FC2ブログ
Welcome to my blog

ちょっと笑える

Cakesというサイトのコラム欄に武田砂鉄さんという方が書かれた 「ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 」
第1回があの八木沼純子さん。

フィギュア・八木沼純子の味気ない解説の味わい
武田砂鉄
2014年3月5日

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ、ふとした瞬間に感じる違和感。その違和感を問いただすのが「ワダアキ考 ~テレビの中のわだかまり~」です。毎週その違和感を生み出すひとりの人物にスポットを当て、その違和感の元を探ります。第1回は元スケーターの八木沼純子。日本中が注目したソチ五輪フィギュアスケートでの解説、あなたは何を感じましたか?

トリプルフリップ、ダブルループ、ダブルループ
「あなたの性格を一言で表すと?」と面接官から質問が飛ぶ。隣の隣は「忍耐です」と答え、隣は「天真爛漫です」と答える。無難なヤツらめ。次は自分の番だ。「はい、私の性格を一言で表すと、ダブルトゥループです」。面接官が、こいつなかなかやるな、という顔を向けてくる。主導権を握った自分は続ける。「前向きに滑り、踏み切る前に向きを後ろに変えて、右足の外側のエッジで踏み切る。そして、踏み切りのとき左足のつま先を蹴るのがトゥループです。こうやって自分の前も後ろも左も右も全て使って、羽ばたいていきたいんです」。手元のチェック欄に「○」をつける面接官の姿が見える。

浅田真央の感涙の舞い、列島が感動に包まれた五輪を振り返る映像が繰り返し流される中で、じっと八木沼純子のことを考え直していた。解説の精度ではなく、八木沼が持つ、先生っぽさについてだ。その先生っぽさはひとまず女医っぽさでもいいし、面接官っぽさでもいい。つまり、不特定多数を相手にひとまず冷静でいる立場の人、の佇まい。彼女が競技者のジャンプに合わせて淡々と繰り返す「トリプルサルコー、ダブルトゥループ、ダブルループ」の声を前に、今となってはその意味をちっとも覚えちゃいない「サイン、コサイン、タンジェント」が頭をよぎる。生徒に媚びを売らない、淡々と授業を行う数学の女性教諭がいたっけな。



続きは無料の会員登録がいるってことなので転載はここまでにするけど、なんか、八木沼さんに関して、うんうんってわかる感じで笑える。
ソチでの解説(にもなってないけど)も、最後はもう邪魔を通り越して耳に勝手に蓋してたくらいのもんだったわ。

元記事はこちらよhttps://cakes.mu/posts/5166
関連記事

Comments 0

Leave a reply