FC2ブログ
Welcome to my blog

ザラブ星人の『愛の夢』

ずっと働いていた私が家にいて暇かというと、そういう訳でもありません。

Hulu的バカリズム特集。
動画による浅田真央ばっかり世界選手権。
動画による宇野昌磨だけ世界選手権。
動画による美的ステファン・ランビエール世界選手権。
林遣都沼活動(劇場版おっさんずラブ円盤到着により活発化)←イマココ

結構、忙しい。

中でも忙しさを加速したのが『バカリズム特集』。

検索によってバカリズムさんが怪獣の声で出演しただけの『ウルトラゾーン』→http://www3.tvk-yokohama.com/ultra/を引っ張ってしまい、思わぬ沼に引き込まれてしまっていたのです。

ドラマの方の『架空OL日記』が10話。
『住住』10話、この『ウルトラゾーン』は23話。
しかも『ランチ合コン探偵』10話+特別配信でトリンドル玲奈を見ていたら、バカリズム脚本版『黒い十人の女』10話をやっぱり観るじゃないですか。
『黒い十人の女』の音楽聴いてたら当然のごとく横井ゆは菜選手のSPプロ『黒い十人の女』だって観ますよね?

楽しむコツは地上波ワイドショーでイライラしないことと、ドラマを一気に観終わらないことです。

さあ、『ウルトラゾーン』です。

まずオープニングが
20200316091812267.jpeg

からの

20200316092023961.jpeg

『ウルトラQ』まんまですね。

ミニスカートがよく似合うタカギミホ隊員の独り言とか『OLのうわさ話』のいかにもな感じとか、なかなかツボです。
20200316092722d1f.jpeg
パッと見サービスショットのコーナーのようですが、タカギ隊員のポソっというセリフの女子的リアル感すごい。

『怪獣English』はこんな感じ。
20200316092722ebc.jpeg

『なぜならスペシウム光線で頭を焼かれたことがあるからです』

現在完了形の「経験」ですが、こんな経験、他に誰がするんだよという。
私はダダのモード感が好きなので、彼が『焼かれたんだ‥』と思うと、ウルトラマンに『ドイヒー』とか思っちゃいます。

他にも、前半のつかみとして
「有名中学に毎年合格者を出す、親の平均所得もそこそこ高めの私立小学校」に怪獣が転校してくる、『怪獣転校生』

「結構強めに揉んでくれると評判の、溜池山王のマッサージ店」で怪獣がふっつーに癒されている『怪獣マッサージ』

「都心から電車で30分、閑静な住宅地に建つ瀟洒なマンション」に住む女子の部屋の扉の向こうに次々現れる怪獣が胡散臭い『怪しいものじゃないです』

「読者モデルもたくさん通う、中目黒の目黒川沿いから一本入ったところにある美容室」にいる元ヤンぽいカリスマ美容師のギャグ『ヘアサロン・マグマ&ババルウ』。

散々餌を撒かれて、第6話にたどり着きます。

これまでとは違う。

そしてここから先のどの『ウルトラゾーン』とも違う。

第6話『THE LOVE』

ウルトラ怪獣には特段関心のないそこのアナタ。

橋下徹さんとテレビでやりあっている最中、コロナウイルスを『エイリアン』と表現した木村太郎さんに驚いている場合ではありません。

エイリアンの一種、ウルトラ怪獣はヒトの心にも侵入するんですよ。

『ウルトラゾーン』前半の傑作『THE LOVE』。

脚本/松野拓行
監督/田口清隆

攻撃を受けて負傷したザラブ星人と、夫を亡くした初老の女(って言って良いのか)丘みつ子さん(役名は池谷みつ子)による2人芝居です。

怪我をしたザラブ星人を家に連れ帰ったみつ子。

一緒にコーヒーを飲み、みつ子はザラブ星人の絵を描きます。
共に畑を耕し。おにぎりを食べ、石投げして遊び、花を摘んだりしながら。


2人の間にはゆったりとした楽しい時間が流れます。

ま、なにせ相手は宇宙怪獣ですから細部やセリフはかなり変わってますけど。

ロマンティックなんですよ、もう。

『人類は、皆みつ子のような生命体なのか』と問うザラブ星人。

ザラブ星人によるまさかの丘みつ子さん『みつ子』呼び。

『池谷みつ子は、ここにいる一体だけですよ』

みつ子さんもニッコリ笑って人類を「一体」呼び。


何がすごいって、変身能力のあるザラブ星人の宇宙怪獣な能力を存分に活かしつつ、人類にとっての胸キュンポイントを外さない脚本と、美しい映像ですよ。

アナタがたとえザラブ星人でも変身なんかしなくていい、そのままでいい。
アナタはonly one、そんな感じのテーマに繋がる『ザラブ星人じゃなきゃ』、という必然性。

この怪獣ドラマ、効果的にリストの『愛の夢』が流れます。

浅田真央さんファンは非常にくすぐられるポイントですね。

ドラマそのもののオープニングがウルトラQっぽく怪しくて怖いので、余計にこのリストの甘い音楽が胸に響くんです。

2人(このドラマの上では2体ですね)が海に行くシーン。

映画か!

と思うほど。

2人でオセロをするシーンの切ないセリフ。

海のシーンで綻びる日常。
なのにその原因はザラブ星人の宇宙怪獣ならではの能力がもたらすんですよ。

ラスト前の、優しく泣けるザラブ星人のセリフと椅子に座る哀愁の背中。

そしてラストシーン。

『愛の夢』の曲の終わりとピタリと重なるラストショット。

ここでみつ子さんの『あの絵を見たのね?』という問いの答えを視聴者は知るわけですが。

ヒトは亡くなった後も残されたものの心に存在して。
残された者はその人のためにお茶を供える。

前半の回収までやってくれるじゃんT^T

宇宙怪獣のロマンスに、泣いてもいいですか?

てか、みつ子さんの家にそのまま住むのかザラブ星人?


関連記事

Comments 2

しろくろshow  
なぜか心に残ります

こんにちは。

基本おふざけだらけの「ウルトラゾーン」でしたが、わたしもこのショートドラマパートは大好きでした。ザラブ星人と丘みつ子というのもある意味素晴らしい組み合わせでしたよね(^_^;)ラストシーンでけっこうぐっときました(高橋一生が出てた「ホシの招待状」も気に入ってます)

この感じで26回くらいの連続ドラマにしてくれたらわたしぜったい見ると思うんですけど・・・(__;)

2020/03/16 (Mon) 12:39 | EDIT | REPLY |   
mikaidou
mikaidou  
Re: なぜか心に残ります

しろくろshowさま

コメントありがとうございます(^^)
しろくろ様のブログでも『ウルトラゾーン』に触れていらしたので、見ることができて嬉しかったです。
探偵役が高橋一生の「ホシの招待状」、別枠新番組でも良いくらいでしたよね。

> この感じで26回くらいの連続ドラマにしてくれたらわたしぜったい見ると思うんですけど・・・(__;)

連続ドラマ、見たいですね。
おふざけじゃなくて大真面目に作っても、全然面白いと思うんですよ。

2020/03/16 (Mon) 14:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply