FC2ブログ
Welcome to my blog

品性


https://www.asahi.com/sp/articles/ASMBR2W0XMBRPTQP00D.html?iref=pc_ss_date

これはタイトルがおかしいのでは?

『勝つ領域』じゃなくて『勝てる領域』って意味ですよね?


「羽生に勝つ領域はない」ネーサン・チェンの勝利の美学
ラスベガス=大西史恭
2019/10/25 18:00

ずっと不思議に思っていたことがある。今年3月にあったフィギュアスケートの世界選手権で勝った男子のネーサン・チェン(米)だ。五輪2連覇を果たした2位の羽生結弦(ANA)に22・45点差をつけて優勝したのに、試合後の取材で「勝ててうれしい」という趣旨の発言はなかったように記憶している。

チェンにとって、「羽生に勝つ」とはどんな意味を持つのか。彼に聞きたくて、4月の世界国別対抗戦で取材を申し込んだが、体調不良のため急きょキャンセルになった。シーズンオフを挟み、大会3連覇を達成したスケートアメリカから一夜明けた20日、朝日新聞の取材に応じてくれた。
 単刀直入に聞いた。なぜ「勝った」という表現を使わなかったのか、と。
 「結弦は驚くような選手であり、僕が何をやろうとも、彼が今まで成し遂げてきたことを奪い取ることはできない。彼はもう、このスポーツに自分の地位を確立した。そして、特定の選手に勝ったと口にすることは少し失礼な気がします。勝敗は自分が決めるものではなく、ジャッジ(審判)が決めたものなので」
 チェンの心の中に「羽生に勝つという領域は存在しない」と表現した。常に尊敬する対象であり、目標とすべき選手であるという。
 しかし、スポーツに勝負はつきものだ。その点について聞くと、チェンは言葉を選んだ。「競技に出ている限り、勝ちたいという気持ちは当然あります。ただ、誰か一人の選手を負かしたいというような気持ちで挑むことは、自分のやりたいことの妨げになる。自分の集中を失わないようにして、できる最高の演技を目指してやっていくように、毎回、試合で心がけています」



以降は有料記事です。


誰も傷つけず、謙虚で。

きっとあの超絶早口英語で立板に水とばかりに話したんだろうな。

なのに失言がない。

こういうインタビュー、勝ったから言いたいこと言っとく、という姿勢とは真逆。

品性というものは、負けた時に出ると思ってきましたが、勝った時にも出るんですね。

ネイサン・チェンの言葉は、その通りだと思いますよ。


世界チャンピオンにこれだけ尊敬されといて、残念な選手もいるもんです。


先日のスケカナの時のフリーのキスクラから聞こえたオーサーと教え子の下卑た高笑いにはゾッとしました。




関連記事

Comments 2

りほ  
フィギュアは楽しい

こんばんは。
フランス杯観てからコメントしています。
サマリンの4ltz、綺麗でしたよ😍
ネイサンより構成が上ってすごい!
樋渡くんの繊細な演技に惹き込まれ、昌磨に広大な秘境に連れて行かれました。ミスはあってもあのエネルギッシュさが最後まで途切れないのはさすが。

ネイサンは難しい内容を語ろうとすればいくらでも出来るのに、いつもわかりやすく話してくれてますね。

ロシアのインタビューで初めてイェールとの両立は予想以上にきつい、時間が足りないと話していました。同時にフィギュア以外で自分の場所が出来て嬉しいとも。

それでも
タイムマネジメントの本をたくさん読んだ→以前より時間のやりくりが出来るようになってリラックスしたり友人と過ごす時間が出来た

大学で心理学を学んだ→試合前の気持ちをコントロール出来るようになった(ソチを観てフィギュアファンではないはずの義妹が某ファンを疑問視してましたが)

ってすご!
勉強の質量ともに半端ないのでしょうが、全て実になって実行出来ているのも驚異的。しかもイェールでも成績上位をキープ。
ラファも、若い選手に教えるのは好きだ、ただ大学で多くを学んでいるネイサンとは、多岐にわたり大人の会話が出来るから刺激的で楽しいそうです。ネイサンも若いよ😅

ちゃんと寝てるのか、いくら若くても心配なんですけどね。

ネイサンや昌磨は特に育ちの良さを感じます。昌磨もネイサンへのリスペクトを隠さなくなったのは少しは吹っ切れたのかな。

ネイサン、昌磨を破って優勝と言われた時、本人は何も言わなかったのに「彼は今回、怪我の影響で本来の力を出せなかったのでそれは違う」的なことを海外メディアに言ってくれたのは嬉しかったなあ。大ちゃん真央ちゃんネイサン、昌磨若いのに人を観る目ありすぎ。

まっちーが言う通り、もう点数や順位を超えたところで勝負している選手達の演技はリピしても飽きず、人格も演技に出る。

また長文失礼しました。
女子も日本選手3人出るし楽しみ!

2019/11/02 (Sat) 01:03 | EDIT | REPLY |   
mikaidou
mikaidou  
Re: フィギュアは楽しい

りほ様

私もフランス杯、久し振りにめちゃくちゃ楽しんで観てました!
特にサモーヒンのショートの曲と振付けにはエキゾチックなのかなんなのかわからないですけど、惹きつけられました笑
サマリンの4ltz、高かったですねー。長身の上にあれだけ跳ぶとすっごい大きなジャンプでワクワクしました!
ネイサンより構成が上って、ほんとびっくりしました。
樋渡くんのショート、個性的で楽しそうで、目を見張りましたよ。
昌磨の4Fには思わず拍手でした。3Aは今日の上位選手の鬼門でしたね。昌磨の転倒、怖かったです(>_<)
グレスピは大好きなプロですが、今日はステップのレベルもとれていなくて3A転んだ影響かなぁと心配です。

ネイサンのインタビュー、通訳の方が3Aの話をざっくり省略したのを解説の織田君がしっかり語ってくれて嬉しかった!
あれだけ早口で簡潔で分かりやすいって、頭の回転の良さどこまでwww
学業と世界チャンピオンの両立ですもんね、時間はいくらあっても足りないでしょうけど、どちらも大切なんでしょうね。
以前スタンフォードに進学したレイチェル・フラット(懐かしい〜)はスケートを引退して学業に専念しましたけど、ネイサンにはずっとずっと頑張ってほしいです!

> まっちーが言う通り、もう点数や順位を超えたところで勝負している選手達の演技はリピしても飽きず、人格も演技に出る。

これほんとですよね。
完璧じゃなくても、個性的なスケーター達のガチ勝負は観ていて楽しいですもん。
明日も楽しみです。

2019/11/02 (Sat) 02:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply