FC2ブログ
Welcome to my blog

スケートは生き様

フィギュアスケートグランプリシリーズ開幕戦
アメリカ大会ショートプログラム。

無観客で厳重なコロナ対策をした上で始まりました。

観客席にはフェイクの観客と音声。

それでもガランとした空洞より選手には温かいのかも。

CSテレ朝チャンネル2でライブ放送。


朝8時から女子シングルが放送されていますが、

トップバッターはグレイシー・ゴールド(GG)。

久しぶりに見るGGの演技、曲は「サバイバー」でした。

元全米チャンピオン。
ソチオリンピックで4位。

金髪に愛くるしい顔、華やかなオーラ、若々しいスタイル。
アメリカ女子の1番手として非の打ちどころのない選手でしたね。


USC2014 FS


「眠れる森の美女」を演じた6年前、19歳のGG。
ブルーの衣装に金髪が映えて
なのに美しさよりも力強さが当時から際立っていました。

2016年の世界選手権の後。

うつ病、接触障害を患い
それでも彼女は諦めませんでした。

今大会最年長の25歳になったグレイシー・ゴールドは
今回のGPSアメリカ大会には、全盛期に近いほど
かなり身体を絞って登場しました。

直前練習で跳べていた3Lzはダブル。
ジャンプはことごとくダブルになっても、演技を投げなかった。

彼女の衣装に明らかに変化が現れた頃には
とっくに体型維持に苦心していたのかもしれません。

彼女に似合うブライトカラーではなく
黒い衣装が多くなり、そしてえんじ色の重い赤。

今日の彼女も煉瓦色のラメのトップスに黒いスカート。

「サバイバー」の音楽を体現する様に滑る彼女の姿から
目が離せませんでした。

自分のありのままを晒すことの怖さ。

自分のルックスに1番敏感な年齢を接触障害で苦しんだ彼女の意志。
スケートを超えた彼女の志に泣きました。


一方ショートプログラム1位のマライア・ベル。

同じカメラかと目を疑うキラキラとしたオーラ。
パンッとハリ艶の良い滑らかな肌。
細くしなやかについた筋肉。

演技に入る前から
彼女の高得点を得るであろう演技を確信させる佇まい。
関係者しかいない無観客のこの試合で
終始美しい笑顔、軽やなジャンプで演じきりました。

ジャンプ、繋ぎに用いられたスパイラルなど、必ずしも他の選手と比べて突出して良いわけではないのですが、丁寧で滑らかなスケーティングが信じられないほど美しかった。

恋人、友人、そしてスケート。

全てがカッチリと噛み合い、スケートだけではない
彼女の人生の充実を見せられるようでした。

フィギュアスケート、特にシングルは
その日その時の選手のそのままが
良くも悪くもリンクの上であらわになってしまいます。

だからこそ怖い。

そして尊い。


男子はネイサン・チェンが何やら白シャツの上に黒いジャケットまで着込んで登場しました。

えええ?
衣装これ?

さあ、男子シングルが始まります。

やっぱりスケート、好きだなあ。


関連記事

Comments 2

にゃんこさんさん  

こんにちは

やっとですね。というかそんなことになってるんですね。
凄い大会だ(^^

グレイシー帰ってきましたか。よかった。
彼女の努力は色んな女の子に勇気を与えますね。
アスリートでなくてもデリケートな問題でもあるから
難しいですよね。

というかネイサン・・・私はジャージじゃなければいいです(^^;

2020/10/24 (Sat) 13:20 | EDIT | REPLY |   
mikaidou
mikaidou  
Re: タイトルなし

にゃんこさんさん様

こんにちは(^-^)
アメリカ大会、最後まで何事も無いよう、祈らずにはいられませんね。
GGのここまでの写真を見ると、無理はして欲しくないとも思うんですけど。
彼女の心意気に心打たれます。

ネイサン、今季SPはラテンですよー。
衣装はねえ、ぜひご覧頂きたいと(゚∀゚)
ネイサンなので何着てもカッコいいんですけど衣装の振り幅がすっごいです。

2020/10/24 (Sat) 14:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply