FC2ブログ
Welcome to my blog

苦悩の夫とダイビング少年

さて、映画『花芯』です。

林遣都、性に奔放な妻に苦悩する夫を演じるの巻。

20190919212010e51.jpeg
20190919212012fc4.jpeg

この対比ですよ。




夫の側に立つと、村川絵梨が演じた女性は『なに?』なんですけど、気怠い表情と、欲望に火がついた顔には釘付けになります。

愛されない夫が、それでもこのヒロインとの離婚に応じないのは、紛れもなくこの女の奔放さも含めた存在に心惹かれずにはいられないから。

世間体を繕っているだけの男には到底見えない複雑な夫の愛情を、二十代半ばのけんと君が魅せてくれる。




そして若けんと君の『ダイブ!!』

これ、原作者はアレでアレなんですけど、映画はとても好き。

『風が強く吹いている』より好きかも。

只々『ダイアモンドの瞳』。

20190919221554dea.jpeg


この作品で共演した池松壮亮と2人で雑誌➕actに載っていますが、ちょと感無量。

20190919223236462.jpeg

2019091922453692c.jpeg


昔、泣きの演技なら大竹しのぶと言われたものですが、今、天才林遣都の泣きに匹敵する役者さんっているの?

20190919221549ff2.jpeg
目にうっすらと涙を溜めていくのよ。

それにしても、飛び込み種目って、高くて見ていても怖い〜。

けんと君、崖から本当に飛び込んじゃったりしてるし。

駅伝、ボクシング、ダイビングetc アスリートの役柄多くてスポーツがすっかり嫌になったと言っていましたが。

これまでのどの役もいい加減にこなして来ていない結果が、説得力のある『牧凌太』なんでしょうか。






関連記事

Comments 0

Leave a reply