FC2ブログ
Welcome to my blog

シェヘラザード

真央展について詳しく書かれているスポーツナビ+のブログを読んでいると、なぜか無性に真央シェヘラを見たくなったので、youtubeへ。

演技も衣装も大好きだったわ。
一番辛い時期だったはずなのに、この無垢な笑顔の美しさには驚かされるほど。
人は辛い時ほど本性が表れるもの。

彼女についてのファンとしての言葉は、youtubeのコメント欄で他の皆様が充分に書いてくださっていたわ。
面白いのが外国のファンの残したコメが、2年前、1年前、7ヶ月前、1週間前などなど、多く残されていることかしら。
浅田真央の動画について回るひどい中傷についても一生懸命擁護してくれていたり、日本はヨーロッパ人が思うより複雑な民族国家、ま、アジアだから、とか。
ヨーロッパの方から見れば、浅田選手の動画にケチ付けに来る某国の輩と、日本人ファンの攻防など、小さなアジアの「コップの中の嵐」かもしれない。それすら理解しようとしながら真央ちゃんをこれほど応援し、動画を見続けてくださっている方々がいることにあらためて感激よ。

岸恵子が「浅田真央の演技にはいつもハラハラさせられる。その点ヨナは・・・」ってなことを「イトイ」で話した(速攻削除されましたけど)あの対談を読んだ時は、マジ切れしたわたくしでございました。
今思うと、スポーツって、ふつうハラハラしながら見るもんじゃないのかしら?
頑張れがんばれ、って応援しながらドキドキハラハラ、そこにスポーツのだいご味ってあるのでは?
そんな普通のことが、あの国の選手と比べるからおかしなことになっただけで。
安心して見ていられるスポーツ選手って、何?苦手を回避することで失敗だけはしない「安心安定」のプレーって、他のスポーツであるんかい?その選手だけは何があっても勝てるってわかって見る試合。
あっても面白くもなんともないでしょうよ。

このシェヘラのユーロ解説も日本のより100倍ましでしょ。細かなスピンの入りのミスを指摘しながらも片足超絶ステップとか、エッジワークとか、褒めるとこ褒めてる。
この時期、3Aを2Aにして基礎点は下がっても、あちらで言う完成度は高かったはず。なのに、あの選手とは全然違って、加点とPCS救済がない(この時でも私は低かったと思ったわ)のも一貫してたわね。
こういったジャッジの氷のような意思表示をキスクラで確かめながら、それでも毎日毎日ジャンプ矯正の練習を続けたのね。本当にすごいと思うわ。

泥の中で輝く大輪を咲かせる蓮の花のような、このシェヘラザード。
溌溂と、可憐で美しいわ。
彼女のこの頃の状況の中で、奇跡のようにキラキラと金粉を振りまくようなプログラム。

ショートプログラムが、これほど短く感じられたことはなかったわ。


関連記事

Comments 2

sona  

私もこのパンツの衣装好きでした。後にジャンプが跳びにくいという事でスカートに変更になってしまいましたね。

このプロで一番印象に残っているのは4大陸です。

お母様を亡くされた後の大会だったので、心配でしたが、演技後カメラに向けた笑顔は、清らかな光を放っていて本当に美しかった。彼女をこどもっぽいという人がいるけれど、表現がまちがっていると思う。彼女は清いのです。たいていの人が大人になると失ってしまうものを彼女は持っているのです。

2014/05/10 (Sat) 23:55 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: タイトルなし

そうですね。
「子供っぽい」、って、城田もひろのも、同じ言葉で浅田真央を表現しましたけど、そんなとんちんかんさが自分たちの底の浅さを露呈してるってわかんないのかなあって思います。
清らかさは、年齢を超えますよね。

2014/05/11 (Sun) 22:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply