FC2ブログ
Welcome to my blog

世界を回せ!

夕べ、ちょうど読んでたのがこちら

「地球のかたちを哲学する」 ギヨーム・デュプラ著 西村書店

71zVXpn+lYL.jpg

「地球のかたちはどんなかたち?」
人類が太古の昔から描いてきた、自分たちが住むこの星の形が、どのように想像されてきたのか?
この世界、地球は時代や国や種族によって、様々なとらえ方をされてきた。
昔の人々がどのように地球をイメージしてきたのか、伝説と宗教、宗教と科学がないまぜになった混沌とした世界が、今ではグーグルで見ることができるようにまでなった。
だけど、この絵本(分類としては自然科学だけれど)は自分の手で絵を開いて見ながら、地面の下にはもう一つのさかさまの世界がある、とか、大地の下には別の世界がいくつもあるかもしれない、とか地中にトンネルがあって、夕日が沈むと、そのトンネルを半周して、また次の日に夜明けとともに太陽が地上に顔を出すのだ、とか、そりゃもう、しかけ絵本の楽しみと、昔の人たちの想像力の豊かさに笑顔にならずにはいられない本だ。

61IG65FfSeL.jpg
地球は平らで、その下は大蛇によって支えられてるとか。

スケートリンクみたいな長方形ってのもあった。

自分たちが目にする大きな山や川は、信仰する神様が作ったもの。
みなそれぞれ違うようでいて、やはり世界、地球は「どこか」に浮いていて、「何か」に支えられ、地中は何層にもなり、その下、マグマを地獄と表現してきた、そのあたりの共通点も垣間見える。

61kv2jOZ7yL.jpg

そして今朝、 「毎日少しずつ」の主様にコメントで教えていただいた
maonimation さま作の動画 「Spin the World Around - 浅田真央 」
たぶんこれだと思うのだけれど、見てびっくり。

maoが宇宙を飛んでいる!
星の間を飛ぶかのように、トリプルアクセルを飛んでいる!

私の頭の中の世界は、すぐに夕べの絵本の世界に逆戻り。
地球は平らなスケートリンクでできていて、その世界中をmaoが滑る。
その平らな地球はタラママの人差指でクルクル回ってる、そんな 光景が目に浮かぶ。




こんなに、世界中で飛び続けて来たんだね。
すごいことだと、思う。

こんな話もこちらのブログ様で知って、不思議な気持ちになった。
浅田真央試論
http://tripleaxel.cocolog-nifty.com/

関連記事

Comments 4

びるあけむ  

MAO-A、初めて知りました。ありがとうございます。
mikaidouさんの読まれた絵本と真央ちゃん動画のイメージが重なることも。
素敵なことは繋がっているんですね。嬉しくなりました。

夏風邪から口唇ヘルペスに病は移行してしまいました。暑いけどマスクして外出か日が暮れてから活動しています。mikaidouさんもご自愛くださいね。

2014/08/04 (Mon) 10:57 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: タイトルなし

ぴるあけむさま

コメントありがとうございます!
この絵本と一緒に「いし」の写真絵本も見ていたら、石の断面がそれは綺麗で、まるで小さな地球のようでした。

MAO-A、本当に不思議ですよね。
この動画主様が、真央ちゃんの演技に宇宙のイメージを持つことも、すごいなと思います。

身体に堪える夏ですが、笑って、免疫を上げて、お互い頑張りませう!

2014/08/04 (Mon) 12:19 | EDIT | REPLY |   
sona  

この動画を見たのは少し前ですが、多くのブロガーさんの間で話題になっていました。そりゃーそーですよね。このスケール。この完成度の高さ。

改めて見て見ると、彼女の存在の意味が描かれている気がします。天才とは神とつながっている存在だと思うのです。宇宙の映像はその象徴ではないでしょうか。ビックバンの次の瞬間、星の間に真央の微笑みがあった。なんと美しい希望に満ちた歴史の始まり。夏の疲れが幾分緩和されたような気がいたします。

2014/08/04 (Mon) 23:56 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: タイトルなし

sonaさま

そうですよね。
他のコラージュとはちょっと違った動画ですよね。

>星の間に真央の微笑みがあった

って、素敵です。

大輔さん動画とは全く違ったテイストなのもまた面白い!

2014/08/05 (Tue) 00:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply