FC2ブログ
Welcome to my blog

Mao Asada FAN FORUM

Mao Asada FAN FORUM

もし、この辺境の地のブログを読まれた方で、まだこのサイトをご覧になられておられない方がいらっしゃったら、ぜひおススメいたします。

私が今まで知らなかっただけなのね。世界は広いわ。
海外真央ちゃんの熱狂的ファンサイトと思われます。
手作りの真央ちゃんの美しいバナーを送って、それがオフィシャルブログに掲載されたってとっても喜んでいらしたり、日本人がFBでグランプリ初戦の真央ちゃんのインタビューを英語翻訳してくれたって大喜びされてたり。
鼻セレブの今年バージョンの動画を載せて、「ウエディングドレスでhana sereb の宣伝してる!」ってツボってたり。
ペルーから、ローマから、ほんとに色んな国の方々が、真央ちゃんのいいところを語り合っておられるサイト。

「直接会って自分がどんなに真央を敬愛してるか伝えられるとは思わないけれど、それでも真央を誇りに思うし応援し続ける」とか、心温まる書き込みばかり。

ゆっくり読む前に、書き残しておこうと思ったわ。

昨日、ISUの氷のような日本人選手への扱い(まるで存在しないかのような扱いだと個人的には感じたの)で、どよーんと来てた気持ちも、一気にほっこり。
ISUのファン広場なんかで不毛な時間を費やしたのが惜しまれるわ。


こちらのサイト、登録メンバーは現在867名。
登録方法も詳しく載ってるので、メンバーに入れてもらえるかどうか、挑戦してみたいわ。

なぜそう思ったかというと、黄色のゴールデンスピンでの演技についての反応が妙に上品で面白いのよ。
うまく日本語に移し替えることはできないけど、微妙な言い回しの中に、チクッてくる程度の毒を仕込んだ言い回しを黄色に対してしてるのね。
バンクーバー前後からの海外での黄色い女に関する印象操作の効果は絶大だと思うわ。
こんなの読むと、私たちはたとえ英語が苦手でも、どんどん色んな海外サイトで真央ちゃんの素晴らしさを紹介していくべきだと思った。動画を上げるだけでもいい、真央ちゃんの努力をマスコミが伝えないなら、ファンが伝えたっていいんじゃないかしら。

国籍は書いてないんだけど、下に引用したコメントを書いた人は、黄色が演じたSend in the Clownの歌詞の意味を理解することについて書いてるの。
ここではバーブラが歌った曲、と説明してるけどシナトラはじめたくさんの歌い手に歌われてきた素敵な歌よね。その歌詞の意味を理解して演じてるのかって話をしてるのよ。超意訳こんにゃくだけど、バーブラでさえ初めてこの歌をレコーディングした時は、歌詞の意味がわかってなかったって笑い話もしてるわ。
Yet, if turning to the lyrics of the song, the words are simple but quite difficult to understand (unless you're familiar with the story line). 中略
If Yuna would come to understand the lyrics, she has the ability to turn it into a very powerful performance. But I don't think it's her intention to go that way with the interpretation of the song.
「歌詞を見れば、このストーリーラインを知らない限り、言葉はシンプルだけど意味を理解するのは難しいわ。黄色がこの歌詞の意味をよく理解すれば、もっと力強いスケートをする力はあるのかもしれないけど、別に彼女は歌の意味を汲んで演技しようとしてはいないと思う。」


The step sequence scores are distributed generously like candy「ステップシークエンスの得点は、まるでキャンディーみたいに気前よくもらえてるわね。」

I said, the reason she's so consistent, is because her content is fairly easy, if she would try to come anywhere close to Mao in difficulty I'm not talking about 3A), we would see a lot more falls or mesing up.「だけど彼女がいつも同じように演技できるのは、簡単なことをやってるからよね。もし黄色が真央と同じように難しいことをしようとしたら(3アクセルとは言わないわ)、もっと転ぶだろうし、ひどい演技になるでしょうね。」

フィギスケファンの方々の書かれることがどうしてこんなに面白いかっていうと、これは日本人の方たちもそうだけど、知識が幅広くて深い方たちが多いからよね。
スケートの話のはずなんだけど、それは氷山の一角で、その下に持ってる氷山がばかでかい。

こちらの英語はこなれてるので私にはわかりづらいところも多いけど、だからこそ生の声って感じでとても嬉しいわ。掘る掘る、いないし。
この冬の楽しみが増えて、ほんとに嬉しいわ。
花園の組み合わせも出たりしてるけど、いいじゃん、ラグビーは来年でもね。

真央ちゃんにはスケートの神様が、そして私には英語の能力神が降りてきますように!
「スポイラーもOK」っていうフォーラムに入ってみたわ。
もう驚きよ。

スペインに住む女の子は、「すでに全日本をネットで見るのを楽しみにしてる。真央はいつも進化しようとしているのが好き」って。
別の子は、「GPFが盛り上がればいい。無数のジャーナリストたちが、GPFをB級イベントの女王の帰還(という報道)で覆い尽くすのを見ないですむように。」

「怪我したからって試合に出られないと言うのも眉唾だわ。試合に復帰するのに、メディアに周知しながらGPFと同じ週を選んで出てくるなんて。前後の試合だってあるのに、(ぶつからないように)選ぶこともできるのに、GPFから注意をそらそうとするなんて、GPFのために努力してきたすべての選手、関係者に失礼よ」

黄色はマスコミを利用してる。そういった論調が特徴的。
日本だけではないってことよね。
ひどいのは、アシュリーみたいなGPSの出場選手でさえ、GPFがもはや一流の試合ではないからって、試合を欠場させようかと考えてたらしいって話。この方は最後に「甘やかされて、ケガから守ってもらわなきゃならない脆い王女様みたいにね」って、書いてるわ。

そして合言葉のように多くのコメントに繰り返し入っている言葉がある。

水の温度を99度まで上げても、最後の1度がなければ水は沸騰しない。水を沸騰させるのは最後の1度だ。成功の鍵は、あなたがやめたいと思った時、それを持ちこたえる最後の1分に他ならない。

関連記事

Comments 0

Leave a reply