FC2ブログ
Welcome to my blog

Starstruck

Starstruckが翻訳サイトの意味とおりなら、今回のスケートアメリカで銅メダルに輝いたロシアのレディノワはディズニーオリジナルムービーのタイトル「スターにアイラブユー」な
14歳である。
ハマってしまったicenetworkによれば、レディノワの憧れのスターとはだれか?
うちの真央ちゃんなのよ~~~

ってことで、またicenetworkを読んでいた。

レディノワの記事で彼女の真央ちゃんへの敬愛ぶりが書かれ、そのことについて真央ちゃんにも話を聞いている。
真央ちゃんはこう答えている。
「自分がはじめてグランプリシリーズに出場した時には荒川シズカやサーシャ・コーエンがいて、彼女たちを尊敬していた。自分が今彼女たちの立ち位置にいることが面白く思えます」
そして真央ちゃんについてこの記事はこう書いている。
「女子シングルの記者会見を見た人は、『誰が一体トップを取ったのかしら』と不思議に思っただろう」
「銀メダルのワグナーは最初の3回転-3回転成功にご機嫌。一方、浅田はくつろいだ様子で微笑んではいたが、得意技【トリプルアクセル】の失敗に満足していないのは明らかだった」

そしてやっぱり真央ちゃんらしく、次の試合に向けて一層がんばりたいと言ったのよ。

ネットで読んだ隣国の記事のタイトルはひどかったわ。
そんな記事より、このicenetworkの記事でもネットに流してくれたらいいのに。

Japan's two-time world champion may have begun her free with a fall, but that and other jumping imperfections didn't mar the overall effect of her dynamic and speedy performance to Rachmaninoff's "Piano Concerto No. 2." She didn't do a triple-triple combination, but her triple flip-double loop was solid and her spins and steps a class apart.

「ジャンプの失敗も、浅田のダイナミックでスピーディーな演技を台無しにすることはなかった。トリプルフリップ-ダブルループのコンビネーションはすばらしく、スピンとステップは別格だった。」

実際プロトコルを見るとそうなのよ。

ジャンプにはきっちり刺されてて、GOEの減点はまさに2重減点の最たるものだった。
Pちゃんの「回りきっての転倒」だからとやたらと転倒ジャンプにも高得点だった時とはまるで違うわよ。
トリプルアクセルは回転不足を取られ、GOEは全部-3、例のあの人の「尻もち加点」と一緒にすんな。
ルッツにはエッジエラー、得点源はレベル4をそろえたスピンとステップじゃんよ。

見た目の得点に比べ、厳しい採点だと思うわよ。

鬼プロと言われるだけのことはあって、基礎点は技が全て決まれば女子シングルでは誰よりも高くなる。

夜になるにつれ、真央ちゃんの優勝に対するおかしな輩の記事がわらわら湧いてきた。

この優勝でグランプリシリーズ6大会すべてで優勝を果たした最初の女子選手だと伝えてくれた記事にありがとう!

テレビの画面で改めてこのラフマニノフを見ると、タラソワさんの強い「意志」と「鐘」に通じる何か「反骨」のような激しさをひしひしと感じる。
この迫力を柔らかく力強く表現する真央ちゃんは奇蹟だ。

この奇蹟を目の当たりにできる私たちは、幸せだと思う。



関連記事

Comments 0

Leave a reply