FC2ブログ
Welcome to my blog

次の扉が開くまで

今朝方、眠さもピークに達したころ、大輔さんの演技に思わずテレビの前で正座し直した。

朝のニュース番組で、スケ連理事という肩書の稔が、「膝なんて壊れたっていいんだよ。高橋は思い切りやれ」ってなことを得意げに言い放ったわね。

今、大輔さんはそれでなくても選手生命を賭けた戦いをしてると思うわよ。
十分すぎるほど、あの足で4回転を跳び、ステップを踏み、彼らしい演技をしたでしょ。

プル様でさえ、最後はスケートより、自分の身体が大事だって言ったわよ。
大輔さんの人生だって、これからもずっと続くのよ。

それでも自分の思いのたけを滑って見せてくれる高橋選手に「壊れたっていい」とは何?

朝っぱらからこんなコメントを偶然とはいえ聞かされた挙句、チャンネルを変えたらそこでは蛆が嬉しそうな沢庵ニュース中だったわ。
そして今、蛆の男子フリー中継が始まったところよ。
今から実際の演技が始まるまでの時間、一体蛆は何で番組を埋めるつもりなのかしら。

大輔さんの渾身の演技、そしてケンソゴルの未来人のメンタルを見届ける日がついに来たのね。
こういう気持ちは、なぜかちょっと、失恋に似てる。
スポーツを見てるだけのはずなんだけど。

扉を後ろ手に閉める。そこから出たくはないのに。

関連記事

Comments 0

Leave a reply