FC2ブログ
Welcome to my blog

備えあっても憂いあり

週末、枕の高さをああでもないこうでもないとモゾモゾ寝支度していると友人から連絡が来た。

「揺れたわ。すんげ〜怖かった」

「地震あったの?」

「テレビ見て〜」

(´⊙ω⊙`)「‥‥」


眠れなかった。



災害時

遠くに友人がいると
大丈夫だと思いはしても無事を確かめたくなる。

通信がたて込むだろう間はちょっと待って
ニュースに釘付け。

互いの無事を確かめ合う回数、ここ数年増えてますよね。

こうして細々と書いている日記繋がりでも
あの方は東北、あの方は関西
などとニュースを見れば思いを馳せる。

そういえば
先日郵便を送った友人から連絡が来た時は泣けた。


もう1人テキサスにいる友人の話と
同じアメリカにいるのに全然違う。

コロナ禍での子育ての大変さ、働くことの難しさは
想像を絶した。

「アメリカは広いからね」

そう言った友人の言葉がずっしりと重い。

目にするもの聞くこと
何でもかんでも十把一絡げで語られることの多いこと。

私はこう見てるんだけど、あなたは違うのね

それが許せない人の多いこと。


どんな陰謀の元にこの世の中が踊らされていようと
現実に自分の目に見えている地面の上で
私たちは生きていかなきゃならない。

お互い元気でいよう。

無事に過ごそう。

みなさまも、ご機嫌さまで。






関連記事

Comments 0

Leave a reply