FC2ブログ
Welcome to my blog

ペアを見ながら

ソチ五輪、フィギュアスケートのペア、ロシアが1、2フィニッシュで金、銀メダルを獲った。
国や政治がどうであろうと、団体戦の余波で、あれこれ周りがうるさくても、
少なくとも選手達は真摯だと思うわ。
素晴らしかったわ。

【2月13日 AFP】ソチ冬季五輪は12日、フィギュアスケートのペア・フリースケーティング(FS)が行われ、ロシアのタチアナ・ボロソジャー(Tatiana Volosozhar)/マキシム・トランコフ(Maxim Trankov)組が合計236.86点を記録し優勝を果たした。
img_879665ea10b6134f560a95a9ce8e8831147252.jpg
 団体戦で金メダルを獲得している開催国のロシアが、ペアでも表彰台の頂点を守り切り会場を熱気に包んだ。
 メダルの色を期待させる金色の衣装に身を包んだボロソジャー/トランコフ組は、1936年大会以降では初めて母国のリンクで優勝を飾ったペアとなる。2位には、同じく団体戦のFSでロシア代表として活躍したクセニヤ・ストルボワ(Ksenia Stolbova)/ ヒョードル・クリモフ(Fedor Klimov)組が入り、金銀をロシアが独占する結果となった。


ロシアの太鼓応援には賛否はあるだろうけれど、少なくともロシアのファンの姿に「同胞」は重ならない。
「義務」ではない「興奮」、選手たちのひたむきさ。
あのプレッシャーの中で、実力のあるものが実力通りに演ずるという難しさ。
勢いは銀メダルの2人の方があったように思ったが、それは若さなのか。
空中に投げ上げられている間さえ、その姿勢の美しさは奇蹟のようよ。
img_780eb3c3110c73f2323d95cd11ad9843134733.jpg

さて、今夜から明日早朝にかけて、男子シングルがいよいよ始まるわ。
どうしよう、第2グループの最初にはもうプル様が出場。
どうしよう、名前を知らない選手を探す方が難しいわ。
どうしよう、仕事にならないわ。
どうしよう、すっごい緊張してきたっ

0:55~
7:エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)
8:ビクトル・ロマネンコフ(エストニア)
9:ブレンダン・ケリー(豪州)
10:ポール・ボニファシオ・パーキンソン(イタリア)
11:ジェレミー・アボット(米国)
12:ゾルタン・ケレメン(ルーマニア)

1:57~
13:ビクター・パイファー(オーストリア)
14:ハビエル・ラヤ(スペイン)
15:アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)
16:ジェイソン・ブラウン(米国)
17:ケビン・レイノルズ(カナダ)
18:トマシュ・ベルネル(チェコ)

2:45~
19:羽生結弦(日本)
20:ハビエル・フェルナンデス(スペイン)
21:パトリック・チャン(カナダ)
22:アレクサンデル・マヨロフ(スウェーデン)
23:フローラン・アモディオ(フランス)
24:ブライアン・ジュベール(フランス)

3:47
25:ミハル・ブレジナ(チェコ)
26:デニス・テン(カザフスタン)

27:ペテル・リーバース(ドイツ)
28:閻涵(中国)
29:高橋大輔(日本) 4:14~
30:町田樹(日本)  4:20~

※時間は日本時間



このオリンピックでただ一人、「気楽に」やってきて、
「他の選手の滑りを気にしすぎても良いことはありません。一番大事なのは、自分が目標にしている点数を出すことです」
を目標にしてる人もいるそうだわね。

自分の目標とする「演技」ではなく「点数」。
この一言に、この選手の競技姿勢がよーく見えてるわね。

私は浅田選手の金メダルを信じて疑わないけれど、このオリンピックのために身を削るような練習をして、思いのたけを演じようとする選手たちのことはどの選手も応援してるわ。

それにしても、どうしよう、ロンドンOPのあの楽しさはどこへ行ったの?
とりあえず、ごはんだけは先に作って、落ち着かなくてはっ
関連記事

Comments 0

Leave a reply