FC2ブログ
Welcome to my blog

日本の誇り

14歳でカナダの名門大5校に合格した天才児「日本にもたくさんいる」
産経新聞 7月11日(金)12時36分配信

 ■大川翔さん「世界の謎解いてみたい」

 12歳でカナダの高校に飛び級進学し、14歳の今年、同国の名門大学5校に合格した。9月からブリティッシュコロンビア大科学学部に進学する。3万カナダドル(約285万円)の奨学金と研究助手の仕事も提供される破格の待遇だ。両親の仕事の関係で5歳のときカナダへ。9歳でギフテッド(天才児)と認定され、学校とは別の特別教育を受け始めた。
中略
大学入試は、理系科目が得意な年上の中国人学生たちとの戦いでもあった。
「僕の周りに日本人がいないので、どうしても日本代表という意識があります」

 歴史の授業で、日本が国際連盟規約に人種差別撤廃条項を盛り込むよう主張したことを知り、誇らしかった。カナダでは自分の国がいかにいい国かという教育を施し、町中に国旗が翻る。日本に戻ると、国旗がなかなか見当たらない。

 「大学に早く進もうと思った理由のひとつは、世界の謎を解いてみたいという野望です」。生化学と素粒子物理学の融合に関心を寄せている。

 「宇宙の成り立ちや、アルツハイマー、がんなどの治療法を探求したい」。夢はカナダの大自然のように果てしない。(西見由章)



日本人としてのアイデンティティーをしっかり持ちながら、自分の生きていく目的を見つけて前を向いている少年。
こんなニュースは、本当にうれしくてしかたないわ。
天才であるということもだけれど、彼の言葉にはこちらが尊敬してしまうような力強さがみなぎっている。
海外での生活と、彼の立場が、こんなにもこの少年を大人にしたのだろうか。
こんな頼もしい「日本代表」を、応援せずにいられましょうか?


関連記事

Comments 2

びるあけむ  

優秀な少年がいるんですね。才能の芽が摘まれることなくスクスクと伸びていって欲しいです。
気持ちの良い話題に私も嬉しくなりました。

リンクを貼らせていただきました。ありがとうございます。

2014/07/14 (Mon) 18:48 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: タイトルなし

ぴるあけむさま、コメントありがとうございます!

リンク、こちらこそありがとうございます。

この記事、「日本にもいる」というタイトル、効いてますね。
本当にこんな素敵な芽を摘まずに伸ばしてあげられる日本になってほしいですね。

2014/07/14 (Mon) 19:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply