FC2ブログ
Welcome to my blog

郵便を送りたいだけなのよ

あれこれニュースを見たり
つべで「ゆっくり不動産」(注:クセのある間取りの物件をゆっくりボイスで紹介するだけのチャンネル)を延々と見たり
人の世のいらぬお付き合いでまたしてもパソコンを買わなくてはならなくなったり
美容院に氷川きよし的な美容師さんがいてリアル氷川きよしの美の威力すげーとびっくりしたり
働いたりご飯作ったり掃除したり洗濯したり山へ芝刈りに行ったり(行かない)

そして小学生の子どもがいる友人に
「サイコロがついたカードゲーム」を送ろうと郵便局に行ったり

ハッと気がつくとブログ管理画面にもロクに入らず10日も経っていました。

やだもうフィギュアスケートも全米が終わってしまってすっかり浦島です。


とりあえずここ10日で1番インパクトのあった話から書いておきましょう。

あれですよ、やっぱりアメリカに何か送ろうと思ったら登録しなくちゃならなくなってたって話です。

毎年バージニアに住んでいる友人からクリスマスカードが送られてくるのですが
幸せそうな日常が綴られているほっこりお手紙が嬉しいので
筆不精な私も何か送りたいなあなんて思うんですよ。

郵便というものは私にとっては複雑で。

物と一緒に手紙を入れると送れなかったりするじゃありませんか。

いつもすんなり送れた試しがないんです。

で、このコロナ禍でしょ。
本当に送りたいものが送れるのかしらと
怠惰なもので年明けまで放置していました。

で、ようやく郵便で送る中身(小学生用のドリルや文房具類)をまとめて郵便局に持って行くと。

一旦お高い料金を支払って「あら送れたわ」とホッとしたのも束の間。
オサイフにお釣りを入れて帰ろうとしたら窓口に呼び戻されました。

「書類だけならこのまま送れないこともありませんけど、物品と見做されるものが入っていれば登録していただかなくては品物は送れません。アメリカの場合ですけどね。」

いやいや物品も入ってるよって申告して、その分お高い送料今払いましたよね?

で、登録てなに?

202101201004149c0.jpeg

裏表3枚にびっしりと書かれた説明書きを渡されました。

紙に書かれた物を送るだけなら今のところそのまま送れるそうなんですが、

特にアメリカにはこちらの情報を事前送信してEMSラベルを作成してそれを持って郵便局へ来いと。


友人用の仕事で使える可愛い指サックとか
カードゲームに付いているサイコロとか
しょーもないおもしろスタンプとか

そういうのが手書きの宛名ではアメリカに送れなくなったってことらしく。

とりあえずドリルだけは送れそうだったので

「サイコロと文具は抜きますからそれで送ってください」

そう言いますよね。

ところが郵便局の人も今年から始まった制度でよくわからないということもあったのか

「このまま送るにはどうしたらいいか」と、そこから一歩も譲ってくれません。

親切なのか不親切なのか
土曜日の午前中、大きめの郵便局にたった一つだけ開けてある窓口に密な感じでずらりと人の列ですよ。
もうこのまま帰ってしまおうかと思いましたがそれも悔しいので
そこから延々と押し問答になりました。

列のみなさんの気まずい視線を感じながら

「とにかく雑貨を取り出しますからそれで紙だけになりますから送ってください。お願いします。」

もう半泣きです。

私のいい加減な記憶では、
本を送るのに手紙を同封できなかったこともあったので手紙すら入れてないのに。

今度は紙なら本と一緒に手紙入れてもOKだってことなの?

聞き分けのない年寄りって感じの私は滑稽で。

うっかり友人に贈り物もできない世の中になったんだなあと
疲れて帰ってきました。

手紙も入っていない
小学生用ドリル2冊入りの郵便物なんて((´༎ຶོρ༎ຶོ`))
ごめんよ、ゆうたん。

何にでも身元証明がいる世の中に
ますますなって行くのでしょうね。

ということなんかもあって

海外情勢をもう少し知るべく

ニュースやつべを見るのが忙しくって

ブログ放置になりそうなのでこの辺でちょっと書いてみました。









関連記事

Comments 0

Leave a reply