FC2ブログ
Welcome to my blog

ハローおっさんずラブ

ゴリオが重い楽器を持ってサークルの練習帰り、家に寄った。

この暑さの中、貸しスタジオからほど近い家まで来れば、私が車で彼の部屋まで送るからだ。

こうして親子の会話がまた少しずつ増えている。

‥‥ふえて、はいるのだけど。


『センパイがさ。このキーボード、すっげー高いんだけど、貸してくれて、自分もライブあんのに、オレにいつも優しくてさ。なんかびっくりなんだよね。』

へえ。

お高いキーボードを車に積み、お礼の菓子折りを買って(こういうところだけ、ゴリオは非常にマメだ)センパイの『ルームシェア』しているという部屋に向かった。

暇なオットと私がそのまま車でゴリオを待っていると、小柄でホッソリした芸能人みたいな男子がやって来た。

『えー⁉️ こんなところにこんな綺麗な男子が‼️』

今や一人暮らしの不摂生で100キロ超えの巨大なゴリオがその男子に向かって歩いて行き、何やらぺこぺこしている。

『え?』

車の中から凝視していると、こちらに気がついたので
『いつもお世話になってますぅ‥』と言うと、ニッコリ笑って『こちらこそぉ』。

超絶イケメンだよ。

アレが『センパイ』か❓

美しいセンパイと話すゴリオのズボンの尻ポケットが裏返ってペロン、と出ている。

男子版、『ベルと野獣』の図である。

ここで楽器を返して、どもー!とか言って終わりかと思いきや、そのままセンパイはゴリオと話し込んでいる。

『あっちで待ってるから』

そう言って車を移動し、オットと私は久しぶりのゴリオとのランチに何を食べようかと相談していた。
全く気持ちの悪い子離れできない老夫婦だが、ちょっとそこはスルーして頂きたい。

ぴちぴちの尻ポケットからポケット裏地を出した野獣とあのイケメンの関係に、私は興味シンシンだった。


車に戻って来たゴリオに、『あれがゴリラのあんたに超優しいセンパイなの⁉️』と聞くと、

『驚くよね。あの顔で優しくて、どういうわけか彼女いないんだよね。で、猫飼ってんの。でさ、なんかちょっと‥。』

『なんかちょっと?』


『ちょっと、そっちかなって。』



朝からオットが付けた地上波のテレビで、『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』の舞台挨拶をする吉田鋼太郎の言葉にアンテナが立った。

『田中圭の「はるたん」が、寅さんみたいなんですよね。寅さんは色んな所に旅して失恋していきますけど、圭の場合は行く先々で愛されちゃうっていう。』

大体こんなことを言っていたと思う。

流行れば流行るほど絶対に見ないという性質のため、未見だった『おっさんずラブ』。

早速アマゾンプライムで視聴。

おっさんが寅さんって言うなら、ここは観るしかないでしょ。

いやー(^_^;)

面白い。

そして、

ゴリオの優しい『センパイ』に、なんとなく思いを馳せてしまうのだった。


20190828110305847.jpeg

映画版、観に行こうかな(・∀・)


関連記事

Comments 0

Leave a reply