FC2ブログ
Welcome to my blog

正しいとか正しくないとか

(エテリガールズの、でしょうかね)ルッツはむしろ簡単なジャンプなんじゃと書いている某ファンの、今やスポーツ見るもの腐すものなブロガーの記事を読んでいました。


跳ぶ前に固まって『下で回る』のは正しくない!
自分が正しく跳んでいるのに正しくない人が認められてんのはおかしいじゃない!ね、みんな。

そう言いたいんですね、王者様はね。

選手によっては、迷いが出るでしょうね。
跳べなくなることを狙ってだとしたら、大抵ですね。



丁度エテリ組女子へのジャッジがこれまでとは違ってきたことで、話題になっていましたね。


エテリ組ロシアスケ連だそうです。ISUにジャッジの一貫性を求めて訴えたそうです。

オーサーがやると姑息にしか見えませんでしたが、エテリがやると『いいぞもっとやれ』って思っちゃうのは私の感情論でしょうか?


浅田真央が女子でただ1人3Aを跳んでいた時代。

男子の3Aの回転不足についてジャッジは『不問』であるかのような扱いでしたが、真央さんに関しては跳ぶ前からマイナス付けてたチンパンもいましたね。

当時海外のファンサイトを追っていた私は、そこで男子の3Aと浅田選手のそれとの比較動画を見て驚いたものでした。

浅田選手にのみ付けられる(ようにしか見えなかった)回転不足の判定が、何故男子では全く問題にならないのか。
女子に比較対象が無かった当時、何も言わない(どころか足を引っ張って離さない)スケ連、ダメだと決めつける報道、佐藤コーチでさえハッキリと抗議の声を上げることはありませんでした。

誰が見ても素晴らしいとわかるクオリティのジャンプを跳ぶ。

浅田真央が目指した方向性は正しかったと今でも思います。

けれど、着氷のほんの一瞬を、ダウングレードとか回転不足とか、挙句二重減点とか。



人間の目ってそんなに正しいの?


その疑問を、何故ジャッジに問うことができないの?

『一貫性を求める』ここが大事なところだと思います。
エテリが求めたことを正確に日本語にしてあるとしたら、それこそエテリ組だけの話では無くなりますから。


ずーーーっとそう思ってた人、いると思いますよ。

抗議をする事でエテリ組の女子にだけ甘くなるならそれは論外でしょうけれど、判定基準を決める側にも説明責任くらいあるでしょ。



それにしても、勝ち馬に乗りたい人も多いんだな。

私は負けても負けても立ち上がって歩く人になりたいし、そういう選手を応援したくなる。

みんな、それぞれに、違うんですね。


関連記事

Comments 0

Leave a reply