FC2ブログ
Welcome to my blog

遠い芝生

金曜も日曜も、『劇場版おっさんずラブ』3dead目に行こうとするところにゴリオ(仮名)から電話で呼び出され。

映画館に向かっていた車をゴリオの部屋まで走らせました。

彼が免許を取って車を何とかするまでの辛抱ですが、人が忙しい時に限って車要請の電話をかけてくるのはまじ嫌がらせかと思うほど。

重たい楽器を積んだ車の中の話題はラグビーワールドカップ。

土曜の夜は徹夜で高校の時のラグ部の先輩達と飲んでいたというので、その席でもラグビーの話で盛り上がったんでしょう。

もちろんオットと私もテレビの前でヤンヤと声援を送っていました。
今でも横文字だらけのルールの詳細はわかりませんが。


珍しく選手の名前なんて出しながら日本代表のプレーにスゴイを連発するゴリオに、私はちょっと驚いていました。

柔道とラグビーで12年。

彼の12年間は、少しずつ遠い風景になっているのでしょうか。

あんなに楽しくて辛くて、傷ついた日もあったのに。

家ではスポーツ中継など何があっても頑なに見ようとしなかったゴリオが、日本対アイルランド戦を語っている。

『今度のワールドカップは、(五郎丸さんの)ポーズのブームじゃ終わらないんじゃないかな。それがいい感じかな。』

彼は話をこう締めくくりました。

ふーん。



死にそうに暑かった日も、凍りそうに寒かった日も、悩んだ筈の日も。

今のゴリオには、あの芝生も泥も、遠くに見えるのでしょうか。


ところで、元ラグ部のような筋肉質でガタイの良い一団は、夜の街では男性にモテるらしいんですね。

ゴリオは先輩達に男の人のあしらい方を教わってきたそうなんですけど。

『好きになるのに男も女も関係ない』時代をリアルに生きる彼らは、屈託無くその辺りを受け入れているように見えますが。

果たして本当にそうなのか?

別記事に書くつもりの『宇宙探査艦オーヴィル』には、まだまだ一筋縄ではいかないLGBTの現実が衝撃的に描かれていたのでした。

さあ、『宇宙』に戻って書けるのか?
林遣都沼について書き続けるのか?

見るのに書くのが追いつかない!

関連記事

Comments 0

Leave a reply