FC2ブログ
Welcome to my blog

がんばってもほめてもらえないとき

こちらから福岡県庁ホームページ

福岡の高校生たちが、GPFで選手たちのインタビューに挑戦し、試合の結果まで記事にまとめたという。

本職さんより、ずっと素直なインタビュー。

 私は浅田選手に質問をすることが出来ました。
「プレッシャーに負けず、全力を出す秘訣は何か」という質問に
「自分の目標が叶うように努力することが大切だ」と教えてくれました。
浅田選手と話せたことは一生の思い出です。
 



一番素敵だったのはバーチュー&モイヤーペア、デイヴィス&ホワイトペアの取材記事。
こちらこちら
きっと高校生の眼にも、彼らのキラキラオーラは眩しかったに違いないわ。

そして、男子のGPFメダリスト3人の写真にそれぞれつけられたコメントには笑ったわ。

▲繊細かつ力強さ溢れる演技の羽生選手
▲観客を魅了するパトリック選手
▲「失敗して目が覚めた」織田選手


失敗して、目が覚めたんだ~~~って、あと、家に帰ったらお菓子を思いっきり食べたいっていう、そこ、取り上げるんかいっやっぱり。

そして、殿、真央ちゃんともに、素敵なでおちゃめなメッセージを残してるんだけど、ドキッとしたのが羽生くん。
この言葉を引き出すことができたのは、取材したのが自分と同じ年代の学生だったからかもしれないわ。

005.jpg



福岡の高校生にメッセージを。

~羽生結弦選手~

なにか言える立場ではないが、とにかく感謝の気持ちをもってほしい。
どんなにがんばっても褒めてもらえないときは、
期待されていると思って、僕の言葉を思い出してほしい

そして、勉強などをがんばってほしい。



これはとても含蓄のある言葉だと思う。
羽生くんがまだ少年だということを、この言葉で思い出した。
大人は、こんなことは言わないものだ。
この状況、実は少年である本人にとってはとても厳しい。
期待されているとでも思わなくては、なぜ自分ばかり・・・と辛くなる。
本当にがんばっている部分には誰も目を向けてはくれず、
納得のできないところで評価を受けてしまうことへのとまどい。


どんなにがんばっても褒めてもらえないとき・・・自分との孤独な戦いのさなかにいるのかもしれない。
自分を信じるには、とても強い気持ちが必要。

誰か、私のケンソゴルを褒めたって!

羽生くんは、できれば、メンタル面の不安を少しでもなくして、ゲームに熱中しなくてもリラックスできるようになるといいと思うわ。難しいと思うけど。
少し前に、荒川さんとのインタビューで、自分の姿勢の悪さはゲームのし過ぎかもしれないと語っていたけど、今回のGPFでは特にその猫背の姿勢が気になった。
フォームが崩れる前に、意識して矯正した方が良いのではと思うのよ。
母の気持ちとしては。そんなところね。

ま、最後の「勉強などをがんばってほしい」にはやっぱり高校生向けの返事らしくて笑っちゃったけど。

バナーパッチワーク1


関連記事

Comments 0

Leave a reply