FC2ブログ
Welcome to my blog

ハチ萌え

俳優の林遣都には手を焼いている。

もちろん大スターの方にそんな気はさらさら無いのだが、私は身勝手。
すぐに他人のせいにする。

この俳優、主役の時は脇役の役者を際立たせるし、脇に回ると存在がしっかりリアルで、主役がとても魅力的に見え過ぎて困る。

何事も斜めにしか見えない私の目の濁りも霧も少しだけ取っ払われる。


『火花』では私の中で再び又吉ブームを起こし好井まさおのファンになった。
路上ミュージシャン役、以前清志郎のドラマでも好演した渡辺 大知とOKAMOTO'Sの楽曲が最高でつべを探しまくった。

『悪貨』の高橋克実には痺れたし、『銀二貫』では初めて津川雅彦で泣いた。

『荒川アンダーザブリッジ』は原作漫画を全巻買ってまだ読みきれていないので、『にがくてあまい』の原作漫画に手を出せずにいる。

『セリフが無くてもわかる』ようにちゃんと見せてくれると、登場人物は俄然活き活きと立ち上がる。

ケント君は滋賀県出身。
朝ドラ『スカーレット』も滋賀の信楽が主な舞台だ。
滋賀の人って、こんなに暖かくて、滋賀って良いところなんだ。
もうそういうモードに入り込んで見ている。
俄然行ってみたくなる。
ああ、これが『聖地』ってやつか。

音楽もいい。主題歌もだが、冬野ユミさんの音は朝ドラの雰囲気をとても良い感じで包む。

で、林遣都の信作と松下洸平の八郎の『ぼっち同士に育まれる友情』にも威力がある。

『スカーレット』の大野信作役はコテコテで大袈裟で、ちょっと笑えるボケツッコミが可愛いのだが、ケント君はあくまでも「信作」。
ウジウジしたおばあちゃん子の信作が、おばあちゃんを亡くしたことをきっかけに「ええ男」に変身し、喜美子と恋仲になる「ハチ」と意気投合してそれなりに仲を取り持ったりしているのだ。

信作といると、ハチこと八郎の純粋さ、素朴さ、優しさ、その他諸々の魅力が10倍増しで伝わってくる。

松下洸平をググると、やはり『八郎役はどんな人?』的な記事でいっぱいだ。

八郎、本当にいい。
録画して繰り返して見るほどいい。

林遣都がどれほど素敵でも、信作は喜美子の幼馴染でしかなく、テレビを前に毎朝ワクワクしていても、そこにケント君は見えない。

これでこそ役者というもの。

元から私のへそは曲がっている。

◯坂◯李とか◯栗◯とか◯原◯也なんて、どんなに作品が良くても意味もなく偉そうでキライだ。

こればかりはケント君と共演しても変わらない。

にしても。

林遣都は所謂アイドル的イケメン俳優ではないし、そこを狙ってもいないのだと思う。

『マジスタダ!』は正解なのだろう。

あんなに美しいのに。

すごい無駄遣いな気もするけど、そこがいいのもわかる。

まったく。全日本だってあるのに、これ以上私を忙しくさせないで頂戴。




関連記事

Comments 0

Leave a reply