FC2ブログ
Welcome to my blog

挑戦者たち

wf11.jpg
真央ちゃん、優勝おめでとう!
選手のみなさん、ありがとう!

浅田(キリッ) ここでアクセル2回挑戦できたことは、次につながると思います。次はまた必ず飛ぶという気持ちで臨みたい。 


もうすでに、次を見据えたその男前、勝負師と呼んでもいいくらいだわ。

Yahoo!ニュース関連記事
☆ 真央失敗も「次につながる」/フィギュア写真(日刊スポーツ)7日(土)23時56分
☆ 真央の夢、佐藤コーチ「かなえられたら」=フィギュア(スポーツナビ)7日(土)23時27分
☆ <フィギュア>浅田真央 女王の意地2回のトリプルアクセル写真(毎日新聞)7日(土)22時47分
☆ <フィギュア>浅田真央 GPファイナル最多タイ4度目V写真(毎日新聞)7日(土)22時43分
☆ 真央「もうちょっと練習が必要かな」=フィギュア写真(スポーツナビ)7日(土)22時25分


バンクーバー前と、論調が少し、違ってきている気がするのは、気のせい?
これまでかなり何度もがっかりさせられてきたので、マスコミを信用する気は全然ないわ。

だけど???東スポの潮流が、少しずつ他と混じりだしたの?

私、真央ちゃんの本質は、「強さ」なんだと思う。
こんなに良い意味での真の強さを持つ人は少ないわ。
この時折見せる勝気な表情が何より好き。

wf07.jpg


スポーツナビ
2013年12月7日 23:08
浅田「五輪までに自分が目指しているものをしっかりクリアに」

――3選手にお聞きします。今日のFSのジャンプは最高レベルのものか? あとはソチ五輪に向けてどういうふうにやっていきたいか教えてください。

浅田  「今日、自分が挑もうとしていたプログラム構成は、いま自分ができる最高のレベルです。五輪に向けては、まだ行けるか決まっていないんですが、1つひとつ課題をクリアにしていけば近づいてくると思うので、五輪までに自分が目指しているものをしっかりクリアにしていき、試合に臨みたいと思っています」

リプニツカヤ  「連続ジャンプをもう少し難しくできますが、現在のところ私としては最高レベルのプログラムを滑りました。今後については、後半に連続ジャンプを入れることもできるかもしれません。五輪についてはまだ私は選ばれていませんので、ロシアで選考してもらえるように頑張らないといけません。もし選ばれたら、もちろんうれしいし、そうなりたいと思います。ソチでは私ができることをお見せできればいいなと思います」

ワグナー  「全米選手権も間もなくだし、五輪も近づいていますが、エレメントに関しては今回滑ったものとそう変わらないと思います。コンビネーションジャンプが変わるかもしれませんが、ほとんどが同じだと思います。五輪に向けては、FSのプログラムは中身を発展させて、キャラクターを充実させていきたいと思っています。SPについては、もう少し全体的にまとめていきたいと思っています」



この3人だけじゃないわ。
このGPFで戦った女子、真央ちゃんは別にしても、種類は様々でもしっかり3-3を飛んできてる。
今回たまたまFSで崩れた選手が多かっただけで、これまでも素晴らしい質のジャンプを飛び、難しいエレメンツをものにしてきてるわ。
全員が、チャレンジャーよ。

">> ――リプニツカヤ選手とワグナー選手への質問です。現在、浅田選手が絶対的な強さを誇っていますが、お2人にとって浅田選手はどのような存在に映りますか? 

リプニツカヤ  「私は浅田真央選手が世界で一番強い選手だと思っています。特に私が好きなのは非常に滑走がきれいで、なめらかな滑りを見せる部分で、すごく尊敬しています」

ワグナー  「今季、浅田選手はとても強いです。特に女性のスケーターでトリプルアクセルをやるんだということを言う選手は、それだけで尊敬できる選手だと思います。私にとっても非常に尊敬できる存在です」



日本人にとって、素直に嬉しい言葉を本当にありがとう。
選手が一番わかってるんだよね。
ここからは独り言よ。

この最果ての地にあるようなおばさんのブログに、ここのところびっくりするアクセス数。

フィギスケ難民の方々が、うっかり間違ってこんなところにまで訪れられてしまった足跡をたくさん見るわ。

フィギュアスケートの「何故?」という疑問符がすごーく大きくなってることに胸が痛い。

私も現役のフィギスケ難民。もう4年も5年もこの状態だから、よくわかるわ。

フィギュアと真央ちゃんをめぐる諸々に、どうしても納得できなくて、答えを探してあちこちのフィギュアスケートブログを読んで読んで夜明かしした日が幾度もあった。

真央ちゃん関係の本は全部読んだけど、そのくらいのことで答えは探せなかった。

同じように、どんなブログでも「浅田真央」「フィギュアスケート」と書いてあれば見に行く、そんな難民たちが他にもこんなにいらっしゃるんだなあって、何とも言えない気持ち。

この日記は、遠くに住んでる友人たちが、時々「ああ、元気にしてるんだな」くらいに読んでくれたら嬉しいな、って程度で更新してる。
私が大好きな友人は、まるで先生が生徒に「見ました」ってスタンプを押してるかのように、どんな記事にも「拍手ボタン」を押してくれる。
それが楽しみで、書いてきた。
大好きなドラマや、映画や、毎日読んでるフモフモ編集長のブログのこと、息子に関するくだらない話、そんな話の中に、最初は恐る恐るスケートの話を入れてた。

ソチの前で、選手たちが見せてくれる本気に、勝手にヒートアップして、ちゃんとしたフィギュアスケートのブログ様に通ううち、畏れ多くもコメントまで残すようになって、難民の方々が迷ってこられるようになったと。
うっかりクリックしてしまって、私が書き殴るスケートの愚痴にはからずもつき合わされちゃった方々には、申し訳ないって気持ちでいるの。

長文駄文の最後に、わざわざ拍手までしてくださる方々にも頭が下がります。あれ、いただくとほんとに嬉しいのね。よく他の方々が「更新のはげみになります」って書いてらっしゃるのはこういうことなのね。

私もソチが終わるまで、フィギスケ難民として流れ流れて行くんだわ。
でも、時間は有限。
日記公開してる時点で、私もどーなのよとは思うけれど、もうしばらくは、この駄文も止まらないけれど、フィギスケ難民の方がうっかりここに迷い込んだとしても、さっさと有益なブログ様のところへ飛んでくださいましね。
関連記事

Comments 0

Leave a reply