FC2ブログ
Welcome to my blog

『昔話法廷』

先程NHKで観た『昔話法廷』。

地上波テレビを殆ど見ない私も、この番組についてはノベライズされた『昔話法廷』の帯で知っていました。

この番組のノベライズは本屋さんで見かけて面白そうだったので、図書館に入ったばかりの本を読んだことがあったのです。
図書館の椅子に座ってそのまま第1巻を読んでしまったのが数年前。

202003311022589b8.jpeg

番組のタイトルと同じ文字で描かれる『昔話法廷』の文字フォントがとても好き。

童話の隠喩暗喩を研究した本はいくつもありますが、登場人物(動物)を被告人に、俳優さんを検察官と弁護人にして丁々発止の法廷ドラマにするというのは面白い切り口でした。

この本と遣都沼のドラマで再会するなんて、これだから沼の生活はやめられません。

今日観たのは林遣都さんが検察官を演じる第9話『ブレーメンの音楽隊』。

驚いたことに、殆ど『牧凌太(おっさんずラブの役名)』状態の遣都さんが、真摯な検察官役で登場してきました。
髪型、スーツの着こなし方、ワントーンでまとめたシャツと重なるネクタイのドット。春田さん抜きでお仕事中の牧凌太さんはこんな感じだったのではないかと思います。
見るたび別人しか演じない天才遣都沼で役柄が被って見えるのは初めてのことです。
(Wikiを見ると、『ブレーメンの音楽隊』は牧凌太役のすぐ後だったんですね)

この検察官に対する弁護人が木村多江さん。
木村さんがまた素晴らしい。
検察官、林遣都さんのキラキラを全部呑み込み、見る者を弁護人側に引き寄せていきます。何とも言えない優しい物言いに心が動かされます。素敵。


ロバをはじめとする動物たちのビジュアルも、本物の被り物なのかCGなのかわからないほどよくできていました。
特にロバの悲しげな表情と言ったら、それだけで無罪!と思うくらいです。

判決は出ないまま終わる番組ですが、この回は弁護人(ロバ側)の勝利じゃないでしょうか?

役者同士の個性のぶつかり合いはノベライズではわからないところですね。

本とテレビ版なら、これはテレビの勝ち、でしょう。

さて、

https://news.line.me/articles/oa-rp73180/63fd7358ce52?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none

在宅でもアガれる! LDH、『HiGH&LOW』シリーズ4作など期間限定無料公開
2020年3月30日 18:00マイナビニュース

EXILEや三代目 J SOUL BROTHERSらLDHアーティストが出演する映画『HiGH&LOW』シリーズ、および『CINEMA FIGHTERS project』シリーズが、4月1日10時からYouTube無料公開されることが明らかになった。4月12日22時までの期間限定となる。

LDH、コロナ影響受け EXILE・三代目JSB・HiGH&LOW THE LIVEなどYouTube配信




観ようと決めたところに、無料動画配信のお知らせ。

ありがとうございます。


1ヶ月無料のフジテレビオンデマンド(FOD)の『カラマーゾフの兄弟』もゆっくり観ています。



沼活動がこんなに長引くだなんて、自分でもびっくり。

202003311135515ba.jpeg

次の映画の原作、読んでから見るか、見てから読むか?


関連記事

Comments 0

Leave a reply