FC2ブログ
Welcome to my blog

いかにもスポーツっぽいフィギュア

毎日死にそうに忙しい年度はじめ。

早く出勤し、遅くまで残り、昼飯をお菓子をかじりながら済ませた日は、もうこの歳でこんなことやっちゃ駄目だよとさすがに思いました。


というわけで、ネット動画よりお手軽に解説も天海祐希もてんこ盛りのCMも全部入りの国別対抗戦を録画で見ました。

パパシゼ、素晴らしかったですね。
それを的確に解説する河合彩さん、こんな解説ならずっと聴いていたいと思いましたよ。

坂本選手、紀平選手、トゥクタミシェワ選手。
すんごいスポーツな感じでしたね。
フィギュアスケートなのに(^∇^)
如何にもスポーツ、というあのガッツポーズ。

演技内容も、もう突っ込むところさえない程、バンバン跳んで『表現』もしてますよ。

清々しい程男前な女子シングルでした。

そこにひょっこりショーマの繊細な表情がテレビに映ります。

懐かしい、フィギュアスケートな感覚が蘇ります。

頑張れショーマ。
いや、怪我を悪化させるんじゃないよ、ショーマ。
冬なのかい?ショーマ。
衣装もいけてるよ、ショーマ!

敢えてゴジャゴジャ言いたくなる要素で一杯です。

ネイサンも今回はショー仕様じゃないか!
構成を落としてもどんなところがいいか、織田さんの解説が冴えてます。

衣装がマシだと髪が伸びすぎるネイサン。

いいのよ、もうお祭り試合なんだから。

刑事君が今季最高なんじゃと思うような素敵演技を見せましたし、ショーマはひたむきだし。

でもネイサンは『ちょと日本に修学旅行に来たよー。』くらいのノリに見えて丁度良い。

それにしても、ショーマの点数出るのに時間が掛かりました。
ショーマを刑事君の下にはしないよ、という感じが切なくモヤります。

何度も書いていますが、そこに陰謀は無くても、都合はあるんでしょうよ。


でもこんなところもフィギュアですね。

女子のアスリート感がハンパない分、フィギュアな感じを堪能しました。


関連記事

Comments 0

Leave a reply