FC2ブログ
Welcome to my blog

スタイル

今日は朝から夜まで、この平凡な私にもたまに訪れる大変な1日だった。
その、わずかな時間にたまたま見たテレビで、驚くべき言葉が語られていたので忘れないうちに
書き留めておこう。
「ムービープラス」で見た「ダイアナ・ヴリーランド 伝説のファッショニスタ」
「ファッションの女帝」と呼ばれたこの女性については、こちらのHPに詳しい。
http://www.afpbb.com/articles/modepress/2915882?pid=9976236

img_0f7c7c43e67891b58a35fc3fe87d4926218634.jpg

彼女が関わった人物はそうそうたる顔ぶれである。
その傑出した慧眼は彼女の言葉の数々にも表れている。

私がわずかな時間を割いてこのドキュメンタリーを見ている間に驚愕したのが彼女の日本観、
特にファッションとしての「キモノ」についてである。

録画していなかったため、正確な言葉ではないのだが、

「キモノは真っ直ぐに立って着るものではない。
しなを作るようにちょっと体を傾けて着るものよ。」
「日本人はすごい。神は日本人に金もダイヤも石油も与えなかったが、
《スタイル》を与えた。」



「スタイル」
この言葉には「生き方」も含んでいると語っていた。
なんという女性だろう、と驚いた。
日本人を語るうえで、これ以上的確で、これ以上の褒め言葉があるだろうか?

彼女はきっと、瞬時に物事の本質を見抜く人だったのだろう。
「キモノ、ゲイシャ」を珍しい東洋のファッションと捉えるだけでは終わらなかった。
007の製作者には申し訳ないが、007の映画の中の日本と日本人は、やはり男性の目で見たものでしかなかった。

浅田真央のこの写真にも、「スタイル」を感じなかったろうか?
b0038294_741516.jpg
b0038294_7542865.jpg

一番好きな映画、ヒッチコックの「裏窓」。
ファッションモデル役のグレースケリーが、ジェームス・スチュアート演ずる恋人のカメラマンに合わせ、ラフないでたちで事件によって両足を骨折してしまった彼の看病をしている映画ラストのあたりの場面だが、やはり彼の写真雑誌か何かの下から取り出して眺めているのはファッション誌「バザール」。
b0230195_23241648.jpg
この映画の彼女も本当におしゃれで、知的で、聡明な恋人だったわね。
どの衣装も素晴らしかったけれど、私は彼女が「お泊り」に持ってきていた「オーバーナイトバッグ」にくぎ付けだった。そこから夢のように現れたネグリジェ(にしては豪華!)にも。

b0170958_14495254.jpg

20111006_e6dd93.jpg
なんと、バービーにもなっていた!ほしい!

あら、今夜も話がそれにそれまくってしまいましたわね。
ほほほ・・・・・。

単純に、うれしかった一言を、書いておきたかっただけの話よ。
関連記事

Comments 0

Leave a reply