FC2ブログ
Welcome to my blog

わすれんぼ

遠藤周作について調べものをしていて、狐狸庵山人がもう18年近く前に亡くなられていたこともすっかり忘れていた。

「そういえば最近何を書いてらっしゃるのかしら?」などと思ったりして、どうしよう、頭、大丈夫か、私?

とある片田舎の本屋でも、新装版で出た遠藤周作の本の隣には、ちゃんとマンボウこと北杜夫の本が、仲良く並んでいる。

こういう感覚を持った本屋さんなのか、出版社のウリなのかは知らないけれど、なんだかこのお二人が言うところの「女学生」に戻ったようで。
思わずニヤッとした。


遠藤周作夫人順子さんも東洋英和女学院ご卒業だったそうだ。

毎朝見ている「花子とアン」の世界はなんだかどこまでも知らないことだらけの私には、点と点が線になる連続。

過去も現在もごちゃまぜのこの頭で。

とりあえず、「まじめな時の遠藤周作」に立ち向かい、一仕事片づけるしかない・・・。


だって、すぐになんでも忘れてしまうから。


関連記事

Comments 0

Leave a reply