FC2ブログ
Welcome to my blog

ももイルカ

今朝、TVの地上波をなんとなくつけていたら、ももクロが南こうせつとイベントで一緒に何かやっているとかいう映像が。

見るともなく見ていると、「南瓜色」(ハロウィンと言ってもいいかもしれない)のももクロっぽい衣装の女の子が歌っている。
「・・・・・・・・!!!!!」

 「もも、もももクロがっぁあああああっ!」と叫ぶ私。

息子は、「何このメンバー?」と言いつつ別段驚きもしない。

「ちがうっってば!この子はメンバーじゃないよっ!孫がいるっ!あのなごり雪のっ!」

「へ? 孫? んなわけねーだろ」

画面が「木綿のハンカチーフ」、太田裕美も映し出す。
こっちは昔の「木綿のハンカチーフ」のまま、列車ではなく時を止めて歌っている。

「昭和の人が、ももクロと一緒に歌ってるんだよ!
わかる?
音楽の教科書になごり雪のってたんじゃなかった?」


そしてまたテレビにはハロウィンのメイドみたいな衣装で何の違和感もなくももクロと同化している「イルカ」が。

丁度テロップには「イルカ(63)」と出ているではないか。

「ほらっ!63歳だよ!」

息子は歯磨き中だったのだが、ちょっと気の毒なありさまになった。

「うそ・・・・・・・。」
「魔物?」


「今は美魔女っていうんだよ。」

あの「イルカ」さんが、美魔女としてももクロと歌っている。

私は俄然、年を取る気になってきた。

こんな風に世間をビックリさせる「婆さん」になれたら、どんなに楽しかろう。

しかも若く美しい、という路線とはちょっと違っていい。
別に賀来千香子にならなくてもいいわけだ。

「イルカ(63)」になら、髪を二つ結びにしてなれそうではないか?

出勤前のユンケル飲みながら、「元気いっぱつ」、今日もやれそうな気もしないでもなかったわ。
関連記事

Comments 0

Leave a reply