FC2ブログ
Welcome to my blog

あーらし、あーらしー(歌)

最近めっきり訪れる機会も減ってはいるけれど、それでも時々お邪魔する「フィギュアスケート村」。

たくさんのブログ様の記事タイトルのみ見て済ませることも多々あったわ。

その中で、結構な荒れ模様があったとも知らず、能天気にスルーしておりました。

とりあえずコメ欄が賑やかな(荒れてる、か)ブログ様をお訪ねしてみたんだけど、なんか、えらいこっちゃなことになってたわね。

私は基本的に特定の「○○選手大好きブログ」系の方の記事はお題だけでスルー。
後は決まったお気に入りのブログ様をえっちらおっちら追いかけさせていただくだけなんだけど。

今回も選手についてコメント波動砲が発射され、そこに集う方々がドン引きの末応戦バズーカするという「嵐」が。

自分の見方と違う角度の記事を他のブログ様で読ませていただくと、「おおっ!こう見るかっ!」と単純にフムフムするんだけど、そこに波動砲(古いわね)持ってくる方もいらっしゃるわけで。

人それぞれとは思いながらも、なんだか選手たちのこれまでの努力が、結果としてどーしてこんな「嵐」でぶっ飛ばされるのかと悲しい。

フィギュアスケートは、「オレもやってたぜ!」という経験者が少ない競技だと思うわ。
それだけに、競技そのものを自分も楽しみながら、チームや選手を応援するとか、自分も星一徹になってみるとかいう人も限られている特殊なスポーツかもしれない。

選手と彼らを取り巻く組織や環境について、世間が知るにはあまりに小さく、遠い世界。
だけど憧れずにはいられず、遠巻きにあーだこーだ、今だこうしてブログに書いちゃったりするんだろうけれども。

おかしな採点は間違いなくあるわよ。
贔屓だって、優遇だって人と場合によってあると思うわ。
でも日本人選手の場合、組織の都合で上げ下げ対象は都度変わるでしょ。

常に国内でさえdisられ続けてきたのは浅田真央一人だと思うけれど。

組織としてのスケ連は、ソチの選考にあたっては、小塚選手にも、高橋大輔にも余計なプレッシャーを与え、選手生命を軽視したわ。選考基準は決められていたとはいえ、書いてたことと、言ってたことが全然違ってたじゃないの。

1. 1人目は全日本選手権優勝者を選考する。
2. 2人目は、全日本2位、3位の選手とグランプリファイナルの日本人表彰台最上位者の中から選考を行う。
3. 3人目は、2の選考から漏れた選手と、全日本選手権終了時点での世界ランキング日本人上位3名、ISUシーズンベストスコアの日本人上位3名選手の中から選考を行う。



スケ連はまず、「全日本」の結果を最も重視するとかなんとか言ってたけど、だから大輔さんはケガを押してあの全日本に賭けた。
でも実際スケ連はこの3番目の選考基準でどんな判断もできるようにしてたんじゃないの?
選考に関しては、小塚選手だって傷ついた。もちろんそれ以前に、殿のはしごも外してたじゃないの。

スケ連はどの選手も守らず、ソチ前にすでに心身共に疲弊させたわけでしょ。
そういう意味で、私はあの時ですら、高橋はスケ連に優遇されたとは思ってないのよ。
高橋を選びたいという意思が先にあったとしても、いかにも自分たちの公平さを装うことで、高橋を追い詰め、結果としてコンディションを最悪にさせてソチに送り出した。

コメント欄でそこに関係ない他の選手に向かって波動砲ぶっ放すくらいなら、誰よりも橋本聖子に向かって凸電した方がよほど選手のためになると思うんだけどな。

関連記事

Comments 2

yuccalina  
No title

こんにちは。

私も特定の選手を追うよりは、それぞれの素晴らしいところを楽しみたい方なので、原理主義っぽいファンブログはあまり見ないようにしています。それでも、”荒し”は色んなところに出没するもので、見たくないコメントも目にしてしまうと、ガッカリします。

ちょっと違った意見をすぐに「誹謗中傷」だと騒ぐ被害者意識は、何となくどこかの国の人々と似てなくないような、、、。

同じフィギュアスケートを愛する者同士だったら、つまらないいがみ合いはしたくないものです。何にでもいちゃもんをつけたいケンカ好きの人々だったら、どうしようもないかもしれませんけど。

2014/09/11 (Thu) 13:45 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: No title

yuccalinaさま

もうちょっとユルい感じの応酬なら、面白くてそれはそれで読み応えがあるのになあって、残念です。
ってか、あの写真のおかげで、選手たちもファン同士もアレな感じになっちゃうのも、ツライなあ、と。

2014/09/11 (Thu) 17:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply