FC2ブログ
Welcome to my blog

メンタルスポーツ

スケートカナダ、結果は既にネットに上がっているとおりで。

明子さんが2位に上がっていたのは本当に嬉しかったわ。
このニュースはスケカナホームページで読んだのだけど、ま、カナダのニュースだから。
ケイトリン・オズモンド選手が太もものケガでフリーを棄権した話がメインだったし。

男子は大体予想したとおりだったかも。

でも、昨日tvでじっくり見た羽生くんのあの演技後の表情と、キスクラで羽生くんがオーサーとの間に「ぼんっ」と置いたプーさんらしきティッシュケースを見る限り、羽生くんはこの結果でも上々だったと思わざるをえないわね。

グランプリシリーズ第2戦、男女とも日本人が銀メダルをとれたことは本当にすごいこと。

でも、女子のスケカナ銀メダリストの明子さん、今回、同じ銀メダルの羽生くんとは気持ちの充実度が全然違ったように見えたな。
今回、明子さんの表情が明るい。
お化粧の仕方も少し変えたのか、ほんとに綺麗。

気持ちのコントロールが上手くいった選手が勝ち残る。
が、せっかく勝ち残っても、気持ちが晴れやかな選手とそうでない選手もいる。

羽生くんは同じ銀でも、金メダルのPちゃんにぶっちぎられてしまった。
そしてPちゃんの圧勝、羽生くんの銀にまぎれて、またしても「織田は3位」で片づけられてしまいそうな殿。

日本男子の壮絶なオリンピックへの戦いは、まっちー参戦で激しさを増した。

このスケカナは、そんな日本男子の「メンタルコントロール」の必要性を痛感した試合だったな。

殿の、「最後まで笑顔で滑りきる」は、シーズン通してやってもらえたらいいな。
PCS、出てたしね。
でもPのPCS(なんじゃこりゃ?)には、びっくりよね。羽生くんとのPCSの差はなんとフリーのそれだけで14点以上。
今夜大きな画面で確認させていただくわ。

で、結局何が言いたいかというと、オーサーともしかして微妙な感じになってきてるのか、自分一人の問題なのかはわかんないけど、まだ若いからとはいえ、 「羽生くん、焦るな」 これがスケカナの感想でした。
関連記事

Comments 0

Leave a reply