FC2ブログ
Welcome to my blog

ナミヤ雑貨店の奇蹟ー火花の後

林遣都インタビュー「気づいたら心を打ち抜かれる瞬間がある」『ナミヤ雑貨店の奇蹟』←リンクしてます。

原作:東野圭吾(『ナミヤ雑貨店の奇蹟』角川文庫 刊)
出演:山田涼介、村上虹郎、寛一郎、成海璃子、門脇麦、林遣都、鈴木梨央、山下リオ、手塚とおる、PANTA、萩原聖人/小林薫/吉行和子、尾野真千子/西田敏行
監督:廣木隆一
脚本:斉藤ひろし
主題歌:山下達郎「REBORN」(株)ワーナーミュージック・ジャパン




『莫逆ファミリー』、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を続けて観ました。

『莫逆』は、ちょとツライものがあったので飛ばし飛ばしでごめんなさいでした。

が、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は、ちょっとハマって観ました。

廣木隆一監督作品に、小林薫、林遣都、門脇麦そして井下好井の好井という、『火花』チームが参加していたわけですね。

よろずお悩み相談所となっていた『ナミヤ雑貨店』を巡るストーリーの最初の話の登場人物が火花俳優3人。
好井さんは後半、尾野真千子さんとチラッと出てきます。

この最初の話に入り込めるかどうかで、『泣ける』とか『残念』だとかの評価も決まるのかもしれませんね。

私は入ってしまった派でした。

低評価のレビューが多かったのは、うーん。
仕方ないかな。

ファンタジーものは難しい。

で、この林遣都インタビューを読んだんですけど。

最後にケント君がこう言っていたんですね。

手紙がタイムスリップして過去の人と未来の人がやりとりをするって、実際はありえないファンタジーなんですが、そのありえない話にのめりこんで見ていると、気づいたらとっても心を打ち抜かれる瞬間があります。感動するところや、感情移入の仕方は人それぞれだとは思うんですが、何も考えずに楽しんで見てもらえたらと思います。



まあ、ネット記事のインタビューを鵜呑みにするわけではないんですけど、色んな映画の舞台挨拶で言っていることとか、雑誌のインタビューを読んでいても、この人の言うことは年々1つに集約されて行っていて、一貫してはいるんです。

で、『気づいたらとっても心を打ち抜かれる瞬間があります』と、私も撃ち抜かれたわけです。

東野圭吾は『夜明けの街で』が好きだったので、少しだけ似た匂いの話なのかもしれません。

明日明後日と、連休明けにはちょっと自分の中ではハードルの高い仕事が待っています。

私の仕事は自分の裁量でやれる分、モチベーションと目標の置き方によっては随分中身が変わってしまいます。

レビューではコテンパンに書かれていることもあるこの映画に気がつくと射抜かれていたように、言ってることの一部でもいつか思い出してくれる相手がいるかもしれない。

準備してきたこと、没頭してきたことを一旦手放して、客観的になること。

これは大事なことかもしれないな、なんて思います。

関連記事

Comments 2

にゃんこさんさん  

こんばんは。

すごい、すごいスピードで記事が(^^ 楽しい。
色々出てますね。ちょっと莫逆ファミリーのタイトルで驚いてます。
このタイトルを実写化、うわあ…(^^;ヒエエエエ。

朝ドラも出てますね、大阪に舞台が移ったから彼がどれくらい出るか
わかりませんが、制服も似合ってましたね。
私は精霊の守人での役も素敵で好きでした。

2019/10/14 (Mon) 17:28 | EDIT | REPLY |   
mikaidou
mikaidou  
Re: タイトルなし

にゃんこさんさん様

> すごい、すごいスピードで記事が(^^ 楽しい。

暇だと書かず、忙しいと記録用に書く、という負のループですのよー。

> このタイトルを実写化、うわあ…(^^;ヒエエエエ。

莫逆は、おっさん達が大変でした。徳井さん、それからスカーレットのきみちゃんのお父さん役の北村さんもめっちゃよかったんですけど、辛すぎました。

> 朝ドラも出てますね、大阪に舞台が移ったから彼がどれくらい出るか

朝ドラは大島優子さん、めっちゃいいですね。ケントの魔法も今回ばかりは15歳てwwwなんですが、次は大人になってますよね。

> 私は精霊の守人での役も素敵で好きでした。

『精霊の守り人』これが私の次の山なんですよ。原作読みたいので、ドラマが先か原作が先か、シリーズが長いんで、迷ってます。

こんな書き散らかしたブログのアドバイザーのようなにゃんこさんさん様、いつもありがとうございます(*^^*)

2019/10/14 (Mon) 18:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply