川副会長が言ってたことをちらっと書いているのがこちら
http://mikaidou789.blog.fc2.com/blog-entry-363.html
関連記事

Comments 6

翡翠  
No title

フレネミー・・・初めて聞きました。
こういう人っている!確かにっ!
悪意、敵意むき出し、だと
わかりやすいけど、
自分が悪く思われるのは絶対
嫌な人なんですね。

あくまでも「いい人」と思われたい。
だからフレンドリーです。でも
本当は「自分が一番」でないと気がすまないのでしょう。
上手に相手を持ち上げるように見せかけ
警戒心を失わせるが、嫉妬心とか
競争心とかが激しいので・・・・。
アラカーさんの場合、
攻撃はしないまでも、相手を守ってあげるなんてことはしない・・・。みたいな・・・。
こういう人こそ注意しないといけませんな。日本人は基本、人がいいから・・・・。
まあ~こんな人が副会長では
改善などは程遠い・・・のでしょうね・・。

2014/10/21 (Tue) 10:05 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: No title

翡翠さま

そうなんですよね。こういった「わかりにくい悪意」、そうとは気が付かれない「落とし」は本当に厄介だなあと思います。

荒川副会長、あのおバカ会長とどういう風に「仲良し」していくのか、見ものです。


2014/10/21 (Tue) 18:17 | EDIT | REPLY |   
sona  
持たざる者は幸いである

荒川さん、ky、ゆづ。

みどりさん、真央さん、高橋君。

金メダル組とそうでない組。

持たざる者は幸いである。この世的なしがらみに支配されないから。

持たざる者は幸いである。彼らの本質は変わらないから。その美しさも変わらないのだ。

持ってしまった者はこの世的な栄光を手にするかわり、本質を手放す。結果本来長所だった個所が災いとなる。

荒川さん、元々頭の良い人ですが、今や彼女の発言は政治家のようです。私生活でも家族ができ、守りたいものが増えたので、もうどうにもなりませんね。

ゆづについては、残念なことこの上ないです。


2014/10/21 (Tue) 23:52 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: 持たざる者は幸いである

sonaさま

いつも素敵なコメントありがとうございます。

持ってしまった者・・・。

アイスショーのソト子を見た時も、実はメダルに関してどうこう、というのではないのですが、オーラというか、存在感に関して、メリチャリとさえ比べることはできないなあ、なんて思っていました。

勿論、真央ちゃんのあの存在感と比べることなど、できません。
OP金メダルの価値って、何だろうと思わずにはいられません。

荒川さん、立ち回るのが上手に見えても、所詮は狭い世界の中のことですよね。

特に日本人、昔からスポーツ選手の金メダリストの引退後の価値は、メディアの露出が高くなるほど軽くなるように感じます。

その点、織田さんあっこさんは逆によかったかもしれませんね。
彼らの魅力が今や全開ですもん。

八木沼さんが、ミドリ様、副会長と出ていた「ぼくらの時代」でしたっけ?あの番組の中で
「私はメダルを取っていないので、そういったことで、解説にも一歩引いてしまう部分があって・・・」といったようなことを話していました。

その分、選手たちにわずかながらも謙虚でいられるのかもしれませんね。

おっしゃる通り、「持たざる者は幸い」。

ソチも、茶番も、あの結果で良かったとは逆立ちしても言えませんが、それでも、真央ちゃん大輔さん、ミドリ様を、とても誇りに思います。

2014/10/22 (Wed) 18:54 | EDIT | REPLY |   
yuccalina  
No title

おはようございます。

今朝の新聞、女性セブンの広告に
「高橋大輔“俺はスケート連盟の集金係じゃない”」の見出しが出てました。

記事は読んでませんし、大輔さんが直接記者に言う訳もないですが、どこかで不満を漏らしているのかしら?だったら、アラカーさんとも距離を置いた方が良いですよね。

スケート界との付き合いを完全無くすことは無理でしょうけど、友達面して利用することしか考えてない人とは、ビジネスライクに接するしかないと。

本当の友人とはお互いを尊重し合えるもの。正直引退してからの人生の方が長いんですから、つき合う相手を選んで良いと思います。

2014/10/23 (Thu) 09:38 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: No title

yuccalinaさま

おおっ!新聞もとらず、テレビのニュースも真面目に見ない情報弱者に、ありがたいコメントでございます!

>「高橋大輔“俺はスケート連盟の集金係じゃない”」
すっごいタイトルですね。

ってか、この内容が、選手擁護なのか、連盟御用達による記事なのか、興味シンシンです。

早速、コンビニに走りまーす!

2014/10/23 (Thu) 17:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply