FC2ブログ
Welcome to my blog

Get Ready For a Grand Finale

International figure skating←こちらのサイトの記事に、真央ちゃんの美しい写真があがってたわね。

淡々と、グランプリファイナルの出場選手が書いてあるくらいの記事だけど、女子シングル、やはりロシア女子が6名中4名、そのうち2名はシニアに上がったばかりのシーズンであるということは書いてある。
Asada_span9[1]

こちらのスポーツ記事などには、やっぱり、ちょっと失望感。

http://amymantravadi.com/2013/10/25/olympic-preview-ladies-figure-skating/
Church & State by Amy Mantravadi

個人のブログかなんかかもしれないけれど。
でも、こういう意見は多いのかもね。
いい記事を探してるんだけど、目に付くのはこういった記事ばかり。
ちょっと要約。

アメリカではすっかり人気が落ちたと信じ込まされているフィギュアスケート。
日本でのみグランプリシリーズも盛り上がっている様子。
アジア勢の台頭によって、先のオリンピックではアメリカの女子選手は一人も表彰台に上ることはできなかった。
アメリカのスケートアリーナの客席は今やガラガラ。
けれどもオリンピックの舞台でのフィギュア女子シングルはやはり冬のスポーツイベントの中では大きなショウケースだ。



この記事によれば、オリンピックの女子シングルのメダル候補のフロンティアは3人。
隣国の人、真央ちゃん、コストナー。

ヨナがオリンピックで本調子であるとすると、大きく進歩した一人の選手だけが(ヨナの金メダルを)脅かすことができるだろう。
何かでヨナの足元がぐらつきでもすれば、浅田にもチャンスがある。
 



「ヨナがクリーンにプログラムを滑りさえすれば、2つめの金メダルは間違いない」。
そう書いていながら、彼女のスケーティングの何がどう素晴らしいのかは、バンクーバーのイメージでしか書かれてはいないんだな。

チャレンジャーに明子さん、なんとANDOさん、そしてワグナー。
ダークホース筆頭が佳奈子ちゃん、ソトニコちゃん、やっとゴールド。
最後にファクターとして団体戦出場による選手への影響に言及してるわ。

うーん、このちゃぶ台、思いっきりひっくり返してやってちょうだい、真央ちゃん!
関連記事

Comments 0

Leave a reply